土地の選び方について幅広く知り賢く正しく売買を進めよう

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

土地を正しく賢く選ぶためには、失敗しないポイントや選び方の知識をしっかり抑えておきましょう。この記事では、土地選びについて幅広く解説します。「新しい土地が欲しい」という人だけではなく、売却する際にも参考になる内容ですので、ぜひ目を通してみてください。

先読み!この記事の結論
  • 一度取得した土地は手放すことが難しい。実際の生活を想像して利便性を担保した土地を選ぼう。
  • 洪水など過去の災害情報も見落とさずチェックしよう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。


 class=
「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

土地選びで絶対に失敗しないポイントとは?

まずは、絶対に失敗しない土地選びのポイントについてまとめていきましょう。重視すべきことは、生活利便性です。予算についても考慮しましょう。土地の広さも無視できません。こうしたポイントについて詳しく解説します。

生活利便性は無視できない

「せっかく土地を購入したにも関わらず、不便な場所で住みづらい」といった問題を抱えないためにも、土地選びにおいては生活利便性を無視できません。また、人生を長期的に考えて、どの立地がベストなのか考えることも重要でしょう。一度入手した土地は簡単に手放せるものではありませんので、後悔しないように住んでからのことを考えて検討しましょう。

予算面も考慮しよう

土地そのものではなく、予算面を考慮することも大切です。土地選びの前に、予算計画をしっかりと立て、金額オーバーしないようにしましょう。条件をそれほど気にしないのであれば、安値であることを中心に選んでも問題ありません。また、土地代だけ考えるのではなく、その他出費についても念頭に入れておきましょう。国土交通省の土地総合情報システムであれば、エリア別の不動産取引価格や地価がわかり、大変参考になります。
参考:国土交通省(土地総合情報システム)

土地の広さも重要視する

広々とした家を建てるためには、そもそも広い土地を選ばなければ実現が難しいです。「駐車場や庭が欲しい」「子ども部屋を作りたい」「平屋にしたい」という人などは、土地の広さを確認しましょう。但し、土地が広くなればなるほど予算が膨れがりますので、ご注意ください。
  • 生活利便性を重視
  • 予算もチェック
  • 土地の広さも肝
 class=

エリアを選ぶ際に重要なポイント5つ

エリア選びの重要な5つのポイントについて解説します。まずは、通学や通勤を中心に確認してください。最寄駅からどれぐらいの距離であるのかもチェックしましょう。周辺に公共施設はあるのか、あるいは買い物しやすい立地なのかも無視できません。併せて土地の将来性も確認しましょう。

通学や通勤を中心にチェック

学校や会社にどれくらいの時間で行けるのか、利用する交通機関は何になるのかエリアによって異なります。また、学校であれば、土地によって通う場所が変わるため、事前に確認しておきましょう。教育委員会などに問い合わせることで問題解決できます。
会社であれば、異動することになった際でも、通える距離なのかチェックすることも重要です。通学や通勤に不便な土地は、早起きしなければならず、夜も帰りが遅くなってしまう可能性があります。

駅からどれぐらいの距離か知る

最寄り駅は徒歩何分程度なのかも確認しましょう。自宅から駅までの距離は、通学や通勤だけではなく、買い物などにも影響されます。最寄り駅の始発や終電も併せてチェックしておきましょう。徒歩圏内と言われる徒歩分数は、基本的には15分以内です。15分以上になると物件の価格が高くなることもあります。
しかしながら、「暗すぎる夜道」「急すぎる坂道」「信号の数」「降雨による泥道」などが考慮されていない可能性もありますので、徒歩分数だけを目安に選ぶことは避けましょう。必ず自身の目でチェックしてください。

病院など公共施設はあるのか

病院、警察、銀行、郵便局、区役所などの公共施設が周辺にあれば、安心して暮らせます。日頃あまり利用しない人でも、どこにあるのか場所だけは知っておきましょう。
また、無料で本や雑誌が読める図書館、緊急時の避難所になることもある体育館などの位置も重要です。幼稚園や学校の場所は、通学距離だけではなく、治安面などもチェックしましょう。

