家を購入して後悔した失敗談を一挙公開【家なんて買うんじゃなかった】

家を購入して後悔した失敗談を一挙公開【家なんて買うんじゃなかった】

家を購入したい・持ち家が欲しい、と住み替えを考えている方は珍しくありません。

でも、家なんて大きな買い物。購入した後に「家なんて買うんじゃなかった」なんて後悔したくないですし、「これだ!」と思う家を見つけたいですよね。

そこで、家の購入時に参考になるよう、家を購入した後悔したこと・良かったことをご紹介します。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

家を購入して後悔したこと【人生編】

家を購入して後悔したことを、編集者の実体験や不動産売却の口コミサイト「おうちの語り部」やTwitterの口コミを基に解説していきます。

4章にわたって「人生」「生活」「立地」「建物・設備」のカテゴリごとに解説していきます。

はじめに、「人生」の観点からみた家を購入して後悔したことを見ていきましょう。

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

住宅ローンは重荷
簡単に引っ越しできない
購入後に離婚して後悔
子供が生まれて家が手狭に
居住人数に対して家が広すぎる

住宅ローンは重荷

払えないというわけではないんですが、住宅ローンが重荷

賃貸の時はボーナスも好きに使っていましたが、今では使えるのは一部だけ。ローンの返済と家が壊れた際の修繕費の積み立てに持っていかれてしまいます。

家を買う前は家族でどこか旅行に行こうとかという話が出ていたんですが、家を買ってからそんな話題もほとんど出なくなりました。
今思えば、やや予算オーバーを許容してしまったのが間違いでした。ローン返済だけなら賃貸に住んでいた頃の賃料とあまり変わらないのですが、持ち家には固定資産税の支払いが付いてきます。

固定資産税を合わせると年間の支払額は数十万円増えているので、もう少し返済額を少なくしておけば良かったと思いました。

簡単に引っ越しできない

家を購入してしまったら気軽に引っ越すことはできません

住宅ローンはまだ残っていますし、今住んでいる家を売るか貸すかしなくてはならず、賃貸から賃貸へ引っ越すほど手軽にはできません。

もし夫が転勤になったとしても、数年程度なら単身赴任かなと思っています。また、嫌なことがあっても簡単に離れることができないと思うと、ご近所さんはもちろん、近くのお店でちょっと嫌なことがあっても我慢します。

毎日思うことはありませんが、たまにこんな我慢せずにパッと引っ越しできたらな…と思うことがあります。

子供が生まれて家が手狭に

当時は子供いなく、1人いればと思い、3LDKのコンパクトな家を購入した。

その後双子が生まれたので、やはりもう少し広めの家にすればと後悔し、売却を決意しました。

不安という点では、近隣の不動産売却事例が少ない地域だったので、必ずしも売れるか心配でした。

上の体験談のように、出産などで家の購入時より居住人数が増え狭さを感じてしまい、後々後悔するケースも珍しくありません。

現在だけではなく、将来的な居住人数も視野にいれたうえで購入する必要がありそうです。

購入後に離婚して後悔

結婚している夫婦がローンを組んで家を購入する場合はよくありますが、将来のことも少し考えてなければいけません。

本来、結婚して家を購入するときに離婚のことを考えたくはないと思いますが、上の体験談のように実際に離婚し片側に家のローンの負担がのしかかり後悔するケースがあるからです。

居住人数に対して家が広すぎる

「大は小を兼ねる」とはいいますが、家に限ってはそう言い切れません。必要以上に大きく広い家はゆくゆく管理が面倒くさくなったり、毎年払う税金が高くなることもあるからです。

特に、土地を購入して注文戸建てを建設する方や、将来を見据えて大きな間取りの家を購入しようとしている方は後悔しないように気をつけましょう。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

家を購入して後悔したこと【生活編】

次に、「生活」の観点からみた家を購入して後悔したことを見ていきましょう。

ご近所付き合いが大変
ゴミの収集日に縛られる
室外スペースの使用機会がない
室内設備が生活に適さない

ご近所付き合いが大変

持ち家になって、町内会の仕事やご近所付き合いなどが大変になりました。

今まで、賃貸の時は町内会の仕事が回ってくることも無かったですし、ご近所さんも賃貸の方が多くてそんなに付き合いをしていなかったのですが…。

戸建てを住宅街に購入したこともあって、周りはみんな持ち家。この後何十年も暮らすとなると、ご近所さんとトラブルになるのは避けたいですし顔合わせる度に気まずい思いもしたくないので、ついつい良い顔しがちに。

