住宅ローンの審査が甘い金融機関はある?審査に通るコツとは

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

マイホーム購入となると、ある程度の収入があり貯金が潤沢になければ、一括での購入は難しいものです。そこで登場してくるのが「住宅ローン」。近年では、住宅ローンにかかってくる金利が下がる様子も見て取れ、この機会に住宅ローンを考えてみようという方も多くいます。しかし、お金を借りるわけですから、住宅ローンには審査があります。

不安となるのは様々な審査の中でも、住宅ローンの審査は大変厳しいものであるという点です。理由は明確で、担保となる土地や建物はありますが、何千万円というお金を貸し、返済も30~40年といった長期間になるためです。しかし、住宅ローンを借りるためには「審査」は避けては通れないもの。したがって、少しでも審査が甘い金融機関がないのか、また住宅ローンの審査をよりスムーズにするための方法もみていきましょう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

JASDAQスタンダード市場に上場している(株)Speeeが運営しているサービスなので安心してご利用いただけます。

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

住宅ローンの審査基準とは

住宅ローンについて、まずは知っておかなければならない「審査の基準」について触れていきましょう。「住宅ローンの審査に通らなかった」「自分は住宅ローンの審査に通るはずがない」など、何もせずに諦めてしまう前に、相手を知ることはとても重要なことです。審査基準を知って、正しく対策していきましょう。

住宅ローンを行っている金融機関で、考慮している項目は20程度といわれています。その中でも、次の4項目はとても重要となります。

  • 加入時の年齢が満20歳以上であって完済時の年齢が80歳未満であること(親子ローンの場合は除く)
  • 年収における年間の負担額の割合(返済負担率)が20~35%の間であること
  • 1年以上同じ会社に勤めていること
  • 安定した収入のある雇用形態であること

以上のような内容が、多くの銀行で審査の基準として、重視されている項目になります。自分がもしお金を貸す立場だとしても、大金であればあるほど、このぐらいのことは考慮したいと思える条件になっています。

また、万が一住宅ローンの返済が滞ってしまった場合のために、自宅を担保にする必要があるので、購入する物件が担保に見合った評価額であるかも、審査の基準としては大変重要になります。

住宅ローンの審査基準に関する注意点

住宅ローンを利用するための審査基準で、注意しなければならない点について、以下でご紹介していきます。住宅ローンの審査を受ける前に、一度確認してみましょう。

健康上の問題

住宅ローンは、団信保険(団体信用生命保険)に加入できる健康状態でなければ、審査に通らないことがあると言われています。団信保険は、住宅ローンを返済中に返済者が亡くなってしまったり、障害を持ってしまったりした場合などに、返済を肩代わりしてくれる保険です。通常の生命保険よりも、加入するための健康に関する告知項目が少ないため、比較的加入しやすくはなっています。

金融の中でも、フラット35は団信保険未加入でも融資可能ですが、その分金利が高くなってしまいます。とくに借入額が多い場合は、保険に加入できる健康状態であるかどうか、あらかじめ健康診断を受けるなどして、調べておくとよいでしょう。

個人の信用情報

クレジットカードやその他のローンで、支払いの遅延や延滞が発生している場合は、住宅ローンの審査を受ける銀行にも信用情報が共有されます。そのため、どんなに審査基準が甘い銀行でも、審査に通らない可能性があることを覚えておきましょう。

また、信用情報に問題がない場合でも、車のローンやカードローンを借りている場合も要注意です。その場合は、住宅ローンの審査を受ける前に、なるべくローンを減らしておいたり、使わないクレジットカードがあれば解約したりなど、出来る限り準備をしておきましょう。

  • 団信保険に加入可能かが鍵
  • 信用情報は共有される
  • 現在あるローンは減らす

住宅ローンの審査が比較的緩いといわれる金融機関の特徴

住宅ローンの審査が、比較的甘い・緩いといわれている金融機関には、どのようなものがあるのか、その特徴を探っていきます。銀行ごとに、住宅ローンについての審査基準は違ってくるため、どこが絶対的に審査が甘いと断言できるものではありません。

