新宿区の不動産売却ならイエウールにお任せください
不動産一括サイト国内No.1
不動産売却をするならまずは査定価格の比較をしよう
不動産売却は一括査定が断然オススメな理由
1社だけの査定では、査定結果が妥当な価格かどうか判断できずに数100万円以上も安く売れて損をする可能性もあります。

2022年1月現在「不動産会社の一括査定サイトに関するランキング調査」より(株)東京商工リサーチ

新宿区の不動産売却に強い会社に一括査定を依頼する

step1
step2
イエウールなら、ネットで一括査定ができる
  • STEP 1
    ネットで解答
    イエウールならネットで一括査定ができる
    査定したい物件とお客様の情報を入力。
  • STEP2
    査定を一括依頼
    イエウールならネットで一括査定ができる
    1回の入力で、評判と実績のある2,000社以上の会社からあなたのエリアに強い不動産会社最大6社に一括で査定を依頼。
  • STEP3
    結果を比較
    イエウールならネットで一括査定ができる
    数日以内に査定結果と地域の売却相場をお届け。査定額の根拠を確認しながら、最大6社の不動産会社を比較して、売り出す場合は契約へ。

新宿区の不動産売却に強い会社に一括査定を依頼する

step1
step2

新宿区でマンション、戸建て売却に強い会社はこちら!

不動産会社にはそれぞれ特徴があります。
売却を成功させるためには自分の物件が得意な不動産会社に相談をするのが重要です。

ここではイエウール提携企業で新宿区の売り出し実績が多い会社を紹介します。

新宿区の提携不動産会社一覧

イエウールなら評判を比較しながら、最大6社に査定依頼が可能です。信頼できる不動産会社探しにお役立てください。
また、東京都の不動産会社をもっと詳しく知りたい方は東京都の不動産会社一覧をチェックしてみましょう。

エリアの特徴をまとめてるから読んでみてね!

新宿区で不動産を売却するときの基礎知識

売却価格と地価を知って相場観を養おう!

新宿区の地価推移はどうなっている?

平米単価
円/㎡

坪単価
円/坪
前年・
円/㎡
(坪単価  円)
5年前・
円/㎡
(坪単価  円)

単位(万円/㎡)
東京都新宿区
※ 本データは国土交通省「地価公示データ」、及び「都道府県地価調査データ」の情報を元にイエウール編集部が作成しています。
データ更新月: 2022年07月
データ調査期間: 2002年 〜 2022年

全国の空き家率と比較してみたよ!地域によっても空き家率は変わるんだよ!

新宿区の空き家率はどのくらい?

新宿区
計算中...
%

東京都全体
計算中...
%

単位(%)
東京都新宿区
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)
データ更新月: 2022年07月
データ調査期間: 1993年 〜 2018年

相場、地価推移、空き家率、人口動態を総合的に判断して相場感を養おう!

新宿区の人口・世帯数の推移どうなっている?

単位(人)
人口 世帯数
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)
データ更新月: 2022年07月
データ調査期間: 1980年 〜 2015年
新宿区で不動産の売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、不動産の売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元での不動産売却の市況と、不動産売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

新宿区では、世帯数は増えている一方で、空き家は減っている

では、新宿区の不動産売却の市況から解説します。
まず、新宿区には、都内有数の繁華街や高層オフィスビル群がありますが、新宿区役所は更に進化させようとしています

例えば、新宿駅東口の約18.9ヘクタールについては、容積率(簡単に言えば「何階まで建てられるか」)を緩和しました。これまでの上限は800~900%で、200%の上乗せが可能となったため、例えば8階までしか建てられなかった地域で10階まで建てられるようになります。但し、宿泊施設を設けたり、歩道を広げるなど、公益になることが条件です。

この制度の背景としては、新宿区の「新宿駅東口の建物には古いものが多く、更新を進めたい」「新宿駅東口の魅力を高めたい」という都の意向が反映されています。そこで、活用できる床面積を増やし、より収益性を高められるようにすることで、ビルの更新を進めていきたいという考えでしょう。

住宅地の価格もこういった制度や区の方針の影響を受けますので、新宿の不動産を高く売る可能性は底堅いと言えるのではないでしょうか。

国交省の「都道府県地価調査」によれば、新宿区の住宅地の価格の前年比の変動率は、2018年は+3.5%、2019年は+5.8%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では上がり続けています。

また、新宿区での不動産の価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 新宿区の世帯数は2016年に209,872世帯でしたが、2018年に216,529世帯となり、6,657世帯(3.2%)が増えているため、住宅需要も増えていると言えます。
  • 新宿区の空き家率は、2013年に12.6%、2018年に12.2%と減っているので、空き家問題はやや弱まったと言えます。
    (なお、空き家率の全国の約1,900の市区町村での順位は、2013年は662で、2018年には760でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては高く売れる可能性が高まると言えます。

新宿区では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、新宿区での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
新宿区の世帯数は2015年に209,872世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は845店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数は約40.3店舗といえます。
これは全国では91位で、この地域は不動産会社が過剰なので、いい不動産会社を選ぶのが大変と言えます。

とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、不動産売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。

※ 国土交通省「都道府県地価調査データ」総務省統計局「住宅・土地統計調査」、及び「経済センサス」国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとにイエウール編集部が作成しています。

新宿区の不動産売却に強い会社に一括査定を依頼する

step1
step2

新宿区の不動産売却に強い会社に一括査定を依頼する

step1
step2
【完全無料】うちの価格いくら?