結果、本当は参加したくない年末年始の餅つき大会に参加したり、毎月の清掃に参加することになりました。賃貸だったら、ご近所さんとトラブルになっても引っ越しすればいいだけで気楽だったな~と思います。

ゴミの収集日に縛られる

新しい家の燃えるゴミの収集日は水曜日と土曜日。我が家は共働きで平日忙しく働いているので土曜日ぐらいゆっくり寝たい!なのに、回収車が来るのは朝8時ごろ。

前夜から出すのはNGなので、疲れていても早起きしなくてはなりません。さらに、1ヶ月続くゴミ当番になった月はゴミネットの上げ下ろしなども。雨の日も帰りが遅い日も担当ならやらなくてはならず、マンションだったら…と思う瞬間です。

ゴミの収集日や当番制度は自分では変えられない

ので、事前に確認しておけば良かった…と後悔しています。

室外スペースの使用機会がない

基本的に、戸建てには庭・マンションにはベランダといった室外スペースが存在します。

ただ、室外スペースが自分の生活に適しておらず、後悔してしまうケースもあるようです。上の体験談のように、広い庭を有効活用しきれないと少し後悔がつのってしまうかもしれません。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
マンションの共用施設で人気の施設とあまり使わない施設を紹介!

室内設備が生活に適さない

上の2つの体験談のように、設備を家に付帯せずに後悔したり、家に付帯していた設備が適さず後悔するケースは少なくありません。

家の一設備ではあるので大きな後悔にはつながりにくいかもしれませんが、毎日使う設備であれば後悔を長い間引きずってしまうかもしれません。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

家を購入して後悔したこと【立地編】

続いて、「立地」の観点からみた家を購入して後悔したことを見ていきましょう。

想像以上に利便性が悪い
周辺施設が気になってしまう
騒音や虫に悩まされる

想像以上に利便性が悪い

購入した土地になかなか馴染めずにいたこと、利便性が悪く、後悔があった。加えて、転職し、通勤距離が長くなったので、売却を決断した。

ローン残高がかなりあったので、売却で不足分がでないか不安があった。

最寄り駅からの所要時間は家を購入する前になんとなく分かってはいるものの、いざ住んでみると想像以上に長かったりすることがあります。

家の販売図面に書いてある所要時間が体感よりも短く記載される傾向にありますが、それだけではなく、毎日駅を使うと身に沁みてくるものです。

特に、住み替え前に利便性が高い家に住んでいた場合は後悔しないように注意が必要ですね。

周辺施設が気になってしまう

物件のとても近くに特別高圧電線と鉄塔があり、購入時は気にならなかったが、購入後に激しく後悔しました。

試しに売りに出してみて、購入時と同じくらいの価格で売れれば、と思い売却を依頼しました。

大幅な値下げをしなければ売れないようであれば、売却をあきらめ後悔した家に住み続けなければならない状況だったので、精神的な不安がすごくありました。

上の体験談のように、購入時はそこまで気にならなかったものの、窓からの景色や家を出たらすぐ目に入るところに鉄塔や電線や墓地などがあると後悔するケースは珍しくありません。