しかし、いくつか受けてみると、1カ所だけ通る場合もあります。そこで、平均して審査が比較的甘いといわれている金融機関をあげてみました。

地域密着型の金融機関

審査難易度が高くて複雑な大手銀行に比べて、都道府県ごとに本社のある地方銀行は、審査のポイントが比較的簡潔なところがあります。そのため大手銀行に比べると、審査に通りやすいと言えるでしょう。とくに、地域と深いつながりのある信用金庫JAバンク労金といった銀行については、地元の企業で働いている人や個人事業主の審査を、多少なりとも優遇してくれる可能性があります。

また、実店舗のないネット銀行については、人件費などのコストをカットしているため、金利や手数料が安い傾向にあります。さらに、来店する手間も省けることから、乗り換える人が現在急増しています。仕事が忙しくて店舗に行く暇がなかったり、個人信用情報で不安があったり、金利の低さを重視したかったりする場合は、ネット銀行もおすすめと言えるでしょう。

フラット35を取り扱っている

フラット35とは、最長で35年間金利が固定される住宅ローンプランのこと。35年間金利が固定されているため、返済計画が立てやすいことがメリットです。フラット35では、審査の傾向として人的審査よりも、物的審査に重点を置いている傾向があるため、比較的審査が甘いと言われています。

しかしながら、以前審査の甘さが問題となって指導が入り、本審査を住宅金融支援機構で行うように改善されたため、現在ではそれほど審査が甘いとは言いきれない部分もあります。ですが、雇用形態や勤続年数に制限がないため、パートや契約社員、転職したばかりの人にとっては、借りやすいローンだと言えます。

  • 大手よりも地方銀行
  • ネット銀行も検討しよう
  • フラット35も緩め

審査に通りやすくておすすめの住宅ローン

審査が比較的緩く、かかってくる事務手数料が安めな住宅ローンを4つ紹介していきます。しかし、必ず審査に通るという保証があるものではありません。そのため、こういった金融機関があって、自分の求めている住宅ローンと合うのかなど、参考にしていただけたら良いと思います。

楽天銀行 フラット35

楽天銀行のフラット35は、金利が業界最低水準で、事務手数料の設定が1.080%と低い点がメリットといえます。また、返済途中で金利が上昇していくことがないため、安心して返済していけます。

さらに期間限定ですが、新規で住宅ローンを借り入れる際に、楽天スーパーポイントがもれなく付与されるなど、ネット銀行独自のメリットがあります。
ただし、事務手数料が1.08%に優遇されるのは、楽天銀行を返済口座に指定した場合のみです。もしその他の銀行を返済口座に指定した場合は、事務手数料は1.404%となるため注意が必要です。
参考:楽天銀行 フラット35

ARUHI フラット35

ARUHIのフラット35は、2018年時点で8年連続でフラット35の取扱件数No.1です。審査対応もスピーディーに行ってくれて、返済口座も全国の1000以上ある金融機関から選択可能となっています。Web申し込みで事務手数料が1.0%(税抜)となり、さらに頭金を用意すれば、金利優遇なスーパーフラットも利用可能となります。

ARUHIが取り扱うフラット35には、金利引き下げ制度によって、さらにお得に利用できるものがあります。例えば、「子育て支援型」「地域活性化型」があり、当初一定期間の金利が引き下げられます。

どちらも契約時に、お住まいの地方公共団体と、住宅金融支援機構の協定の締結および、地方公共団体が発行する「フラット35子育て支援型利用対象証明書」の提出が必要になります。しかし、金利をグッと下げることができますので、当てはまるものがあれば、ぜひ利用してみてください。
参考:ARUHI フラット35

