住宅ローン返済額の平均は?借入額の目安や注意点を解説

住宅ローン返済額の平均は?借入額の目安や注意点を解説

マイホームを購入するときに多くの人が借りることになる住宅ローン。住宅ローンの借入額は選べる物件の幅を大きく左右しますが、初めての住宅購入だと「どれくらい借りることが一般的なのか」がわからず、判断に迷ってしまう人も多いかもしれません。

住宅ローンを組むときは、平均的な返済額や借入額を知っていると、無理のない借り入れをするための判断材料になります。

そこでこの記事では、住宅ローンの返済額や借入額についてのデータを丸ごとまとめてみました。これから住宅ローンを組もうと考えている人は、はじめの一歩としてチェックしておきましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい! という方は未公開物件が集まるHousii(ハウシー)がおすすめ!国内No.1の利用者数を誇る不動産売却プラットフォーム、イエウールと同じ会社が運営するHousiiには市場に広がる前の最新の売却情報が数多く集まってきます。

住宅の平均購入額は?

住宅の相場観を身につけておくと、無理なく購入できる物件の目安を知ることができます。住宅ローンについて見ていく前に、まずは住宅の購入金額についての基本知識を身につけていきましょう。

物件種別ごとの平均購入額

はじめに、物件種別ごとの平均購入価格について解説します。令和元年の国土交通省の調査によると、物件ごとの平均購入金額や購入者の平均世帯年収は、以下のとおりでした。[注1]
物件種別 平均購入額 平均世帯年収 年収倍率
土地付き注文住宅 4,615万円 744万円
※全国平均
6.2倍
注文住宅 3,555万円 4.7倍
分譲戸建て住宅 3,851万円 688万円 5.5倍
分譲マンション 4,457万円 798万円 5.5倍
中古戸建て住宅 2,585万円 720万円 3.5倍
中古マンション 2,746万円 694万円 3.9倍

購入金額は物件種別によって異なりますが、新築物件であれば3,500~4,500万円程度、中古物件であれば2,500万円前後が相場だと考えておけばいいでしょう。

なお、住宅購入者の平均年収は約729万円でした。とはいえ、年収400未満、400~600万円台で購入する人が過半数であったため、平均以下の年収だからといって住宅購入ができないというわけではありません。

購入者の平均年齢はどのくらい?

住宅を購入するときは、物件価格や年収と同じくらい購入者の年齢を気にする人もいるかもしれません。住宅ローンを組むときは審査の条件に完済時の年齢が含まれているため、住宅購入の平均年齢を知って完済の見通しを立てておくことも大切です。

物件種別ごとに世帯主の平均年齢を以下にまとめたので、参考にしてみてください。[注1]

物件種別 世帯主の平均年齢
注文住宅 43.2歳
分譲戸建て住宅 38.6歳
分譲マンション 43.3歳
中古戸建て住宅 46.2歳
中古マンション 48.2歳

ほとんどの物件種別で40代が平均となっていますが、割合としては30代で購入する人が多い傾向にあります

これは35年ローンを組んだときに、定年までに完済できる年齢が30歳であることが影響しているためでしょう。物件を購入するときは、金額だけではなく完済時の年齢から逆算して住宅ローンを組む必要があります。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローン返済額の平均はどのくらい?

次に、住宅ローン返済額の平均について見ていきましょう。返済額の平均額や返済期間などといった情報を知ってから住宅ローンを契約できると、無理のない返済が実現できます。

住宅ローンの平均借入額は?

住宅ローンの平均借入額は、物件種別に見ると以下のとおりです。[注1]
物件種別 平均購入額 借入額 自己資金額
注文住宅 4,615万円 3,361万円 1,254万円
分譲戸建て住宅 3,851万円 2,830万円 1,021万円
分譲マンション 4,457万円 2,702万円 1,755万円
中古戸建て住宅 2,585万円 1,575万円 1,010万円
中古マンション 2,746万円 1,551万円 1,194万円

以上から、新築物件では3,000万円前後、中古物件では1,500万円程度が平均借入額だということがわかります。分譲マンションは比較的自己資金額が高いですが、おおむね1,000万円程度を自己資金で支払い、残りの金額を住宅ローンで返済していく人が多いことが読み取れます。

住宅ローンの月当たりの平均返済額はどのくらい?

