3人家族におすすめの間取りや部屋の広さを分かりやすく解説

ライフスタイルによって理想の間取りは変わる

3人家族で生活するためには、どんな間取りが最適なのかを考えましょう。
マイホームを購入する際、必要以上に広い物件を選ぶとメンテナンスなどが大変です。

反対に狭すぎる物件、部屋数の少ない物件を選ぶと生活しにくくなってしまいます。
ベストな間取りや広さを考えて、理想の暮らしができる物件を選んでください。

査定で分かるのは、価格だけじゃない
査定で分かるのは、価格だけじゃない

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

※家を買いたい方必見!スマホで完結!無料会員登録で未公開含む優良物件情報が届きます。

3人家族におすすめの間取り

3人家族におすすめの間取りを紹介します。
子どもが小さいうちは収入も少なかったり、ライフプランが定まっていなかったりするケースが多く、家賃の安いコンパクトな部屋でも問題ありません。
しかし子どもが成長したときのことや、家族の形の変化に応じた場合の住み替え、賃貸から購入に切り替えることも考えておかなければなりません。

それぞれの間取りの特徴と、どんな形の家族におすすめなのかをチェックしてみてください。

子どもが小さいなら1LDK

1LDKは基本的に一人暮らし、または夫婦二人暮らしに向いている間取りです。
一人暮らしの頃や同棲していた頃、新婚の頃からそのまま1LDKに住み続けているというケースも多いでしょう。

ですが子どもが産まれると、ベビーベッドや子どもの遊び道具などで部屋が一気に手狭になってしまいます。
1LDKでは住みにくいと感じることが多くなるでしょう。

子どもがまだ小さく、慣れない家事や育児でバタバタしている間は今のままでもいいかもしれませんが、今後より生活のしやすい間取りを考えている場合は2LDK以上を選びましょう。

賃貸なら2LDKもおすすめ

将来物件の購入を考えているものの、まだ子どもが小さくどのようなライフプランになるかわからないという場合は賃貸の2LDKでも十分です。
2LDKになると個室が増えるため、夫婦の寝室と子ども部屋を作れます。

家族でゆったり過ごせる広々としたリビングのある間取りがおすすめです。
将来、子どもが増える可能性がある場合は広い部屋を子ども部屋にし、家具が増えてもいい、スクリーンなどで仕切れるなどの用意をしておきましょう。

両親と一緒に暮らす可能性がある場合や趣味や仕事の荷物が多い場合は2LDKでは十分なスペースを確保できません。
将来住みかえる場合はより部屋数が多く、専有面積の広い物件を選びましょう。

将来を考えるなら3LDK

3人家族にもっともおすすめなのが3LDKの間取りです。
子ども部屋、夫婦の寝室を確保でき、もう一つの部屋の使い道を考えられます。

子どもが増えたときに子ども一人ひとりに部屋をあてがう、趣味や仕事の部屋にする、物置として使う、来客用に使う、さらに将来両親と生活するために使うなど、家族の形に合わせて臨機応変に使い分けましょう。

3LDKなら広さも十分で、特別に荷物が多い、家具が大きいなどの理由がない限りは満足な生活ができます

家族が増えるかもしれないなら4LDK以上

今後もっと家族が増える可能性がある、両親と暮らす可能性が高い場合は4LDK以上の間取りを選ぶ必要があります。
一般的なマンションや賃貸アパートには4LDK以上の物件は少なく、戸建てを選ぶことになります

夫婦の寝室を分ける、書斎や趣味のスペースを作る、子ども部屋を分けるなどさまざまな工夫ができ、より自由度の高い暮らしができます。
荷物が多い場合も4LDK以上あれば収納スペースも十分で、入りきらない分を一つの部屋にまとめてウォークインクローゼットのように使うこともできます。

書斎のある家の間取り・レイアウトのポイントを徹底解説

部屋が多いとその分、家賃や光熱費も高くなり、掃除やメンテナンスも大変になります。
部屋数が多い方がさまざまな家族に対応しやすいですが、本当に必要かどうかを十分に検討しましょう。

