不動産売却の成功法
マンション売却の知識とコツ
家売却2つの鉄則
土地売却の注意点
不動産価格を無料で診断

【更新日】

マンションの間取りを考える。理想の住みたい家に住むためには?

後悔したまま暮らさないで、理想的な我が家を手に入れるために間取りというものは、とても重要なポイントになってきます。特に、小さなお子さんがいるご家庭では、子供が大きくなるに連れて今住んでいる間取りでは不安になってくるでしょう。

この記事では、これから引越しを考えている人に向けてどのような間取りのマンションに住むべきか具体的に解説します。
こんな特徴 ↓ ↓ ↓ に少しでも当てはまるなと思った方は、全体をざっと読んでみて下さい。

こんな悩みの人にピッタリ
  • 家族が増えて、今住んでいる家が手狭に感じている
  • 引っ越しを検討しているので快適なマンションの特徴を知りたい

先読み!この記事の結論
  • 住人の年齢や人数で適した間取りは変化する
  • 自分の一番妥協したくないこだわりポイントを決めておくことが大切


「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

1. 間取りの基礎知識・間取り図の読み方

間取りを見るときには、ある程度の知識が必要です。 間取りとは部屋の区画の配置を表す図のことで、アルファベットなどで略してあります。 初めて間取りを見る人にとっては難しそうですが、一度覚えてしまえば簡単に間取り図を見ることができるのです。

L:リビングルーム 居間
D:ダイニングルーム 食事をする場所
K:キッチン 台所
S:サービスルーム フリースペース(物置など)
R:ルーム キッチンも備わっている部屋
CL:クローゼット 収納棚
UB:ユニットバス 浴室
DEN:デン 書斎など趣味を楽しむための部屋
  1. 覚えることが多いなぁ…
  2. では絶対に知っておきたい事だけ詳しく解説していこう!

1.1. 最初の数字は部屋数

よくチラシやネットなどで「1K」や「2K」などの表記が記載されています。
最初にくる数字は、部屋数のことを表しています。中には1Rというのがあり、ひとつの部屋の中にキッチンも一緒にあるということです。

1Rは比較的家賃が安くなるため、一人暮らしの人に多いようです。浴室とトイレは部屋の中には含まれないため、別で浴室ありや「UB」ユニットバスなどの記載がされています。

1.2. 「LDK」はリビング・ダイニング・キッチン

数字のあとにくるものがアルファベットで、「1LDK」や「2LDK」などがありリビングとキッチンが別々にありかなり広く部屋を使えるということです。「1K」の場合はひとつの部屋とひとつのキッチンとなります。「1DK」などは、ひとつの部屋にキッチンとダイニングがあります。

反対に「2L」や「2D」だけの表記のものは存在しません。キッチンは必ずどの家にもついていますので、例外としては1Rとなっていても、キッチンは必ずついているため1RKとは表記されません。

1.3. 「S」はサービスルーム

あまり見慣れないかもしれませんが、最近増えてきたのは「LDK+S」というものです。これはリビングダイニングキッチンの他に、物置のようなフリースペースが設けられているということです。

少し変わった部屋になりますと「1SDK」など記載されている場合もあります。この場合はリビングがないけれど、フリースペースがありリビングほどの大きさではないということです。間取りの中には、大きな収納部屋があるときにも使われます。

1.4. 専有面積

専有面積とはマンションなどで、完全に個人が使用できる場所の面積という意味です。専有面積には使用できる壁の内側の面積「内法(うちのり)面積」と、部屋を囲んでいるコーンクリート部分の「壁芯(へきしん)面積」というものがあります。そのため、内法面積のほうが半分ほど小さくなってしまうのです。

チラシやネットは、大体壁芯面責のほうを記載している場合が多いのです。物件を見てよく「50㎡(平方メートル)」などで大きさを表しています。バルコニーやベランダ、などは共有としてみなされるため、専有面積には含まれていません

ロフトや玄関ポーチなども、専有面積に含まれないのです。しかし、ロフトの場合1.4m以上の高さのあるところや、下の階の面積の2分の1以上あったりした場合などは専有面積に含まれます。

  • 間取りの読み方が最低限覚えておこう
  • 部屋数は数字で見る
  • 「専有面積」は個人で使用できる面積のこと

2. 住みやすい間取りの条件

住みやすい間取りの条件を一つ上げるとすれば、それは動線設計が合理的であるかという点です。動線とは住まいの中における人の移動経路のことで、大きく「家事動線」と「生活動線」に分けられます。

  1. 動線が合理的ってどういうこと?
  2. 具体的な例を使って説明しよう!

