不動産売却の成功法
マンション売却の知識とコツ
家売却2つの鉄則
土地売却の注意点
不動産価格を無料で診断

【更新日】

マンションの方角を選ぶときのメリットとデメリットを比較しよう

マンションを購入するときには日当たりが良いほうがいいですよね。日当たりのよさを考えると方角はマンションを選ぶときの重要なポイントです。しかし、方角ばかりにこだわっていませんか。方角は日当たりだけではなく自分の生活スタイルに合わせて選ぶことでより快適に生活できます。

マンションの部屋の方角を選ぶときに参考にすべきことや、方角ごとのメリットとデメリットを理解して今後のマンションを選ぶときの参考にしてください。また、売却の際もマンションの方角で売却価格が変わるので知っておくと便利です。

先読み!この記事の結論
  • 方角で賃料に差が出ている
  • 南向きは人気で北向きは不人気


1. マンションの方角ごとのメリットとデメリット

マンションの方角はそれぞれの方角にメリットもデメリットもあります。方角ごとのメリットとデメリットをみて自分の生活スタイルに合った方角を見つけてみましょう。

1.1. 「北向き」のメリット・デメリット

北向きのマンションの部屋はなんといっても賃料が安いのがメリットです。日本人は日当たりの良い物件を好むため北向きのマンションは人気がないので賃料が安くなります。日中は日当たりが悪く冬場は寒く室温が上がりにくいため、結露や湿気がありますがこれは除湿器などで対応できます。夏場は日が当たらないので他の方角よりも涼しく感じます。

デメリットとしては日当たりが悪いので洗濯物が乾きにくいということです。しかし、日差しによる木製の家具や本の傷みもおこらないというメリットもあります

1.2. 「東向き」のメリット・デメリット

朝日が差し込んで爽やかに目覚めることができるのが東向きのマンションです。冬でも朝に日差しが入り室温が上がり目覚めやすいです。夏場は日中、日差しの入る時間が短いので午後からは比較的涼しく過ごせるのがメリットです。デメリットとしては午後からは日当たりが悪くなるので洗濯物が乾きにくく、部屋の中が暗く感じることです。特に冬場の午後は日が入らず寒いです。

1.3. 「西向き」のメリット・デメリット

西向きのマンションのメリットは冬場夕方に西日で室温が上がり暖かい状態で夜を迎えることができることです。西日は低い位置から差し込むので部屋の奥まで届き冬ならばその暖かさで暖房費も節約できます。そして、昼から西日があたるので洗濯物は午後から干しても乾きます。デメリットとしては夏場は昼以降、西日が強く室温が高くなりとても暑くなることです。しかし、これは日よけで対策することもできます。朝は日差しが入らず暗いです。しかし、きれいな夕焼けが楽しめるのは西向きです。

1.4. 「南向き」のメリット・デメリット

日本人に一番人気なのが南向きのマンションです。日当たり良好で冬も室温を高く保てるため、暖房の使用を抑えることができます。一日中を通して日差しが差し込み、日中は電気をつけなくてもよいのが南向きです。日当たりのよさから洗濯物の乾きもよいです。デメリットとしては他の方角に比べて賃料が高い、日差しによる家具や書籍の傷みが起こる、高層階の場合は夏場は非常に暑くなるということです。

  • 南向きが人気
  • 方角で賃料に差
  • 不人気なのは北向き

2. マンションの方角を生活スタイルで選ぶ

マンションの方角を選ぶときにはあなたのライフスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。南向きの人は日中家にいる人、夜に活動する人は西向き、朝に家事を終わらせる人は東向き、日中外出している人には南向きがおすすめです。

2.1. 家で過ごす時間が長い人は「南向き」がおすすめ

南向きのマンションは日中日差しが入る時間が長く、部屋の中も電気なしでも明るいのが特徴です。日中、家にいる時間が長い人にはおすすめの方角です。日当たりが良いので洗濯物も乾きやすく洗濯物が多い家族で住んでいる人にもおすすめ。冬場も日差しが入りやすく部屋を暖かく保てるため寒がりな人にもおすすめです。ベランダで植物を育てている人や家庭菜園をしている人も日当たりのよい南向きが良いでしょう。

また、将来、売却するときにも南向きは人気があるので他の方角に比べて売却しやすいです。しかし、日中は仕事や学校で家には誰もいないという場合は、賃料も高いので南向きにこだわる必要はないかもしれません。

