ルーフバルコニーのあるマンションの魅力や使い方・注意点

マンションを購入したり借りたりするとき、物件に付属しているとついつい心惹かれてしまうのがルーフバルコニーです。

ベランダでは得られない開放感と多様な用途が特徴のルーフバルコニーですが、どのように使用すればより活用できるようになるのでしょうか。

この記事では、ルーフバルコニーのあるマンションの魅力使い方について徹底解説します。デメリットについてもしっかりと理解し、後悔のないマンション選びをしていきましょう。

マンションの選び方のポイントについて知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
マンション駐輪場の問題点とは?失敗しない解決策を紹介!
マンションキッチンの種類やリフォームにかかる費用相場を紹介

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

マンションのルーフバルコニーとは

マンション探しをした経験がある人であれば、一度は目にしたことがあろう「ルーフバルコニー」という言葉。言葉としてはなじみ深いものですが、具体的にどのようなものをルーフバルコニーと呼ぶのか、はっきり知らないという人も多いかもしれません。

ルーフバルコニーとは、下の階の屋根となる部分を利用して、室外のスペースとして活用できるようにした設備のことを指します。

屋根がついていないことが特徴で、周囲は柵やフェンスで囲まれています。普通のベランダよりも面積が非常に広いため、開放感のある眺望や日当たりのよさがルーフバルコニーの大きな魅力です。

ルーフバルコニーとベランダの違い

ルーフバルコニーと混同されやすいのが、ベランダと呼ばれるおなじみの設備です。ベランダもルーフバルコニーと同様、部屋の外につけられた設備のことを指しますが、屋根がついている点がルーフバルコニーとは大きく異なります。

また、下の階の屋根を床として使用するルーフバルコニーのほうが、ベランダよりも圧倒的に面積が広い点も決定的な違いでしょう。ベランダとは違い、庭のような感覚で広々としたスペースが使用できる点がルーフバルコニーの特徴です。

ルーフバルコニーとテラスの違い

テラスも、ルーフバルコニーと間違われやすいマンションの設備です。一般的にテラスは、住宅の建物外部に設置された、地盤面よりも一段高くなったスペースのことを指します。表面はレンガやコンクリート、ウッドデッキなどで仕上げられており、屋根があるものもないものもあるところが特徴的です。

広々とスペースを使える点ではルーフバルコニーと共通していますが、テラスは戸建て住宅もしくはマンションの1階部分に作られるものであることが大きな違いとして挙げられます。ただし、建物の屋上のスペースを使用できる場合は「ルーフテラス」や「屋上テラス」と呼ぶこともあるため、区別して覚えておきましょう。

マンションの内装について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
「マンションの間取りの理想は?基礎知識から間取りの選び方まで解説」
マンション売却前にチェックしたい配管のメンテナンス概要とは
マンションの床暖房の導入におけるコストや注意点を解説

ルーフバルコニーがあるマンションの魅力

ベランダよりも遥かに広いスペースを使えるルーフバルコニーには、広いこと以外にも豊富な魅力やメリットが存在しています。

ここからは、ルーフバルコニーがあるマンションの魅力に迫っていきましょう。

開放感が抜群で空がよく見える

ルーフバルコニーの大きな魅力は、何といってもその開放感でしょう。ルーフバルコニーは直下の階の部屋に使用している屋根をまるごと使用できるため、ベランダでは味わえない広々とした開放感を味わえます。

階数が高い部屋でも庭のような感覚で空間を使用でき、ペットや子供との遊び場として活用することも可能です。リビングの延長としても使えるので、食事やお酒を楽しむスペースとして利用しているご家庭も少なくはありません。

さらに、部屋の窓から外を見たときにルーフバルコニーが部屋続きのように見えるため、圧迫感がなくなる点もメリットです。部屋自体が広く感じられるようになり、部屋内の開放感も増したように感じられます。

屋根があるベランダでは存分に楽しめなかった空も、ルーフバルコニーなら広々と見上げられるようになります。青空の下でのんびりと過ごしてもよいですし、夜空を眺めながら大人の時間を楽しんでもよいかもしれません。花火大会などが見やすい立地のルーフバルコニーなら、家族や友達だけでゆったりと花火や食事を楽しめて非常に快適でしょう。

猫をマンションで飼うときの注意点は? 事前に確認すべきこととトラブル対策

広くて日当たりがよい

広いうえに遮るものがなくて日当たりが非常によい点も、ルーフバルコニーの魅力です。洗濯物を干すスペースが十分に取れるのはもちろんのこと、家族全員分の寝具を干してもスペースが余るくらい、ルーフバルコニーは広くて日当たりも良好です。

