マンション宅配ボックスの正しい使い方や注意点を解説

近年、ネットショッピングの利用が増え続けていることで、宅配ボックスのニーズは高まりつつあります。
「配達時間を気にせずに済む」「直接、受け取らずに済む」など、宅配ボックスの正しい使い方を知り、うまく活用すれば生活はもっと便利になります。
しかし、まだ一度も使ったことがない、どうやって使うのかわからないという人もいるでしょう。
そこで本記事では、マンションの宅配ボックスの正しい使い方を詳しく解説しています。
あわせて、メリットや注意点になども紹介します。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

マンションの宅配ボックスには電気式と機械式がある

宅配ボックスとは、不在時でも荷物の受け取りができる設備のことです。
気軽にネットで買い物ができる影響もあって、マンションなどの集合住宅で設置されることも多くなりました。
そこで、ここではマンションに設置されている電気式と機械式の宅配ボックスの特徴についてまとめています。

電気式の宅配ボックス

電気式はパネル操作や非接触のカギ、カードキーなどを使用して解錠するタイプの宅配ボックスです。
電子式やコンピューター式とも呼ばれることもあります。
オンラインで監視ができ、24時間セキュリティ対策がされるので、高い安全性が魅力です。
ただ、電源を必要とするため、設置する場合は電源設備や電気代などが必要になります。

機械式の宅配ボックス

機械式は宅配業者が任意に設定した暗証番号を使って解錠するタイプの宅配ボックスです。
ダイヤル式やメカ式とも呼ばれ、シンプルな構造と操作が特徴です。
暗証番号は、宅配業者がその場で設定する一度きりのもので、受取人は不在連絡票で暗証番号を確認します。
一般的に宅配ボックス付きの物件は高くなる傾向がありますが、機械式は電気を使わないシンプルな作りなので、比較的低コストで導入が可能です。
維持費もかからないので、スペースがあれば、どこでも設置ができます。
ただし、不在連絡票に記載された暗証番号を盗み見られる可能性もあるため、防犯性はあまり高いとは言えません。

マンションの宅配ボックスを利用するメリット

マンションの宅配ボックスを利用する最大のメリットは下記の2つです。
● 不在時でも荷物の受け取りができる
● 高い防犯性で安心できる
ここでは、もっと詳しく宅配ボックスの2つのメリットについて解説します。

不在でも荷物の受け取りができる

宅配ボックスの最大のメリットは、不在時でも荷物を受け取れることです。宅配ボックスがあればスムーズな荷物の受け取りできるので、再配達を頼む必要もありません。
また、配送時間に合わせて家にいる必要もないので、時間に縛られたくない人にもおすすめです。

最近では、あらかじめ配達を宅配ボックスに指定できるサービスも登場しています。留守がちだと荷物の受け取りがネックとなりがちですが、宅配ボックスがあれば利用しやすくなるでしょう。

高い防犯性で安心できる

配送業者から荷物を直接受け取ることに抵抗があるという人も多くいます。近年、宅配業者を装ったセールスマンや不審者によるトラブルの報告もあることから、防犯面を考慮して宅配ボックスを利用する場合もあるようです。
宅配ボックスならマンションのオートロックを解除する必要がなく、部外者の出入りが制限できます。
そのため、1人暮らしの女性や幼い子供がいる家庭、高齢者にとっては、宅配ボックスが設置されているマンションのほうが防犯面でも安心です。

宅配ボックスでも基本的に印鑑は必要

宅配ボックスで荷物を受け取る場合でも、基本的に印鑑が必要になります。
そのため、宅配業者が押印できるように、あらかじめ印鑑をしまっておけるタイプや、押印機能が搭載されたタイプ、配達済みを証明するレシートが発行されるタイプなどの宅配ボックスがありまます。

宅配ボックスで受け取れる荷物の大きさ

宅配ボックスは高さ20cm程度の小さいものから、1m以上ある大型タイプまでさまざまです。
一般的にマンションのような集合住宅では、3種類程度のサイズが準備されているので、荷物の大きさに応じて配送業者のほうで使い分けています。

マンションの宅配ボックスの正しい使い方

宅配ボックスの使い方が、いまいち分からないため使ったことがないという人もいるでしょう。
そこで、ここでは宅配ボックスの正しい使い方について詳しく解説します。
電気式と機械式で異なる点をチェックしていきましょう。

電気式宅配ボックスの使い方は入居時に確認する

電気式の場合は、宅配業者がサイズにあった宅配ボックスに荷物を入れて施錠し、メールや配達通知書で配達完了を知らせてくれます。 配達完了を確認したら、宅配ボックスの液晶パネルを操作して荷物を受け取ります。
解錠方法は、配布されているカードキー、部屋ごとで割り振られている暗証番号、非接触型の鍵など、宅配ボックスの種類によって必要なものが異なるので入居の時に確認しておくようにしましょう。

機械式宅配ボックスの荷物の受け取りには暗証番号が必要

機械式の場合も宅配業者がサイズに合った宅配ボックスに荷物を入れて不在連絡票を投函して知らせてくれます。その時、任意の暗証番号を設定して施錠するので、不在連絡票で暗証番号も知らせてくれるシステムです。
荷物を受け取る時は、不在票でどの宅配ボックスが確認し、暗証番号を入力して解錠します。

マンションの宅配ボックスを利用するときの注意点

便利で使い勝手のよい宅配ボックスですが、メリットばかりではありません。
ここでは、宅配ボックスを利用するときの注意点について詳しく解説します。
メリットとデメリットの両方を知って、上手に活用してみてください。