2.2. 夕方〜夜にかけて行動する人は「西向き」がおすすめ

夜、帰宅が遅い人や仕事をしている人、朝、起床が遅い人におすすめなのが西向きのマンションです。西向きのマンションは午前中は日差しが入りにくく、日当たりが良くなるのは午後からなので朝はゆっくり眠れます。冬場は午後から差し込む西日で部屋は暖かくなり暖房費も抑えることができます。部屋が暖かいまま夜を迎えることができるので夜に部屋で活動する人にもおすすめの方角です。しかし、夏の西日はとても強く部屋の中がかなり暑くなるので、夏の日中家にいる人にはおすすめできません。

2.3. 朝に家事を終わらせる人は「東向き」がおすすめ

東向きのマンションは朝日が差しこむので朝早くから起きて活動する朝型の人に向いている方角です。仕事をしていて朝のうちに洗濯物を干して仕事にむかいたい人にはおすすめの方角です。午後からは日差しが入りにくくなるので午後から出掛けることが多い人にはぴったりです。また、寝起きの悪い人にもおすすめです。なぜなら東の低い位置からさす朝日は部屋の奥まで入りやすく、体が朝日を浴びることで目覚めやすくなるからです。朝、規則正しく起きることができるので体調管理をするにもおすすめの方角です。

2.4. 日中外出している人は「北向き」がおすすめ

北向きのマンションは日当たりはあまりよくありません。しかし、日中は仕事で出掛けて不在にしている人にはぴったりの方角です。また、日差しによるフローリングや家具、書籍の傷みもないので日差しによる物の劣化がきになる人は北向きが良いでしょう。他の方角よりも人気がないので家賃は低めに設定されていることが多いです。お金を節約したい人や学生などにはおすすめの方角です。また、洗濯の乾燥には乾燥機を使い日差しを気にしない人には賃料が安い分お得な方角です。

  • 生活スタイルで選ぶ
  • 活動時間で選ぶ
  • 家賃でも選べる


3. マンションの購入するときに角度を考慮する点

マンションは建っている方角によりマンションの価格や人に影響を与えます。方角により日当たりも違いますし、風水では方角がその人の運勢に影響するとされています。

3.1. 太陽の光が入るか考慮する(日当たり)

マンションの購入を考えているとき方角を調べる人も多いのではないでしょうか。これは方角によって日当たりが変わるからです。南向きだと日中とおして日差しが入りやすく、部屋の中が明るいのが特徴です。東向きは朝日を受けて午前中から日が差し込みます。西向きなら午後から西日が部屋に差し込みます。そして、北向きは日当たりが悪いのが特徴です。

方角を見て日当たりのよさからマンションの部屋を選ぶ傾向があるのでマンションの価格もそれに影響されています。マンションを選ぶときには日中、人が家に長時間いるのか。朝は早く起きるのか。住む人のライフスタイルに合わせて方角を選ぶと良いでしょう。また、将来マンションを売却する時にも方角は影響してくるので後の売却時のことも考えて選ぶとよいかもしれません。

もし、今住んでいるマンションから他のマンションへ住み替えを考えているのなら、あなたの今所有しているマンションの価格を調べてみると良いかもしれません。自宅で簡単に査定を依頼できるサービスもあります。イエウールの一括査定なら、自宅にインターネットがあれば60秒の簡単な入力であなたのマンションの査定を依頼することができます。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/https://ieul.jp/

3.2. 風水面を考慮する

風水では北と西が”陰”を表し、東と南が”陽”を表します。そのため、北東と南西は”陰陽”の境目で不安定な方角とされています。北東を鬼門、南西を裏鬼門となります。そして、間取りで住人の運勢に影響を与える家相を参考にしながらマンションを選ぶ人もいます。マンションの方角により間取りも変わってくるので、方角を見ながら風水的な間取りを考えて部屋を選ぶことになります。家の家相も気になりますが参考程度にとどめ、いかに住む人が快適に過ごせるかにポイントをおいてマンションを選ぶことをおすすめします。

東西南北の方角におけるメリット・デメリット

マンションを選ぶときに気になる方角は東西南北それぞれにメリットもデメリットもあります。それらはあなたの家で過ごす時間帯や過ごす時間の長さなどを考えながら選ぶことができます。また、朝から活動したい人、夜起きて仕事をしなければならない人、日中、家で家事や仕事をしなければならない人などそれぞれ人によって家で活動する時間が違います。自分の生活スタイルや仕事の状況などを考えて方角を選ぶことで家の中で快適に過ごせるようになります。また、方角により賃料も変わりますので節約のために低めの賃料の方角を選ぶこともできます

  • 日当たりを優先
  • 風水の影響もあり
  • 生活に合わせる

4. マンションの方角ごとの価格はいくら?