2.1. 家事動線

例えば、効率的に家事をこなすため、お料理をしながら同時に洗濯機も回すという場面を考えると、キッチンと洗濯機置場は近い方が便利ですよね。 このようにキッチンや水回りがまとまった設計だと、家事をする際にリビング・ダイニングを横切る必要が無いので効率的に料理と洗濯を同時に行えます。

引用元:http://richpapa.net/wp/wp-content/uploads/2016/05/img_573d5ae9bc46f.png

2.2. 生活動線

生活動線では、「家族同士でなるべく動線が重ならないか」が重要です。
例えばトイレや洗面所が込み合うことがありますが、これは家族同士の動線がぶつかってしまっている証拠です。

  1. 例えば、朝起きてから玄関を出るまでの一連の動作を混雑せずに行えるか、という視点が重要なんだね

新しいマンションへの引っ越しを考えている方は、物件の内覧時には、生活シーンを思い浮かべ、生活動線をたどってみましょう。

では、以上のポイントを踏まえた上で、実際の間取りを一緒に見ていきましょう。

3. オススメの間取り3選

  1. 間取りにもいくつか種類があるんだね!
  2. その通り!今回は3つの間取りについて紹介しよう。

3.1 最もポピュラーな「田の字」型

最も一般的な間取りです。
長方形の部屋を「田の字」のように仕切っている事からこのように呼ばれています。

引用元:http://www.mlit.go.jp/common/000038512.pdf

メリット

マンション全体に多くの住戸数を設けることが出来るので、購入者にとっては費用を安く抑えることができます。また間取りの形がきれいなので住戸を南向きに設計しやすく、陽当たりの良いお部屋が多いです。

デメリット

玄関が共用廊下側に面しているため、プライバシー性が低いです。
廊下は他人が通るので、窓を開けっぱなしにしづらいという方や、騒音の心配もあります。一方で共用廊下側の窓を閉めてしまうと、お部屋全体の風通しが悪くなることがあります。 プライバシーや風通しを気にされる方にはおすすめはできません。

3.2 間口が広い「ワイドスパン」型

バルコニー側の間口が広い住戸ワイドスパンと呼びます。

引用元:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/sumikae/seika22_list/07_juutakusijou_houkokusyo.pdf

メリット

バルコニー側の間口が広くので圧倒的に日当たりがよく風通しも良いです。
また、玄関から各室に移動する動線が短くなり、廊下の面積が少なくて済む分、各部屋の面積を広く取れます。
さらにリビングを中心とした間取りなので、家族とのコミュニケーションがしやすいので子育て中の家族にオススメの間取りです。

デメリット

田の字型と比較すると、一つのマンションで供給される住戸数が少なくなるので費用は高くなります。また、多くの部屋がリビングと隣り合わせになっており、プライバシー性を重んじるご家族にはオススメしずらいです。

3.3 玄関が住戸の中心にある「センターイン」型

玄関が住戸の中央付近にくる間取りをセンターインと呼びます。
ちなみに高級マンションはこの間取りを多く採用しています。

引用元:http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/sumikae/seika22_list/07_juutakusijou_houkokusyo.pdf

メリット

玄関は住戸の中央に設けられているため、プライベート空間(寝室)とパブリック空間(リビング)を振り分けられます。プライバシー性を重んじたい家族に向く間取りです。 またどの居室も玄関から近く、生活動線が短いので、非常に合理的な間取りです。

デメリット

こちらもワイドスパンと同様に、マンション全体の中での住戸数が少なく、外壁の量を増やす必要もあるため、比較的コストがかかるというデメリットがあります。


4. なんLDKが適しているかは住人の年齢や人数で変化する

自分に適した住宅のサイズは実際住んでみないと分からない!という声が多いです。
ただ、今住んでいる住宅が窮屈であれば部屋数の多い住宅への引っ越しも考え良い機会です。一方で年齢によって落ち着く広さなどの基準も変わってきます。

