アパート経営の相談先はどこ?相談する流れと注意点まで解説

アパート経営の相談先はどこ?相談する流れと注意点まで解説
土地活用を考えている方へ
  • 「何から始めると良いかわからない…」そんな方はまずはチャットでご相談を
  • 複数の活用プランを比較することで、より収益性の高い活用をできる可能性が高まります

アパート経営に取り組むにあたり、お金の問題や管理の問題など様々な疑問点が生じます。アパート建設前だけでなく建設して実際に経営した後も、時期に応じて問題が生じることから、事前に相談先を確保しておくことが大切です。

このとき、疑問に応じて適切な相談先を選択することが問題解決においては重要なことです。疑問や相談内容に応じた相談先の選定について、それぞれの状況に合わせて見ていきましょう。

ここでは、アパート経営における様々な相談先について詳しく紹介していきます。

最適な土地活用のプランって?
STEP1
土地の有無
STEP2
都道府県
STEP3
市区町村

アパート経営について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

不動産に関する主な相談先

一般的に不動産は高額であり、大半の人にとっては一生の買い物になることから購入には慎重になる傾向があります。不動産に関しては様々な角度から疑問点が生じるため、疑問に応じて適切な相談先を選択することが問題解決においては大切なポイントになります。

今回は、不動産に関する相談先や相談内容について、それぞれの状況に合わせて解説していきます。

なお、アパート経営やマンション経営など、さまざまな活用方法から検討したい方は、土地活用全般の相談先からプロに相談してみるとよいでしょう。

総合的なハウスメーカー

ハウスメーカーとは、独自のブランドを全国規模で展開している住宅メーカーを指します。一般的には日本全国に支店があり対応エリアが広く、人材や情報が豊富に揃っています。

総合的なハウスメーカーであれば住宅の仕様や建築材料などが統一化されており、ノウハウや業務がシステム化されています。多くの場合、提供している住宅や様々なサービスの品質は一定以上であることから、安心して依頼することが可能です。

家の建築を検討している場合において、品質の良い物件をできるだけ早く購入したい方や、修理や点検などのアフターフォローを重視するのであれば、総合的なハウスメーカーに相談することをおすすめします。

建築全般の工務店

工務店とは、住宅を中心とした工事全般を請け負う建設会社を指します。住宅はもちろんのこと、ビルや店舗、商業施設や土木工事を請け負う工務店もあります。

工務店の種類は様々です。数人の社員で構成され地域密着型の営業を行う小規模なものから、多くの職人や従業員を抱えて県をまたいで幅広く展開している工務店などもあります。

基本的に工務店の多くはハウスメーカーと比べて低価格で家を建てることが可能です。また大手ハウスメーカーと比べると小規模であることから、顧客の要望に対して柔軟に対応できる特徴も有しています。

家を建てるにあたりできるだけ低予算で建築したい方、こだわりのある注文住宅などを建てたい希望がある方などは、地域に根ざした信頼できる工務店に相談すると良いでしょう。

資金計画ならファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは、株式や投資などによる資産運用や、住宅ローンや生命保険などの相談に乗り、リスクを回避して最適なプランニングを作成する資金計画策定の専門家のことです。

多くのファイナンシャルプランナーは銀行や生命保険会社などの金融機関に所属して自社のサービスに関連したアドバイスを中心に行います。しかし独立系のファイナンシャルプランナーも多く存在し、個人向けに投資や住宅ローン、保険などのアドバイスや、ライフプランの作成、資金管理の作成など行います。

不動産を購入する際は多額の資金が必要になります。資金計画を相談するのであれば、住宅ローン専門の独立系のファイナンシャルプランナーに相談することをおすすめします。

不動産取引なら不動産業者

不動産業者とは、不動産の賃貸や仲介、マンションの分譲など、不動産に関する取引全般を行う業者を指します。不動産業者自体の種類やスケールは幅広く、個人レベルの不動産業者から全国展開している大手企業まで多岐に渡ります。

不動産業者が行なっている仕事は様々なものがありますが、とりわけ多い業務内容が不動産の仲介業です。自らのノウハウやコネクションを活用して不動産の売買や賃貸の仲介を行い、仲介料を取得します。アパート経営を行うのであれば、不動産の仲介業を専門とする不動産業者を選ぶと良いでしょう。

融資関係なら金融機関

不動産を購入する場面では、多くの方が融資を利用します。融資を受けるのであれば、銀行や住宅金融支援機構、信用金庫や労働金庫、保険会社などの金融機関に依頼することになります。

これらの金融機関には、住宅ローンに特化した融資が用意されています。金融機関によって金利が全期間固定型のローンや変動型のローンなど様々な種類の融資があることから、融資を受ける際は様々な金融機関に相談し、自分にあったタイプの融資を受けることをおすすめします。

税金問題なら税理士や公認会計士

マンション経営やアパート経営、太陽光発電など、何らかの不動産投資を行うとお金が動くことになります。収益が発生すれば税金を納めなければいけませんが、税金関係は複雑であり慣れない方は分からないことも多いことでしょう。