さらに日常的な洗濯はもちろんのこと、レジャー用品をメンテナンスするときもルーフバルコニーは便利に活用できます。

プールで使った浮き輪やキャンプで使ったテントなど、大きなレジャー用品はしまう前にしっかりと洗って乾燥させる必要があります。しかし、一般のご家庭についているベランダだと、スペースが足りなくてもどかしい思いをしてしまうこともあるでしょう。

こういったときも、ルーフバルコニーであればスペースや日当たりを気にせずお手入れができるのです。

マンションの方角を選ぶときのメリットとデメリットを比較!

プライバシーを保護できる

ルーフバルコニーがあると、ルーフバルコニーと部屋に数メートルの間隔ができるため、外から部屋の内部が覗かれにくくなります。そのためカーテンを閉めなくても、ある程度のプライバシーが保護できる点が大きなメリットです。

とくに、マンションが密集している住宅地の場合、隣の建物と距離が近くて視線が気になったことがある人は多いかもしれません。

ルーフバルコニー付きのマンションであれば、こうした不安をなくしてプライバシーを保護しながら過ごすことができます。

使用用途が豊富

ルーフバルコニーは、その広さを活かしてさまざまな楽しみ方ができます。

具体的な活用シーンは後述しますが、家族団らんのバーベキューはもちろんのこと、ペットや子供との遊び場、ガーデニングや天体観測などの趣味スペース、洗濯や収納といった実用性重視の使用など、とにかく用途が豊富です。

ルーフバルコニーがあるだけで自宅での楽しみ方が何通りも増えるため、活用できればお家時間がより充実したものになるでしょう。

その他のマンションのタイプについて知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
コンパクトマンションとは?その魅力やおすすめの人・注意点
低層マンションならではの魅力や購入時に注意することを解説
マンションのセキュリティ種類は何があるの?防犯対策が高いマンションを選ぼう!

マンションのルーフバルコニー活用シーン

実際にルーフバルコニーのあるマンションにお住まいの人は、どのようにスペースを活用しているのでしょうか。

ここからは、ルーフバルコニーの活用シーンについてより具体的に見てみましょう。

植物を置いて空中庭園を楽しむ

ルーフバルコニーは広くて日当たりが抜群なので、植物を育てるには絶好のスペースです。プランターで育てられる花をたくさん置き、自分だけの家庭菜園や空中庭園が楽しめるのは、ルーフバルコニーならではの楽しみ方でしょう。

広さがあるルーフバルコニーであれば、ベランダでは難しい野菜や果物の栽培にもチャレンジできます。

室内や設置したベンチなどに腰掛けて、こだわりのガーデニングを眺めながらくつろぐのは、ご家族にとって至福のひと時となるはずです。

ウッドデッキで憩いの場を作る

家族やペットみんなで楽しむなら、思い切ってルーフバルコニーにウッドデッキを設置してしまうのもひとつの手です。夏は子ども用のプールやシェードなどを設置すれば、自宅でも気軽にレジャー気分が楽しめます。

人工芝を敷いて、裸足で走り回れるスペースにする活用法もおすすめです。家族の好みに合わせてDIYすれば、楽しみながらみんながリラックスできる憩いの場を作り上げられます。

テーブルやソファを置いてバーベキューや食事を楽しむ

もっともオーソドックスなルーフバルコニーの活用方法は、やっぱりバーベキューや食事の場ではないでしょうか。テーブルや椅子をセッティングして家族や友だちを呼んで食事を楽しんでも、ルーフバルコニーなら窮屈な思いをすることはありません。

仲間を集めてみんなでワイワイ楽しむのもよいですが、夜空を眺めながらお酒を嗜む大人の空間として使う活用法も素敵です。自宅にいながら日常とはちょっと違った贅沢な過ごし方ができるのは、ルーフバルコニーの大きな魅力でしょう。

物置や洗濯物干し場として活用する

ルーフバルコニーには、実用的な活用方法が豊富な点も忘れてはいけません。物置を設置してかさばるレジャーアイテムを収納したり、洗濯物を干す場所として活用することも可能です。

たとえば、ルーフバルコニーの一角を家庭菜園や憩いの場として利用し、残ったスペースを収納場所や洗濯物を干す場所にしてもよいかもしれません。部屋と同じように、ルーフバルコニーも“間取り”を決めて使うと、スペースの有効活用ができるでしょう。