  1. いざ引っ越すってなると,どれくらいの大きさの住宅に住むか迷うな~

そこでこの章では、部屋数の多さ順にどんな間取りが何人暮らしに適した住宅なのかについて解説していきます。

  • 1畳の広さは1.65㎡とされる場合が多い
  • この場合、1畳の寸法は182cm × 91cm(中京間)

4.1. 間取り1LDKに住む場合

1LDKの条件はひとつの部屋が4.5帖以上必要で、LDKが8帖以上ということです。
そのため一人暮らしの人には、かなり余裕がある部屋になっています。
しかし、ひとつしか部屋がないため、3人ではかなり窮屈な暮らしになってしまうでしょう。

カップルが同棲する場合は、同じ部屋で寝泊まりする人が多いので1LDKを選ぶようです。しかし、1Rや1Kに比べると一気に家賃が高くなります。そのため、初めての一人暮らしや金銭的に余裕がない、20代前半の人は1LDKには住んでいないようです。

4.2. 間取り2LDKに住む場合

2LDKの条件は二つの部屋に、10帖以上のLDKがあるということになります。
そのためかなり広く、一人暮らしでは使いきれないほどの大きさでしょう。友達と家賃を半分ずつ出し合ってシェアしても、自分の時間が作れる部屋が各自持てますので安心です。

夫婦生活にこれから新しい家族が増える、という人にもおすすめです。しかし、大人3人以上になると、少し窮屈さを感じてしまうかもしれません。また、家賃も1LDKに比べると5?10万円以上も変わってくることがあるため、金銭的に余裕ができる30代後半の人が多いようです。

4.3. 間取り3LDKに住む場合

大人3人以上ファミリー向けの間取りで、友達を呼んでホームパーティーなどもできるくらいの広さです。部屋の大きさでは、家族5人くらいまでは住むことができるでしょう。

年齢的には結婚して、子供が少し大きくなった30代後半からの人が多いようです。
住む場所にもよりますが、東京都などでは50万円くらいが相場ですので、社会的地位のある人が好んで住むようです。最近では、不動産側が3LDKのシェアハウス可能としている物件もあり、若者が集まって住んでいるケースもあります。

  • 部屋数は住む人数で決めよう
  • 部屋数が多いと費用が高くなるので、世帯年収も重要な判断材料

5. 家族のライフスタイルに合わせた間取りの選び方

ライフスタイルによって部屋の使い方も変わってきます。
特に、子供ができたときが、一番ライフスタイルが変わってくるのではないでしょうか。
そこで、子供の成長に合わて住宅をどう変化すべきか見てみましょう。

5.1. 新しい家族ができたとき

1DKや1LDKで今まで夫婦で暮らしてきたけれど、新しい家族ができたときに1LDKでは少し狭く感じてしまいます。将来のことも考えて、子供部屋をひとつ設けたほうがよいでしょう。

また、リビングは家族で共用するためできれば広めのリビングを選び、家族団欒が楽しめる空間を作りましょう。二人以上子供を作る予定があるのであれば、それに合わせて部屋も少し大きめの間取りを決めた方が良いです。

5.2. 子供が大きくなったとき

子供が大きくなると、自立心も芽生えて一人部屋が欲しくなるものです。子供が二人で小さいうちは、一緒の部屋でもよかったかもしれません。しかし、高校生にもなると大学受験を控えたときや、思春期などで小さな部屋でも自分の部屋が必要になってきます。

引越しは子供が転校しなくてもよい範囲に、住む場所を選ばなくてはいけないですが、3LDKなど場合は家賃がかなり高くなります。そのため、少しでも安い家賃ですと駅より少し離れた場所など、不便さがあるかもしれません。

5.3. 子供が自立して離れるとき

子供が地方の大学に進学したり、社会人になったときに一人暮らしを始めるため、家を出て行く時期がやってきます。多くの人はそのまま子供部屋を残すようですが、それでは家賃ももったいなく、部屋も物置き状態になってしまいます。

思い切って新たなスタートで、新しくマンションに引っ越すのもひとつの手です。一人っ子だった場合も、子供が巣立っていくと同時にまた夫婦生活が始まります。そのときはほど広くない間取りでも十分でしょう。子供が戻ってくるかもしれないという考えではなく、もう一人の大人として旅立たせるという考え、夫婦にあった住宅への引っ越しを検討しましょう。

  • 子供の成長にあわせた間取り選びが重要


6. 一番妥協したくないこだわりポイントは何?