住宅ローンを契約するとき、「毎月どれくらいの金額を返済すればいいのか」というポイントも気になるものです。国土交通省の調査によると、住宅ローンの平均返済額は以下の通りだということがわかりました。[注1]
物件種別 年間返済額 月当たりの平均返済額
注文住宅 123.2万円 10.2万円
分譲戸建て住宅 121.6万円 10.1万円
分譲マンション 131.6万円 10.9万円
中古戸建て住宅 104.9万円 8.7万円
中古マンション 94.6万円 7.8万円
中古住宅は8万円前後の返済が平均的ですが、新築物件は10~11万円程度が返済額の平均となっています。毎月この金額を返済することが難しい場合は、自己資金を増やす、もしくは借入額を平均よりも低めの金額にしておいたほうがいいかもしれません。

住宅ローンの平均返済負担率はどのくらい?

住宅ローンの返済負担率(返済比率)とは、「年収に占める年間返済額の割合」のことです。住宅ローンの審査において重要視される項目で、30~35%までを上限に借り入れることが理想的だといわれています。

住宅ローンを組んでいる人の平均的な返済比率は、以下のとおりでした。[注1]

物件種別 平均返済負担率
注文住宅 18.4%
分譲戸建て住宅 20.0%
分譲マンション 18.2%
中古戸建て住宅 15.2%
中古マンション 13.9%

たとえば、年収が500万円で平均返済負担率を20%に収めるのであれば、年間の返済額は「500万円×20%=100万円」ということになります。つまり、毎月8.3万円の返済額になるように住宅ローンを借り入れればいいということです。

実際に住宅ローンを返済している人の返済負担率は、一般的に審査に通るといわれている基準よりも低めの水準になっていることがわかります。

住宅ローンの平均返済期間はどのくらい?

最後に、住宅ローンの平均返済期間のデータを見てみましょう。住宅購入者の平均的な住宅ローンの返済期間は、以下のとおりです。[注1]
物件種別 平均返済期間
土地付き注文住宅 33.8年
分譲戸建て住宅 32.7年
分譲マンション 31.5年
中古戸建て住宅 28.1年
中古マンション 28.9年
新築物件の場合は30年以上、中古物件の場合は30年未満の住宅ローンを組むことが多い傾向にあるようです。あらためて平均返済期間を見てみると、やはり定年前に完済できる30代に物件を購入しておくと安心だと感じる人は多いかもしれません

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンを組むときの注意点

住宅ローンは、多くの場合で30~35年かけて返済していくことになるでしょう。長い期間支払いが続く住宅ローンは、借りるときにさまざまなポイントに注意しないと、将来「こんなはずではなかった」と後悔してしまう恐れがあります。

ここからは、住宅ローンを組むときの注意点を5つ解説します。自分に合った住宅ローンを組むためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

金利の低さだけではなく金利タイプを確認する

住宅ローンを組むときは金利の低さを基準にしてしまう人も多いかもしれませんが、金利タイプについてもしっかりと確認しなくてはいけません。金利タイプによって、総返済額が大きく変わってしまう恐れがあるためです。

なお金利タイプは、金利水準に合わせて適用金利が変更され、5年ごとに返済額が調整される「変動金利」と、契約当初の金利が完済まで適用される「固定金利」の2種類があります。金利タイプごとの特徴は、以下のとおりです。

メリット デメリット
固定金利 ・当初金利が低い
・金利が下がる可能性がある
・金利が上がる可能性がある
・返済計画が立てにくい
変動金利 ・金利変動に返済額が左右されない
・返済計画が立てやすい
・当初金利が高い
・金利が下がっても返済額が減らない

また、一定期間は金利を固定し、その後に変動金利か固定金利化を選べる「固定期間選択型」の住宅ローンもあります。それぞれにメリット・デメリットがあるため、ご自身のライフプランや資金状況に合わせて選ぶことが大切です。

まとまった諸費用がかかる

住宅を購入するときは、まとまった諸費用がかかるため注意しましょう。必要な諸費用としては、以下のようなものがあります。

【税金】
印紙税
登録免許税
消費税
不動産取得税
固定資産税

【手数料】
登記手数料
不動産仲介手数料
銀行事務手数料

【その他】
保証料
火災保険料
引っ越し代
家具家電代

こういった諸費用は物件種別によって異なりますが、おおよそ6~9%前後かかると想定しておきましょう。つまり3,000万円の物件を購入する場合、180~270万円かかるということです。

物件代金とは別にかかる費用なので、自己資金でまかなうか住宅ローンに組み込んで借り入れすることになります。住宅ローンに組み込む場合は借入額が増えることになるため、審査や返済額の増加に注意が必要です。