財形住宅金融 財住金フラット35

財形住宅金融の財住金フラット35は、新築・中古を問わず、住宅の購入時に利用可能な住宅ローンです。財形住宅融資を利用する場合の融資手数料は、1.0%(税抜)と低くなっています。
財形住宅金融は、厚生労働大臣登録の福利厚生会社で、全国に本社と支店あわせて5店舗あります。そのため、住宅ローンについての不安や、どういったものなのかといった部分を、ネットを通してだけでなく、人としっかり話して理解したいという人にもおすすめできます。
参考:財形住宅金融 財住金フラット35

イオン銀行 フラット35

イオン銀行のフラット35は融資手数料新規で1.296%で、借り換えの場合は1.080%(2018年9月30日~12月28日の融資完了まで)という、比較的安い手数料で住宅ローンを組むことができます。また、イオン銀行で住宅ローンを組む際には、比較的審査が甘いといわれています。なぜなら、審査の規準となっている年収や勤続年数が低くても、審査が受けられて通ることがあるためです。

年収が100万円以上、勤続年数が6カ月以上であれば審査基準は満たせるため、年収が低くて悩んでいる場合にもおすすめできます。他にも、イオングループでの毎日の買い物が5%オフになったり、定期預金の優遇得点などのうれしいポイントもあります。
参考:イオン銀行 フラット35
  • フラット35は手数料が安い
  • 魅力的な特典も見逃せない
  • それぞれのメリットを考える

住宅ローンの借入金額を抑えるためのポイント

住宅ローンの審査をスムーズにするために、抑えておきたいことが借入金額を抑えることです。言うまでもないですが、貸付総額が下がれば、それだけ審査も通りやすくなります。借入金額を少しでも抑えるためのポイントを、2つ紹介いたします。

親族から贈与を受ける

マイホームの購入を検討していても、実際には貯金額が少なく、元手となる自己資金が足りない場合もあるかと思います。その際には、親や祖父母から贈与として資金を受け取り、それを住宅の頭金にするという方法があります。

しかし、贈与の場合も税金がかかってくることを念頭に置いておきましょう。贈与金額は700万円までならば、贈与税がかからないため非課税となります。親族とのやり取りの中で、そういった話をいただけるのならば、話し合って検討してみましょう。

  • 住宅ローンの借り換えで返済額が少なくなることも

現在住んでいる物件を高く売る

現在、持ち家に住んでいる場合に利用できる方法ですが、住んでいる家をできるだけ高く売却することも一つの方法です。少しでも高く売るためには、イエウールなどの一括査定ができるサイトを上手に利用することをおすすめします。

自分の家に、一番高い査定額をつけてくれた不動産会社と契約して、少しでも高く物件を売り、それを新しい家の頭金にして、住宅ローンの借入金額を少しでも減らすとよいでしょう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

借入金額を抑えることで審査をよりスムーズに

借入金額を少しでも抑えることができれば、それだけ住宅ローンの審査もスムーズになってきます。伴う貯金があるならば頭金にもできますし、親族である親や祖父母などの贈与によって抑えることもできます。
また持ち家があれば売却して、そのお金を新しい家の頭金に当てることも可能です。一括最大6件の不動産会社で、物件を査定してくれるサイトをご紹介しますので、もし検討しているのであれば、利用も簡単ですので、一度試してみてはいかがでしょうか?

優秀な不動産会社探しは60秒一括査定のイエウールで

イエウールでは、全国約1600ある不動産会社を厳選して、大手、地域密着型、優良不動産会社を集め、最適な査定額を提示してくれます。簡単に60秒で無料の一括査定が完了し、最大6社の不動産会社で査定した金額を比較することができます。

不動産は、会社によって価格が100万円も差が出ることもあるため、いくつかの会社で比較することが高く売るためのコツでもあります。その点、こちらのイエウールなら、そういった手間のかかる作業も、インターネットで誰でも簡単にできますのでおすすめです。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?