マンションの間取り選びで考えるべきポイントはどんなことでしょうか。
この章では、今までのおさらいも兼ねてマンション選びの際に考えるべきポイントを5つ紹介します。

①家族のライフスタイル

まずはどんな生活を実現したいか想像してみましょう。そうすれば、何を優先して間取りを決定するべきかが見えてきます。

例えば、お風呂の時間は大切にしたいと考える方はお風呂場の作りを要チェックです。 例えばユニットバスだと狭くて湯船に足を曲げて入らなくてはいけないのでオススメできません。

女性の方だとキッチンを気にされる方も多いと思います。 キッチンが狭いと料理を作るモチベーションが下がってしまいますよね。 家族が多い場合は「食」が要となりますので、キッチンにこだわってみてはいかがでしょうか。カウンターキッチンやシステムキッチンがあれば、外食しなくても家でレストランのような空間が味わえますよ。休日は家族一緒に食事を作るというのも、幸せの形ではないでしょうか。

このように、ライフスタイルにおいて、なにを大切にしたいか家族と相談しながら、どんな間取りが過ごしやすいか考えてみましょう。

②間取りの動線設計

繰り返しになりますが家事動線と生活動線という視点で間取りをチェックしましょう。
合理的な生活動線は家族の生活をスムーズにします。より快適に生活するために、下のような妄想をしながら部屋選びをすると良いです。

「キッチンにはここに冷蔵庫を置いて、調理しながらこっちでは洗い物もできて...」
「洗濯物を運ぶ手間はなるべく避けたいから、ベランダとの距離は近い方がいい...」

  1. 妄想すると部屋選びも楽しくなってきたな!

③部屋の数

家族人数やどんなスペースが欲しいかによって、部屋の数を決めましょう。
夫婦の寝室、子ども部屋、ワークスペースや趣味で利用する部屋などあなたのライフスタイルに沿って考えましょう。

④天井高

部屋の大きさと合わせて重視したいのが、「天井高」、つまり立体的な広がりです。

マンションの天井高は一般的には2.4m程度ですが、最近はでは2.7mなどの物件も増えています。部屋の大きさが同じでも天井が数cm高いだけで部屋が一段と開放的を感じます。

特に、リビングなど家族が集まる部屋の天井高は快適に過ごせる高さになっているかチェックしましょう。

⑤開口部

開口部とは、リビングや居室の窓など、室外に向かって開かれた部分のことを指します。 この開口部の位置や広さによって、風通しや採光の質が変わってくるため、住宅の快適さを左右する重要なポイントです。

また、開口部がどの方角を向いているかもチェックしましょう。

南側に面する場所は日照時間が長いため温かいので、リビングなど家族が団らんできるスペースに向いています。
逆に北側は日照時間が短いため涼しく、落ち着いた空間に適した方角です。
東側は太陽が昇ってくる方角なので、朝の太陽の光で目覚められるように寝室の開口部が東を向いているといいですね。
西側は太陽が沈む方角ですので、西側の開口部が開けていると、特に冬場は午後は温かいさを感じやすく夕焼けもきれいに見れるでしょう。

このように、開口部の方角によって色々な特徴があります。

また、開口部の数や位置やによって風通しが変わってきます。

以上のようなポイントで自分はどうしてもこだわりたいポイントを見つけてみましょう。
また家族がいる方は、後で後悔しないためにも早いうちから相談をしておきましょう。

7. 注意しておきたい外部と接点の多い間取り

最近流行りの外部との接点が多い間取りのデザイナーズマンションなどは、一見おしゃれですが実際に住んでみるとイメージが違ったなどという声も多いようです。住むとなれば憧れだけではなく、現実を見つめて冷静になって考えることも必要です。

7.1. 埃がたまりやすい

物件を内見したときはきれいな状態で見せられるため、どこに埃がたまりやすいのかがわからないのは当然のことです。しかし、外部との接点が多い玄関やベランダなどを、よくチェックしてみてください