自分で判断して住宅ローンを選ぶ

住宅ローンを組むとき、「よくわからないから」と不動産会社や金融機関に言われるがまま契約してしまう人は多いものです。しかし、住宅ローンは必ず自分でもよく比較し、ご自身が納得できる商品を契約することをおすすめします。なぜなら、第三者の提案が必ずしも正しいとは限らないためです。

資産状況やこれからのライフプランによって、一人ひとりに最適な住宅ローンは異なります。可能であればファイナンシャルプランナーなどに相談したうえで、自分の判断で契約する住宅ローンを決定しましょう。

契約が終わるまで気を抜かない

住宅ローンを契約するときは、審査が必要になります。ローンの審査は「事前審査」と「本審査」の2段階がありますが、それぞれの審査期間中はもちろん、審査が終わったあとも契約が済むまで不利になりそうな行動は控えましょう

たとえば、「審査中にクレジットカードの支払いが遅れてしまった」「新しい借り入れをした」といった行動があれば、審査に影響して借り入れができないケースがあります。最後まで気を抜かず、気をつけながら生活を送るようにしましょう。

住宅ローンの保障や特典を確認する

住宅ローンにはさまざまな商品があるので、金利以外の面についてもしっかりと確認して契約に進みましょう。近年は無料で手厚い団信に加入できる商品や、一部繰り上げ返済手数料が無料の商品など、契約者にとってうれしい特典がある商品が増えてきました。

少なくとも人気の住宅ローンを3商品以上は比較し、ご自身にとってメリットの大きい商品を契約するようにしましょう。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンを無理なく返済するポイント

最後に、住宅ローンを無理なく返済するためのポイントを紹介します。30年以上返済が続く住宅ローンで後悔しないためにも、契約前にしっかりと押さえておいてください。

無理のない返済比率に設定する

住宅ローンの返済でとくに重要なのは、毎月の返済比率です。住宅ローンの審査では返済比率30~35%がひとつの基準になっていますが、この返済比率で支払いを続けることは難しいとされています。そのため、実際は手取りの25%を返済比率の目安にすることをおすすめします。

以下では、年収500万円(手取り約400万円)における返済比率ごとの支払額をシミュレーションしてみました。年利1.5%の固定金利を35年で元利均等返済していくと想定しています。

返済比率 年間返済額 月当たりの返済額 借入額※
30% 150万円 12.5万円 4,082万円
手取りの25% 100万円 8.3万円 2,710万円

※住宅金融支援機構のシュミレーションより算出
https://www.flat35.com/simulation/simu_02.html

年収500万円の場合、毎月の手取り給与は33万円程度になります。住宅ローンの返済に12.5万円もかかることになれば、家族構成によっては負担がかなり大きくなってしまう可能性があります。

他方で、手取りの25%であれば余裕のある返済計画が立てやすいです。万が一、出産などでライフステージが変化したりケガなどで働けない期間があったりしても、返済が大きな負担になることは避けられるでしょう

このように、返済比率を考えるときは額面年収ではなく手取り年収で考え、なおかつ無理のない返済比率を基準にすることが重要なのです。

維持費を考慮して金額を設定する

住宅を購入してからかかる費用は、決して住宅ローンの返済費だけではありません。毎年の固定資産税や修繕費、マンションであれば管理費や修繕積立金などの維持費もかかってくるでしょう。

それぞれの費用は物件によって異なるので。一概にはいえません。目安として、固定資産税は10~12万円、修繕費は10年ごとの屋根・外壁塗装に100万円、20年ごとのリフォーム代に200万円程度かかることを想定しておくといいでしょう。またマンションの場合は、管理費と修繕積立金で毎月2~3万円程度の出費があります。

住宅ローンの返済額だけを見て借入額を決めてしまうと、維持費が家計を圧迫してしまう可能性が高くなります。こういった状態を防ぐためにも、住宅ローンを組むときは返済負担率を低くして、無理なく維持費を支払える借入にすることが肝心なのです。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

平均を知って無理のない住宅ローンの返済計画を立てよう

住宅ローンの平均返済額は、新築物件で1か月あたり10万円程度、中古物件で8万円前後です。もちろん、今回紹介したデータはあくまで平均値であるため、収入やライフプランに合わせてご自身が無理なく返済できる借入額を見極める必要があります。

平均値や一般的に言われている返済負担率を基準にしてしまうと、場合によっては返済が苦しくなってしまうこともあります。今回説明した無理なく返済するポイントに留意しながら、さまざまな商品を比較して、好条件でご自身に合った住宅ローンを契約してください。

[注1]
国土交通省|令和元年度住宅市場動向調査報告書~調査結果の概要~

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し