実際に毎日生活してみてはじめて滅入ってしまい、売却してしまったのでしょう。

騒音や虫に悩まされる

騒音や虫の発生がひどかった。仲介の方がとにかく不親切でなぜ購入してしまったのかと後悔の日々だった。

売却の際は親切な仲介業者に出会えたので良かった。無事に引き渡しが済むまでは不安で仕方なかった。

上の体験談のように、騒音や虫などいわゆる「害」を日常的に感じると、精神的に積もり積もって後悔し続けるケースがあります。

「害」を知った上で家を購入するのと、知らないで購入するのでは大きな差がありそうです。


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

家を購入して後悔したこと【建物・設備編】

続いて、「建物・設備」の観点からみた家を購入して後悔したことを見ていきましょう。

居間の空調が効きづらい
構造的に周囲から見られやすい
コンセントが足りない

居間の空調が効きづらい

我が家の居間は2階。階段を上がってすぐ居間です。居間を広く取るために廊下はなく、扉もないので空調が効きづらい

温かい空気は上の階へ冷たい空気は下の階へ逃げてしまうので、真冬や真夏は空調をガンガンに効かせます。もちろんその分電気代の請求もアップ 。

スクリーンを数万円かけて業者に取り付けてもらい、少しはマシになりましたが、階段を利用する度に腰を曲げてスクリーンを上げ下ろしするのは不便。

スクリーンは布で取り外し不可。洗濯できなので、揚げ物などをした際は油の匂いが付いてしまうのではないかと不安になります。

コンセントが足りない

様々な電子機器が普及して、家でコンセントを使う頻度も高まっています。

そんななか、コンセントの数が足りなかったり、使いやすい位置にあるコンセントが少ない、などの後悔は多いです。

家を購入した後にコンセントを付け足すのは簡単なことではないので、十分コンセントがある家かどうかをきちんと見極めてから家を購入しましょう。

構造的に周囲から見られやすい

敷地と隣地や道路との境界部分に塀やフェンスなどを設置しない「オープン外構」という構造の一戸建てがあります。

開放感があり価格も安いため人気もありますが、上の体験談のようにプライバシーが守られず後悔してしまうケースもあります。

セキュリティも低いため、特徴的な構造の家を購入する前にはメリットやデメリットの把握が必須といえそうです。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
マンションのセキュリティ対策はどうなの?防犯性が高い物件の探し方や最新設備を紹介!

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

家を購入して後悔した人の失敗談が見れるサイト

私が家を購入して感じた後悔だけではなく、家を購入するということは様々な後悔があるはずです。

そこで、家を購入して後悔した人の失敗談が見れるサイトを3つご紹介していきます。

一戸建て購入で後悔したくない人向け「家の購入あるある体験談」

一戸建てを購入して後悔した人の体験談が見れるサイト

家の購入あるある体験談」は、一戸建てを購入しようとしている方におすすめな後悔体験談があるサイトです。

このサイトでは、一戸建て購入後によくあるトラブルや後悔事例を20個弱紹介しており、トップページからそれぞれの事例ページにアクセスする事ができます。

各ページでは「どのような後悔をしたのか」だけではなく「どのようなポイントを抑えておけば後悔しないか」を専門用語の説明も交えながら分かりやすく解説しています。

後悔事例の内容としては、注文住宅を購入する契約を結んでからの体験談を豊富に扱っているので、注文住宅を購入しようと考えている方に特におすすめのサイトです。

注文住宅でなくても、中古住宅や新築の建売住宅・建築条件付きの土地の後悔事例もあるため、一戸建てを購入しようと考えている方であれば一見の価値があります。

マンション購入で後悔したくない人向け「実録!マンション購入のしくじり体験談」

一戸建てを購入して後悔した人の体験談が見れるサイト

実録!マンション購入のしくじり体験談」は、マンションを購入しようとしている方におすすめな後悔体験談があるサイトです。

このサイトでは、実際にマンションを購入した人が後悔した事例を2020年12月現在で約600以上紹介しており、トップページからそれぞれの事例ページにアクセスする事ができます。

また、以下のマンション購入でよくある後悔ポイントごとに事例を見ることができるのも、特徴です。

  • 騒音問題
  • 駐車場・駐輪場
  • 管理組合・自治会
  • ご近所・近隣施設
  • 修繕費用・修繕工事
  • 費用・お金
  • その他

各事例ページでは、マンションを購入した人が実感している後悔の内容が300文字前後の読み物として書かれています。

後悔している人の「年代」「性別」「購入したマンションが新築か・中古か」も合わせて確認できるので、自分と照らし合わせながら後悔体験談を見ていくとよいでしょう。

ブログのように具体的な後悔を知りたい人向け「Yahoo知恵袋不動産」

家を購入して後悔した人の体験談が知れるサイト

Yahoo知恵袋不動産」では、物件種問わず家を購入した人が抱えている後悔や悩みの事例を、質問&回答形式で確認する事ができます。

実際に後悔していたり、悩んでいたりする人のリアルな声を文章から読み取れる

ことが特徴的です。不動産会社で働いている人や不動産関連の専門家が回答者になっていることもあり、回答を見ると後悔しないための効果的な対策が分かることもあります。

また、このサイトには不動産に関連する質問とそれに対する回答がたくさん寄せられており、検索ワードを変えると関連性の高い質問と回答を見ることができるので、ちょうどいま家を購入しようとしているひとの悩みなども調べることができます。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
おとり物件とは?2つのパターンや見分けるポイントを解説