やはり埃がたまりやすいため常にきれいに掃除をしないと、悲惨な状態になってしまいます。いざ住んでみて掃除が大変な部屋ですと、劣化が早く進んでしまう可能性があります。時間に余裕がある人などは毎日掃除できますが、仕事で忙しいときは休みの日にまとめて掃除しなくてはいけません。その分の手間も考えて購入したほうがよいでしょう。

7.2. 憧れのテラスは現実と違う

テラスのある部屋は誰でも憧れるものです。しかし、雨が降ったりすることにより、テラスに設置したテーブルの劣化などは避けられません。風が強い日は近くに森などがあると、葉っぱなどが飛んできて掃除も大変になるということを頭に入れておきましょう。

金銭的にテラスのある部屋に住めるという人は、今流行りの「インナーテラス」という部屋に住んでみてもよいでしょう。

7.3. 屋上がある間取り

屋上がある部屋も憧れのひとつですが、その分リスクも高くなってきます。長年住んでいると屋上がある場合は、雨漏りする可能性がものすごく高くなります。特に、木造住宅の場合はさらに危険ですので避けたほうがよいでしょう。

屋上でバーベキューなど憧れますが、実際はかなり近所迷惑になって近所付き合いが悪化するリスクもあるのです。その点も考慮していかないと、あとで後悔してしまうかもしれません。洗濯物を干すにしても都会などでは埃や花粉などが付きやすいため、ガーデニングで楽しむという考えのほうがよいかもしれません。

  • 外部の接点デメリット
  • 掃除するのが大変
  • 憧れと現実

8. 理想の間取りへ住み替えるなら

何度も住み替えすることはできないですが、理想の家に住むためには今の家を手放すときがくるかもしれません。そんなときにおすすめのサイトイエウールをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

8.1. 厳選された不動産会社が揃うイエウールに相談しよう

「イエウール」とは自分の家の売りどきや、不動産最高査定がすぐにわかるサイトです。一度情報を入力しただけで全国の不動産に一括査定をしてくれるため、自分で行うのには面倒がかかりません。全国1,600以上ある不動産の中から厳選して、6社以上の見積もりを出してくれます。

また、多くの不動産会社があるため、中には悪徳な会社があるのではないかという不安もあります。しかし、イエウールではお客のクレームが多い会社は、契約を徹底的に解除しているため安心なのです。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/https://ieul.jp/

関連記事この記事のあとによく読まれています

ローン残債があるマンションの買い替え方法|必要費用も徹底解説

多くの人がマンションの買い替えは未経験者でしょう。そんな買い替えを検討し始めた方が抱く不安を解消するため「ローンが残ってるマンションの売却方法「と「買い替えに必要な費用」を紹介してきます。

マンションの住み替えを成功させるコツ【手順・費用・ローンまで徹底解説!】

マンションからの住み替えでは、同時進行で売却と購入を考えなければなりません。タイミングやローンの問題など、知識があるのとないのでは手元に残る資金の額が大きく変わってきます。住み替えを賢く成功させるためのポイントを押さえておきましょう。

中古マンションの買い時はいつか。これから価格は安くなるか。

最近は、中古マンションが人気です。新築は高くて手が出ないという人が、中古マンション市場に流れてきているので、価格は中古でも高止まりしている傾向にあります。2018年がピークでその後は価格が下がるなどという噂もありますが、本当でしょうか。

マンションの築年数からみる売却・購入時に注意するべきポイント

マンションに住んでいる人やマンション購入を検討する人が気になるのが、マンションへの住み替えのタイミング。マンションは築年数を知ることが重要と言われています。そこで、今回は、マンションの築年数のポイントについて説明していきます。

一軒家とマンションの徹底比較|それぞれのメリットとは

家を購入する際、一軒家とマンション、どちらを選べば良いのか悩む人は多いです。この記事では、一軒家とマンションを徹底比較しますが、それぞれのメリット・デメリットだけではなく、生涯コストや防犯面なども取り上げていきましょう。

イエウールで「売る」あなたの不動産の売却に強い不動産会社をご紹介

不動産会社の所在地がある都道府県をクリックしてください。
イエウールでは、各都道府県の査定に強い不動産会社一覧をチェックすることができます。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!