3人家族が住むのに最適な広さ

3人家族が住むのにはどれくらいの広さの物件が最適なのかを考えます。
国土交通省の「住宅基本計画」から、家族の数に応じた住宅の広さの目安を見てみましょう。[注1]

部屋数が少なくても、広い物件であれば工夫次第でさまざまな使い方ができますが、部屋数が少ない物件はその分面積も狭いものが多いです。
間取りだけでなく広さの面からも物件をチェックしてみてください。

[注1]国土交通省|「住宅基本計画」
https://www.mlit.go.jp/common/001392030.pdf

戸建て住宅なら100平方メートル以上

戸建て住宅の場合、100平方メートル以上あると住みやすいとされています。
戸建て住宅の平均的な広さは125平方メートル程度です。

3LDK以上の物件が多く、十分にゆとりのある生活ができるでしょう。

反対に戸建て住宅であっても100平方メートル以下の広さしかない物件だと窮屈で生活のしにくさを感じてしまうかもしれません。
部屋数や間取りとともに面積もチェックすることを忘れないようにしてください。

マンションなら75平方メートル以上

マンションの場合は75平方メートル以上が住みやすい広さの目安とされています。

マンションの場合は戸建て住宅のように長い廊下がなかったり、階段がなかったり、庭がなかったりする分専有面積も小さくなります。
ですが部屋数、各部屋の広さは戸建て住宅とあまり変わらないことも多いです。

各部屋の広さは十分か、ベランダやバスルームなどの面積はどれくらいかなどもチェックして、生活する上で窮屈さを感じない物件を選びましょう。

子ども部屋には広めの部屋を

各部屋は当然広さが違いますが、子ども部屋には広めの部屋をあてがうのがおすすめです。
子どもが小さいうちはベッドやおもちゃなどで散らかりやすく、ものも増えがちです。

収納スペースが十分にないと他の部屋まで影響が出てしまいます。
また、今後子どもが増えないとも限りません。

十分に広い子ども部屋であれば、ベッドや学習机を二つ置いても十分にスペースを利用できます
反対に夫婦の寝室はコンパクトな部屋で十分なように、荷物や家具を増やしすぎない工夫が必要です。

3人家族の間取りを考える際のポイント

3人家族には3LDK以上の間取りがおすすめですが、それ以外でもきちんと活用方法を考えれば十分に生活ができます。
物件を選ぶ際にどんな点について考えて選べばいいのかをチェックしてみましょう。

自分たちはどんな暮らしをしたいか、どんな物件が最適かを話し合って決めてください。

何をベースに間取りを決めるか考える

家賃の都合、将来のライフプランの設計によっては2LDKか3LDKか迷っている家族も多いです。
そんなときは何をベースにして間取りを決めるかを考えましょう。

夫婦の寝室を一緒にする、子どもは一人で十分という場合はコンパクトな2LDKで十分です。
部屋数が少ない分リビングが広い間取りを選べば、家族が一つの場所に集まりやすく、家族団らんの時間を満喫できるでしょう。

家族の絆を感じられる家に住みたいなら2LDKなどの必要最低限の間取りがおすすめです。

ですが、家族それぞれのプライベートな空間を作りたい、趣味や仕事を家で楽しみたいという場合は3LDK以上が必要でしょう。
家族一人ひとりの生活をベースにするなら部屋数の多い間取りを選んでください。

将来の家族の形を見越して考える

今は子どもが小さくて部屋数の少ない間取りで十分でも、将来子どもが成長したときにはそうはいきません。
子どもが勉強に集中できる、プライバシーを確保できるように子ども部屋を作る必要があります。

子どもが成長して家を出た場合は子ども部屋をどう活用するのかも考えておきましょう。
書斎や趣味の部屋、そのまま残しておくなど、さまざまな使い道があります。

また、両親と同居することになる可能性も考慮しなければなりません。
その場合は部屋がもう一つ必要になるため、同居の可能性が高い場合は余裕をもった間取り選びをしましょう。