不動産投資によって発生する税金に関しては、税理士や公認会計士など税のプロフェッショナルに相談することをおすすめします。節税に関する相談や納税、確定申告の相談など様々な相談に対応できることから、信頼できる税理士や公認会計士を探して状況に即した相談を行いましょう。

各種専門の業者

土地活用の方法にはアパートやマンション経営だけでなく、駐車場経営やコインランドリー経営、トランクルームやコンテナホテル経営など様々な方法があります。

どの活用方法もそれぞれノウハウがあり、素人が何の知識もなくいきなり始めたところで、必ずしも成功するとは限りません。

不動産を活用するビジネスにはそれぞれ専門の業者が存在します。不動産運用を専門とするコンサルティング会社や土地の整備・設置などを専門としてる業者など様々な業者がいることから、興味がある分野があればその業種の専門家に相談すると良いでしょう。

アパート経営を相談する際には、まずは企業から無料でプランを取り寄せてみることをおすすめします。実際にプランを取り寄せて見てみることで、どこに不安を感じていて何を考えていかなければいけないのかがわかり、適切な相談先がわかるはずです。

相談した点が解消されたら、取り寄せたプランから実際の経営プランについて考えていきましょう。自分だけで失敗しないアパート経営を考えていくのは難しいものですので、プロに相談して見積もってもらうと良いかもしれません。企業によっては実際の土地を確認して最適なプランを提案してくれますし、契約するまでは無料で相談することが可能です。

まずは、複数の企業からアパートのプランを取り寄せて相談してみましょう。

アパート経営の流れとそれぞれの相談先について

不動産活用の代表的なものとして、アパート経営があげられます。一旦アパート経営を確立すると長期間安定した収入の確保が期待できることから、積極的にアパート経営に取り組むオーナーはたくさんいます。

しかしビジネスの経験がない不動産オーナーは一般的にアパート経営に関する知識が乏しく、アパート経営に興味があっても一体何から始めたら良いのか分からないでしょう。

アパート経営を始める際には、ビジネス全体の流れをしっかりと把握した上で、様々な専門家に相談しながら着実に進めていくことが大切です。ここからは、アパート経営に関する手続きの流れやそれぞれの場面ごとの相談先について解説していきます。

経営前の相談

アパート経営を始めるにあたり、具体的なプランを比較検討した上で自分にとって最適なプランで経営をスタートすることが大切です。

実際にアパート経営を行う場合には、以下の流れでビジネスを進めていきます。


  1. プランの提案を受ける
  2. プランの決定
  3. アパートの建設
  4. 家賃の決定
  5. 入居者の募集
  6. 経営開始
  7. 税金対策を知る

 

まずはどのような土地活用方法があるのか不動産会社などの専門業者に相談する必要があるでしょう。ここからは、上記の一連の流れの中でポイントとなる3つについて具体的に解説します。

プランの提案を受ける

いざアパート経営を行うとしても、具体的にどのようなアパートを建設すれば良いのか素人には判別が難しいでしょう。工法ごとの建築費やランニングコストも異なり、土地の広さや住環境によっても最適なアパートのタイプは異なるでしょう。

まずは土地活用に関して豊富な経験を持つ不動産会社を見つけて、自分の目的を伝えながらその土地にとって最適な活用プランを探すことが大切になります。

家賃の決定

アパート経営を成功に導くにあたり、家賃の設定は重要なポイントになります。相場より高すぎる設定をすると入居者を集めることが難しくなり、相場より低すぎると利益を出すことができず経営が困難になる恐れがあるのです。

このように、アパート経営を行うにあたり相場情報に詳しくない素人が家賃を決定することは、難しいと言えます。家賃をいくらにすれば良いのか、まずは周辺情報を豊富に有している不動産業者に相場相談をすることをおすすめします。

また、家賃は一度決定したとしても状況に応じて上げることも下げることも可能です。今後の家賃収入に関することは金融の専門家であるファイナンシャルプランナーや公認会計士に相談しても良いでしょう。

税金対策を知る

アパート経営をスタートして順調に入居者を確保することができれば、家賃収入を得ることになります。収入があれば所得税を支払う義務が生じることから、然るべき時期に確定申告を行い必要な税金を支払わなければなりません

土地活用に関しては固定資産税や都市計画税、相続税に関して税金の優遇措置が用意されています。これらの措置を上手に活用することで節税対策が可能になることから、税理士などに相談してまずはこれらの仕組みを理解する必要があるでしょう。

経営後の相談

実際にアパート経営を始めた後、経営前には想定していなかった様々な問題が発生するでしょう。具体的には、家賃の滞納や住民同士の騒音トラブル、空室のリスクや賃料の下落リスクなど様々な問題が生じる可能性があり対応する場面も出てきます。

経営後の相談の中身は大きく分けて2つあります。


  • 住民のトラブルに関する相談
  • 設備や修繕についての相談

 