\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

家を購入して良かったこと

もちろん、家を購入して後悔ばかりではありません。良かったと思えることもありました。ここでは私が家を買って良かったと思ったことをご紹介します。

家賃・更新料からの解放

正直、賃貸に住んでいる時は毎月もったいないと思っていました。固定資産税やローンで以前の賃料より多く払っていますが、もったいないと感じることはありません。固定資産税の支払いもありますしローンもまだまだ終わらないですけど、賃貸の時に比べたら資産が残る気持ちがあります。

老後も住む予定なので、年金生活になって収入が大きく減っても、とりあえず住むところはあるという安心感もあります。

家をカスタマイズ

分譲住宅を購入しましたが入居前にカスタマイズをしました。

購入した家は屋上があるタイプ。屋上は購入時に決め手の1つになる部分だったので、有意義に使えるように水道を設置。3階の部屋の室外機も1階に付けることで広々とした屋上にできました。

他にも、カーテンレールを付けず代わりにブラインドを設置したり、キッチンと同じデザインの備え付けの食器棚も追加。賃貸じゃなかなか自由にできない部分も、持ち家だからこそカスタムできるし、お金も出せる。

分譲なので間取りまではなかなか変えられなかったですが、それでも家族が住みやすいように変えられたのは良かったし、ワクワクしました。

家が高台にある

家を決める際には特に気にしておらず意識もしていなかったんですが、家が高台にあって裏手の家は崖の下。おかげで、風通しが良く、家の中が見える心配もなし。天気の良い日は1日中窓を開けっ放しにできるので快適です。

家の前は坂ですが斜面は緩やかですし、大雨になっても家が水没する心配も少ない。引っ越した年の夏、家の屋上から隅田川の花火が見えることにも気が付きまして。高台のおかげで遠く離れていても見えたんだと思います。

キッチンの使い勝手が良い

内覧時はキッチンのスペースが広くていいな程度だったんですが、実際に使ってみたら使い勝手が良かったです。

シンクがダイニングに向かうように設置されているので食後の片付けが楽。冷蔵庫はコンセント位置で配置する場所がほぼ指定されているようなものでしたが、実際に置いてみたら流れるように料理ができるので、すごく使いやすかったです。

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
マンション買うなら新築と中古どっちがお得?価格差の違いやメリットとデメリットを解説!

他にも、詳しく知りたい方は、下記の記事もご覧ください。
マンション宅配ボックスの正しい使い方とは?メリットや注意点についても徹底解説!

\家を買いたいとお考えのあなたへ/

一番手で申し込みがしたい!という方はHousii(ハウシー)がおすすめ!最短30秒で匿名登録が出来て、まだポータルサイトに出ていない未公開物件を提案してもらえます。

初めての家の購入で不安な時は?

ここまで様々な注意点について解説してきましたが、初めての住宅購入でこれらをすべて把握しておくのは難しいことだと思います。

また住宅を購入しようと思っている方の中には、

 

  • 「物件が多すぎてどれを選んだらいいのかわからない」
  • 「不動産会社に連絡したら電話営業されそうで嫌だ」
  • 「自分の個人情報が不動産会社に知られたら営業されそう」

という悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

不動産売却プラットフォームとして業界1位のイエウールが運営しているHousii(ハウシー)では、それらの悩みをすべて解決できます。(※東京商工リサーチ「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」)

Housii(ハウシー)なら、

 

  • 匿名で利用出来て、連絡先の公開範囲は自分で設定できる
  • 一度入力した条件にマッチした物件情報が不動産会社からメールで届く
  • チャットでは条件や金額についても相談することもできる
  • 未公開物件を提案してくれるため一番手で申し込める

そして何より、Housii(ハウシー)には不動産ポータルサイトには載っておらず、市場に出ていない「未公開物件」をいち早く知ることができます。

その理由は、不動産査定を一括依頼できるイエウールと同じ会社が運営しているため、不動産会社がポータルサイトに出す前の不動産情報を公開しているからです。

不動産売り出しまでの流れ

はじめてのマンション購入をを考えの方はまずはこちらの記事をご覧ください!
マンション購入の注意点を解説!物件選びから内覧・契約時に注意するべきことは?

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
匿名で待つだけのカンタン家探し