買い物しやすい環境なのか

生活利便性を高めるには、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどの商業施設が近隣にあると便利です。利用する商業施設は、人によってさまざまですので、自分のライフスタイルに欠かせない店舗などを確認。また、大型ショッピングセンターまでの距離がどれくらいなのか知ることで週末のショッピングに役立つでしょう。

土地周辺の将来性も確認しよう

現状の周辺エリアでは利便性が高くない場合でも、再開発エリアであれば、暮らしやすくなる可能性があります。そのため、土地を探しているときに、再開発計画の有無もチェックしてください。「工場を作る予定」「競馬場や葬儀場が近隣にある」という土地には、注意してください。騒音や休日の人口増加はストレスにもなります。
こうした嫌悪施設から離れるために、マンションや戸建て、土地を売却することになった際は、不動産一括査定サイトがおすすめ。イエウールならば、全国の1,600社が参画し、6社まで査定することができます。査定額は会社によって100万円以上も差が付きますので、一括査定して、できるだけ高値で売却できるようにしましょう。
  • 通勤通学を中心に
  • 公共施設の有無
  • 将来性も見逃せない
 class=

土地を選ぶときに絶対にやってはいけないこと

土地を選ぶ際に、絶対に避けるべきことは何でしょうか。まずは、土地に対して理想を求め過ぎることです。また、ネットのみで土地を決めることは避けましょう。それぞれについて具体的に見ていきます。

理想を追い求めすぎる

土地の場合、ファッションのように販売する時期などが明確にありません。「もっと良い土地があるはず」「もう少し待った方が新しい土地に期待できる」など、土地に対してあまりにも高い理想を持つことは避けましょう。
数年経っても土地を購入できない可能性があり、早めに住み替えたい場合は、すぐに土地を決めなければなりません。まずは、土地選びにおいて優先順位をつけ、100点満点を目指すのではなく、70~80点を目安に選択しましょう。

インターネット情報だけを信用しない

物件や土地を選ぶ際、インターネットを利用することが多くなりましたが、不動産のすべての情報が掲載されているわけではありません。販売中の土地が現実には売却済みになっていることも多々あります。インターネット情報だけを信用せずに、お目当ての土地がすぐに他の人に買われてしまうリスクもあるでしょう。
各不動産会社は、公にしていない不動産情報を抱えています。インターネット情報を上手に利用しながら、最終的には直接専門業者に連絡した方が条件の良い土地の情報を教えてくれるかもしれません。

不動産会社をひとつに絞らない

不動産会社には、レインズという不動産流通標準情報システムがあり、どの企業にも情報が共有され、不動産販売することができます。そのため、不動産会社は、複数社利用することはほとんど意味がありません。但し、担当者の対応が悪かったり、相性が合わなければ良い土地を見つけられない可能性もありますので、最初にいくつか会社を周った方が良いでしょう。
  • 100点より70点
  • ネットのみは危険
  • 会社選びも重要
 class=

土地によってチェック項目が違うため確認を

大まかなチェック項目は同一であるものの、土地によって確認すべきポイントは異なります。日当たり、接路、地歴、都市計画道路予定地、時間帯などには注意が必要です。土地選びに失敗しないように、土地によるチェック項目の違いについて知りましょう。

日当たりは土地によって違う

近隣にある建物などに影響されるため、日当たりは土地によって違うと言えるでしょう。土地選びにおいて、洗濯物や部屋の明るさに関係する日当たりは無視できないものです。季節によって日差しの角度が異なり、冬場はあまり日が当たらない立地の可能性があります。
都内であれば、南隣の物件が高さ10メートルの場合、約9メートルほど離れることで1階に日差しが届きます。2階をリビングにするなど、物件の設計にて対策することも可能ですが、最初から日当たりの良い土地であれば、設計段階で頭を悩ませることはないでしょう。