ここでは、上記2つの相談に関して詳しく解説していきます。

住民のトラブルに関する相談

入居した住民の中には、毎月きちんと家賃を支払わずに滞納気味になる方や、深夜に騒音を発する方、禁止になっているペットを隠れて飼っている方などが現れる場合があります。

これらのトラブルを未然に防ぐために入居審査を厳しくすると、入居者を安定的に確保することが難しくなるため、上手くバランスを取る必要があるでしょう。

トラブルが生じた際は、迅速な初期対応が大切になります。もし何らかのトラブルが発生した際は決して自分だけでトラブルを解消しようとせず、まずはアパート経営の経験やノウハウが豊富な管理会社に相談し、対応を仰ぐことをおすすめします。

設備や修繕についての相談

アパート経営を続けていくと、老朽化や自然災害、偶発的な事故などによって建物が損傷するケースなどが発生します。また、入居者が増えればアパートの内部や周辺に様々なゴミなども発生することになるでしょう。

日々の清掃や建物の修繕、管理などの問題は管理会社に相談するように心がけましょう。管理会社では様々なタイプの物件における清掃ノウハウ、修繕に関する経験を豊富に有しています。管理会社に依頼をすることで、一層効率的な対策が期待できるので安心です。

アパート経営の相談先を探すときの注意点

不動産に関する情報は多様であることから、これまでアパート経営などをしたことがない方であれば、どこに何を相談して良いのか分からずに戸惑う場面も多々あることでしょう。

インターネット上には不動産に関する様々な情報があふれています。しかし全ての情報が信頼できる内容とは限りません。中には悪質なデマやいい加減な内容が掲載されているサイトなどもあることから、安易に信じることは避けるべきだと言えます。

信頼できる相談先を探す際は、まずは不動産を通じて自分が何をしたいのか、目的を明確にすることが重要です。目的が明確になれば、自ずと相談する内容が明確になり、相談先を探しやすくなることでしょう。

ここでは、不動産に関する様々な相談をする際に認識しておくべき具体的な注意点について解説していきます。

自分の目的をまとめておく

不動産に関する相談をする際は、相談先を探す前にまずは自分の目的を紙に書き出したりパソコンでまとめたりすることをおすすめします。

これからアパート経営を行う際のお金について相談したいのか、すでに取り組んでいるアパート経営における節税について相談したいのかしっかり把握しておくことが大切です。

自分の目的を明文化して明確にしておくことで、相談内容を整理できることから相談しやすくなるのです。

相談先の実績や強みを知る

目的をまとめて相談内容を明確にした後は、相談相手を探す必要があります。その際は漠然と相談先を探すのではなく、不動産に関するこれまでの実績やネット上の口コミ、身近な人からの情報などあらゆる方向から情報収集を行い、最終的に相談先を決めると良いでしょう。

相談先を1つに限定する必要はなく、可能であれば複数の相談先を列挙して実際に相談することをおすすめします。それぞれの相談先から得た情報を比較検討することによって、より精度の高い情報を手にすることができる可能性が高まるでしょう。

土地活用比較サイトの利用

不動産に関する様々な情報収集を行う際は、インターネット上にある土地活用企業の一括比較サイトを活用することをおすすめします。

一括比較サイトを活用することにより、同時に複数の不動産会社の情報を得ることが可能となります。一括で比較することができるため、目的にあった相談先を効率的に検討できるので便利でありおすすめです。

一括比較サイトを利用する際は、イエウール土地活用を利用するのがおすすめです。イエウール土地活用は複数の不動産会社の不動産管理費を同時に比較検討することができ、全国で多くの不動産会社が登録しているサイトなので信頼できる情報を手にすることができるでしょう。

アパート経営は信頼できる相手に相談しよう

今回は、不動産に関する相談先について解説しました。特に初めてアパート経営する際は分からない点が多く、どこに相談して良いかすら分からないことから戸惑う場面も多いでしょう。

相談する際は、事前に目的を明確にして相談内容をまとめることをおすすめします。さらに相談先は複数用意し、信頼できる相談先を確保しておくことも大切です。今回の記事を参考にしてアパート経営の様々な相談を把握し、信頼できる相手に相談することをおすすめします。

初心者でもわかる!
記事のおさらい

アパート経営の主な相談先は?
総合的なハウスメーカーや工務店、金融機関などが挙げられます。詳しくはこちらにまとめていますのでご覧ください。

経営に沿った相談先は?
経営前と経営後、また修繕のタイミングで相談すべき企業は異なります。詳しくは、こちらでご説明していますのでご確認ください。

相談先を探す際に注意すべきことは?
相談先を探す際には、相談して何を解消したいのかまとめておきましょう。また、相談しようと考えている先がどのような強みがあるか把握しておくとスムーズに進みます。詳しくは、こちらでご紹介していますのでご確認ください。
【完全無料】アパート経営したら収益いくら?