ルーフバルコニーのあるマンション購入時の注意点

魅力や活用シーンが非常に豊富なルーフバルコニーですが、使用時や管理時には注意点がある点も知っておくことが大切です。

購入してから後悔することがないように、ルーフバルコニーのあるマンションを購入するときの注意点について解説します。

ルーフバルコニーは掃除とメンテナンスが大変

ルーフバルコニーは屋根がなくて広い分、非常に汚れやすいというデメリットがあります。雨風が吹き込むのは当然のこと、ホコリや花粉、排気ガスといった汚れが溜まりやすく、定期的に掃除をしないとあっという間に汚くなってしまうでしょう。

なかでも、雨水を排水する排水管が詰まってしまうと、雨漏りの原因になって下の階の住人に迷惑をかけてしまう危険性があります。人工芝やウッドデッキを敷くときは、排水管を塞いでいないかについてよく確認するようにしてください。

万が一、メンテナンスを怠ったことで他の住人に迷惑をかけてしまった場合、自費で賠償しなくてはいけなくなるケースもあります。ルーフバルコニーをメンテナンスする必要性と大変さについては、マンション購入前にしっかりと理解しておきましょう。

細かい規則が設定されている

意外に感じる人もいるかもしれませんが、ルーフバルコニーは住人の「専有部分」ではなく、「共用部分」に分類されます。したがって、住人の一存で大きな荷物を置いたり、ニオイの強いバーベキューを勝手に行ったりしてはいけないと、規則が設定されているケースが非常に多いのです。

さらに、ルーフバルコニーは災害があったときに避難経路や避難場所として活用されることもあります。あまりに物が多かったり散らかっていたりしている場合は、ほかの住人の命を危険にさらしてしまう危険性があるため、ある程度の配慮が必要です。

あくまでルーフバルコニーは共用部分であるという認識を持ち、規則を守って使用するようにしてください。

ルーフバルコニーがついている部屋は価格が高い

ルーフバルコニーがついている部屋は、そうでない部屋と比べると、使用できる面積が広いため家賃や価格が高くなってしまいます。また、ルーフバルコニーは共用部分なので、ほかの部屋よりも余計に管理費がかかってしまう点にも注意しましょう。

月額で見ると大きな負担には思えなくても、毎月支払うことで家計を圧迫してしまうかもしれません。家賃やローンの返済額について検討するときは、ルーフバルコニーによる割増価格と管理費を考慮することを忘れないようにしてください。

経年劣化が激しいため防水工事が必要

屋根がないルーフバルコニーは、室内と比べると経年劣化しやすいという特徴を持っています。劣化状況によっては、リフォームや防水工事が必要になってしまうこともあるかもしれません。

ルーフバルコニーは共用部分であるため、工事の費用は管理組合もしくは大家さんに負担してもらうことが可能です。ただし、業者を家に通したり施工時の騒音などを我慢したりする必要があるため、工事期間は不便な思いをすることがある点を念頭に置いておきましょう。

ルーフバルコニー付きの物件が少ない

ルーフバルコニーに憧れて物件探しをする人も多いですが、そもそもルーフバルコニーがついている物件は非常に少ないです。下の階の屋根を利用するルーフバルコニーは、1つのマンション内にいくつも作れるものではありません。そのうえ、ルーフバルコニーを採用していない物件のほうが多いのです。

ルーフバルコニー付きのマンションが欲しくても、手に入れられないことも珍しくはありません。

さまざまな注意点について解説しましたが、ルーフバルコニーがついている物件を見つけられた時点で非常にラッキーだといえます。ほかにルーフバルコニーがついている物件が見つけられる保障はないので、気になる物件がある場合は早めに確保しておいたほうがよいかもしれません。

魅力たっぷりのルーフバルコニーでお家時間を楽しもう

下の階の屋根をバルコニーとして利用するルーフバルコニーは、ベランダにはない開放感と日当たりのよさが大きな魅力です。活用シーンが豊富で楽しみ方は無限大なので、ルーフバルコニーがあればお家での過ごし方が何倍も楽しいものになるかもしれません。

ルーフバルコニー付きのマンションはあまり多くないため、気になる物件があればぜひ前向きに検討してください。

ただし、ルーフバルコニーには魅力が豊富に存在している一方で、注意点があることも事実です。お手入れの手間やお金がかかる点もしっかりと理解し、よくご家族と話し合って後悔のない選択をしましょう。

その他のマンションの設備について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。
メゾネットタイプのマンションとは?メリット・デメリットを解説
バリアフリー住宅とは?設計でのポイントや注意すべきこと

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?