受け取りができない荷物もある

荷物には冷凍、冷蔵、着払いなど様々な種類があるので、ものによっては宅配ボックスが利用できないケースもあります。
宅配ボックスで荷物の受け取りができない主なものを下記にまとめました。

● 要冷凍・要冷蔵の荷物
● 着払いや代金引換
● 貴重品が入った荷物
● 大きすぎるサイズの荷物
● 宅配ボックスの重量制限を超える荷物

最近では生鮮食品を受け取れる宅配ボックスも登場していますが、まだ設置数は少ないです。マンションの宅配ボックスの種類については、事前に確認しておく必要があります。

宅配ボックスが空いてない場合もある

マンションなどの集合住宅では、宅配ボックスの数にも限りがあるので、空いていないというケースも考えられます。
その場合は、宅配会社がそのまま荷物を持ち帰るので再配達の手配が必要です。

受け取りトラブルが発生する場合もある

便利な宅配ボックスですが、荷物の受け取り時にトラブルが発生する場合もあります。
たとえば、配達員が不在連絡票の暗証番号を書き間違えたり、書き忘れたりした場合、荷物が取り出せないということもあるでしょう。
また、宅配業者が宅配ボックスの使い方に慣れていないため、操作ができずに荷物を持ち帰ってしまうケースもあるようです。

宅配ボックスには自分で設置可能なタイプもある

宅配ボックス自体が設置されていない物件の場合、後から付けることができるのか気になる人もいるでしょう。
結論から言うと、宅配ボックスは自分で設置可能なタイプもあります。 そこで、ここでは後付けができる宅配ボックスの種類についてまとめました。

戸建て用の宅配ボックスは自分で設置できる

基本的には、宅配ボックスを置くスペースを自由に決められる戸建て用の宅配ボックスが設置可能です。
ここでは、個人で設置することができる2種類をご紹介します。

置くだけの簡易型宅配ボックス

置くだけの簡易型タイプは、必要なときに玄関前に出して使える宅配ボックスです。
金属ワイヤーなどで玄関ドアに繋げることで盗難対策ができます。
使用しないときは折り畳んで収納できるタイプもあるので、宅配ボックスの設置スペースがない場合やあまり費用をかけたくない場合におすすめです。

盗難対策に優れた固定型宅配ボックス

盗難対策に優れた固定型タイプは、一軒家などの玄関付近にがっちり固定して設置する宅配ボックスです。
大きな郵便受けのような感じで、重量もあり、しっかりと固定されるので盗難被害などのリスクが軽減します。
スペースや費用はかかりますが、一度設置すればいつでも使えるのでネットショッピングが好きな人にはおすすめです。

マンションに戸建て用宅配ボックスの設置は難しい

マンションのような集合住宅では、戸建て用宅配ボックスの設置は難しいのが現実です。
そもそもマンションは廊下やエントランスが共用部分にあたるため、勝手に個人が宅配ボックスを置くことができません。
ただ、管理会社を通して提案などを行い、一定数の所有者の同意が得られれば、住民全員が使える宅配ボックスが設置できるケースもあります。
現在住んでいるマンションに新たに宅配ボックスを設置したい方は、一度管理組合に相談してみるのもよいでしょう。

宅配ボックスは進化し続けている

ネットショッピングの需要が増え続けている影響で、宅配ボックスの機能もどんどん進化しています。
ここでは、最新機能が付いた宅配ボックスについて詳しく解説します。
これから住むマンションを選ぶ時のチェックポイントにもなるので、しっかり確認してみてください。

冷蔵機能が付いた宅配ボックスの登場

基本的に冷凍・冷蔵は宅配ボックスでは受け取りができないものに入っていました。
しかし、最近では冷蔵機能がついた宅配ボックスが登場しています。
通常版より大きなサイズになりますが、ネットスーパーで購入した生鮮食品を不在中でも自宅まで届けてもらえるので、仕事と家庭の両立で忙しい女性たちに大好評です。

発送ができる宅配ボックスの登場

ここまで受け取りについて説明してきましたが、発送もできる宅配ボックスも登場しています。
オンラインで連携することで、発送者が宅配ボックスに荷物を入れて、連絡をしておくと配送業者が集荷してくれるサービスです。
宅配クリーニングにも利用できるので、頻繁にクリーニングを利用する忙しい人なら重宝するサービスでしょう。

各階・各戸専用の宅配ボックスの設置

集合住宅だと宅配ボックスが空いてないため配送業者が荷物を持ち帰ることもありましたが、最近では各階・各戸専用の宅配ボックスが設置されているマンションも登場しています。
各部屋用の宅配ボックスの場合、荷物がすでに入っていても、追加で入れることもできるので、配送日を調節する必要がなく便利です。
また、エントランスではなく、部屋の前に宅配ボックスが設置されるので、重い荷物を運ぶ手間が省ける点もメリットといえるでしょう。

マンションを選ぶなら宅配ボックス付きの物件が便利

宅配ボックスは、不在でも荷物を受け取れるとても便利な設備です。
機械式と電気式の2つのタイプがありますが、どちらもセキュリティに優れ、使い方も簡単に覚えられます。
後付けが難しいマンションの場合は、物件選びの時からチェックポイントのひとつに含めることをおすすめします。
最新の宅配ボックスなら発送ができるタイプ、冷蔵機能がついたタイプなどもあるので、より生活を快適にしてくれるでしょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?