マンションの価格はさまざまな要素から設定されています。例えば、方角、階数、部屋の位置、間取り、近隣建物が眺望や日差しを遮っていないか。これらの要素をすべて合わせて考えて設定されています。特に日本人は日当たりと眺望のよい部屋を好みます。方角では南向きが一番人気で次に、東向き、西向き、北向きと続きます。価格もそれにならって人気順に南向きが一番高く設定されています。そして、北向きが一番人気がなく他に比べて低めの価格設定となっています。

このようにマンションの価格は方角に影響されるため自分の好みの方角を優先するか、価格を優先するかは同居する人がいるのかや住む人のライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。また、将来売却する予定があるのであれば、その時により高く売れるマンションを選ぶのも1つの方法です。

マンションを売却するときも方角によって売却価格が変わってきます。やはり、需要があるほど高値で売却することができます。もし、南向きのマンションを所有しているなら北向きのマンションに比べて、高めで売却することができます。

マンションの売却をするならイエウールの一括査定が便利です。イエウールなら全国の1,600社の厳選された不動産会社があなたの部屋の査定を行います。一度に最大6社まで依頼できるのでよりマンションの売却に優れた不動産会社を選ぶことができます

【導入リンク:イエウール

  • 方角で価格は変わる
  • 南向きが高値
  • 売却ならイエウール

5. 部屋の方角による購入・売却価格の違いがある

マンションの部屋の売却は部屋の方角で売却価格が変わります。より高く売却するためにはマンションの売却が得意な不動産会社を見つけることが重要です

5.1. 方角で変わる売却価格をより知るのには複数社への査定が全て無料のイエウール

マンションの売却価格はマンションの部屋の方角が影響します。もし、あなたがマンションを住み替えなどで売却を考えているのならどれくらいの価格で売却できるのか知りたいですよね。あなたの所有しているマンションがどれくらいの価値があるのか知りたいときには不動産の一括査定が便利です。

一括査定ならイエウールがとても便利です。全国1,600社の厳選された不動産会社の中から一括査定であなたのマンションの売却に適した不動産会社を選ぶことができます。自宅にインターネットがあれば60秒の簡単な入力で一括査定を無料で依頼することができます。

マンションの売却を考えているのならイエウールの一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。あなたのマンションをより高値で売却できる不動産会社を見つけることができます。

【60秒】イエウールで最大6社の無料査定 → https://ieul.jp/https://ieul.jp/

関連記事この記事のあとによく読まれています

マンション買い替えで失敗しないための5つの注意点とは⁉

多くの人がマンションの買い替えは未経験者でしょう。そんな未経験の方が、知識や情報がない中で売却を進めてもなかなか上手くはいきません。この記事では買い替えで失敗しないために絶対に知っておきたい5つの注意点を解説していきます。

マンションの住み替えを成功させるコツ【手順・費用・ローンまで徹底解説!】

マンションからの住み替えでは、同時進行で売却と購入を考えなければなりません。タイミングやローンの問題など、知識があるのとないのでは手元に残る資金の額が大きく変わってきます。住み替えを賢く成功させるためのポイントを押さえておきましょう。

中古マンションの買い時はいつか。これから価格は安くなるか。

最近は、中古マンションが人気です。新築は高くて手が出ないという人が、中古マンション市場に流れてきているので、価格は中古でも高止まりしている傾向にあります。2018年がピークでその後は価格が下がるなどという噂もありますが、本当でしょうか。

マンションの間取りを考える。理想の住みたい家に住むためには?

マンションの間取りが気に入らなくても、すぐには住み替えられないという経験は誰にでもあります。しかし、間取りについて知識を持つことで、次の間取りを決めるときに失敗が少なくなります。意外と知らない間取りの決めかたについて学んでいきましょう。

マンションの築年数からみる売却・購入時に注意するべきポイント

マンションに住んでいる人やマンション購入を検討する人が気になるのが、マンションへの住み替えのタイミング。マンションは築年数を知ることが重要と言われています。そこで、今回は、マンションの築年数のポイントについて説明していきます。

イエウールで「売る」あなたの不動産の売却に強い不動産会社をご紹介

不動産会社の所在地がある都道府県をクリックしてください。
イエウールでは、各都道府県の査定に強い不動産会社一覧をチェックすることができます。

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step1
step2
step3
step4

提携数は全国1800社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
あなたの不動産いくらで売れる? 最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!