土地に接する道路も重要

住居用であれば、2メートル以上道路に接してないと法律違反になります。特定の区域内であれば、道路に接しなくても問題がありませんので、事前に確認しておきましょう。
大型の自動車を乗っている人は、2メートルだとドアが開けられないという問題が発生することもありますので、ご注意ください。いずれにせよ、法律面も考慮しながら土地を選ぶようにしましょう。

地歴で土壌汚染などをチェック

土地によっては、土壌汚染されているリスクがあります。昔、工場などが建てられていた土地、あるいはガソリンスタンドがあった場所は注意が必要でしょう。土壌汚染調査の結果など地歴を知るためには、不動産会社に問い合わせてください。
土壌汚染以外にも、地盤・浸水状況を確認しましょう。地盤が強くない場合は、別途工事費用がかかりますので、節約するためには土地の状況を把握しておく必要があります。

都市計画道路予定地になっているのか

普通の道路を作るための「都市計画道路予定地」は、計画段階の際、一定の条件のもと住宅を建てられ、周辺エリアと比較すれば値段が安い特徴があります。一定の条件とは、「1階もしくは2階のみ」「構造は鉄骨か木造」です。しかしながら、道路を作ることが決定した際は引っ越しする必要があり、事業を決行するのか事前に確認することが重要でしょう。

朝・昼・夜と時間帯にも注意しよう

朝、昼、夜それぞれの時間帯で土地周辺を見るようにしましょう。朝の駅前や昼の人通り、夜の街灯設置など、自分の生活を想像するためには、時間帯別にじっくり観察することをおすすめします。土地周辺を歩けば、街並みやすれ違う人によって、雰囲気をつかめるものです。
土地によって特徴は全く異なりますので、さまざまな所を見ながら、自分との相性をチェックしてみましょう。住み心地などは、住民に聞くことができれば一番良いですが、口コミなども参考になります。
  • 会社選びも重要
  • 土壌汚染の有無
  • 法律面もチェック

 class=

災害や過去のチェックも忘れずに!

土地を賢く選びたい際は、自然災害の被害を受けやすいエリアなのか、過去に問題はあったのかも併せて調べるようにしましょう。絶対に失敗しないポイントとしては、生活する際に不便な場所ではないのか、広さや予算的に問題ないか、確認することです。
土地エリアを選ぶ際に重要なことは、通学や通勤を中心に確認すること、最寄り駅は近いのか、近隣に公共施設はあるのか、商業施設は整っているか、ずっと住める場所なのかチェックすることでしょう。
土地選びで失敗するケースとして、慎重になりすぎたり、ネットに頼りすぎることが挙げられます。また、土地によってチェック項目が違うため、日当たり、接道、土壌汚染、都市計画道路予定地、時間帯などは意識すべきです。土地の選び方について幅広く知識を得ることで、購入や売却をスムーズに進行することができます。損をしない土地選びを実現させるために、調べられることは徹底的に調査しておきましょう。

住み替えを考えているならまずは今の家を60秒で査定

「今住んでいる場所から引っ越したい」「持っている土地を手放したい」という人は、土地やマンション、一戸建てなどの不動産売却を各不動産会社に一括で査定依頼できる「イエウール
がおすすめです。イエウールの使い方は実にシンプルであり、都道府県あるいは郵便番号、市区町村・町名、物件種別、必要情報を入力し、不動産企業を選べば、あっという間に一括査定依頼できるサイトです。各企業の特徴などをチェックできるのは嬉しいポイント。入力する目安時間は、およそ1分ですので、短時間で依頼することができます。
もちろん無料で利用できるサービスであり、参加している会社は大手~地域密着型まで全部で1,600社。最大で6社まで選択することができ、各査定額のもっとも高い値段を選ぶことが可能です。またイエウールでは、各都道府県の「地域の特徴」「年間の不動産取引件数」「坪単価について」「過去の不動産取引の傾向」などが掲載されているだけではなく、家を高く売るためのコツや家を売るときの諸費用、家を売るべきか貸すべきか、契約形態は何を選ぶべきかなど、不動産売却時に役立つ情報が満載です。イエウールを活用して、正しく賢く土地売買を進めましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?