趣味の部屋や仕事の部屋が必要か考える

楽器やゲームなどを十分に楽しむための専用の部屋がほしい、ゆっくり読書など自分の時間を過ごせる書斎がほしい、在宅勤務のための仕事用の部屋がほしいなど、家族の働き方や過ごし方によっては、寝室と子ども部屋以外にも部屋が必要になる可能性があります。

新型コロナウイルスの影響により在宅での仕事が増えたという場合は、このような点も考慮して余裕のある間取りを選びましょう。

家具の大きさや荷物の量と収納スペースを考える

現在住んでいる物件から住み替える場合は、使っている家具の大きさや現在の荷物の量を考慮したうえで物件を選びましょう。
大きな家具がたくさんある場合は間取りに余裕があっても面積が狭い部屋では家具が入らない、余裕のある生活ができないという問題を抱えてしまいます。

荷物が多い場合は部屋の間取りの中にどれだけ収納スペースがあるかを確認する必要もあります。
間取りは十分でも収納スペースが少ない物件はたくさんありますので注意しましょう。

ウォークインクローゼットのある間取り、各部屋にたっぷりの収納スペースがある間取りの物件がおすすめです。

来客用の部屋は必要か考える

親戚、両親が頻繁に訪れる可能性が高い場合は来客用の部屋が必要です。
友人を招くことが多い場合も専用のゲストルームを用意しなければなりません。

最低限の間取りでは足りなくなってしまうので、もう一つ部屋の多い間取りを選びましょう。
ですが来客の頻度が低い場合であれば寝室に簡易ベッドやマットレスを敷くなどで十分対応できるでしょう。

来客がないときはその部屋をどのように使うかも考える必要があります。
物置きにする、趣味の部屋にするなど、別の活用方法もできるようにしておくと無駄のない間取り選びができます。

3人家族で住むなら賃貸・購入どちらがいいか

3人家族で物件を選ぶ場合、賃貸にするか購入するかは重要なポイントです。

それぞれにどんなメリット、デメリットがあるのかを確認し、ライフプランに合わせた計画を立てましょう。

子どもが小さいなら賃貸

まだ子どもが小さい、ライフプランが定まっていない場合は賃貸がおすすめです。
いきなり購入してしまうと、あとから不便を感じたり、仕事が転勤になり、購入した物件とは別に賃貸を借りなければならなくなったりという問題が出てきます。

子どもが小さいうちは家賃が安く、気軽に住み替えやすい賃貸を選びましょう。
その後、子どもの成長に合わせてさらに広くて部屋数の多い間取りの賃貸に引っ越すか、物件を購入するかを検討するのがおすすめです。

基本的には仕事で転勤する可能性が低い、子どもの通う小学校や中学校が近くにあるなど、ライフプランがある程度決まってきてから購入に踏み切るのがいいでしょう。
賃貸住宅よりも戸建て物件や分譲マンションの方が専有面積が広い、収納スペースが多いなどのメリットもありますので、賃貸で満足のいく物件を見つけられない場合は購入も検討しましょう。

早めに購入するのもおすすめ

ライフプランが決まり、この場所に住みたい、こんな家に住みたいという具体的な理想が決まったら賃貸ではなく購入を選択するのがおすすめです。
早めに購入すれば、住宅ローンも早く返済でき、生活に余裕を持てます。

住宅ローンは40代くらいまでに組み終わった方が資金計画を立てやすいとされていますので、いつまでも家賃を払い続けるよりも早めに物件を購入してしまうという選択肢も視野に入れておきましょう。

購入してしまうと住み替えは容易ではありません。
子どもが自宅から遠い高校に通うことになった、仕事場所が変わってアクセスが不便になった、両親などと同居することになって部屋が足りないなどの問題が発生する可能性も十分にあります。

焦らずに、今後のこともよく考えて最適なタイミングで購入に踏み切りましょう。

3人家族に最適な間取りと広さを確認しよう

3人家族に最適な間取りと広さについて解説しました。

3人家族の場合は3LDK以上の物件がおすすめですが、使い方によってはそれ以下でも十分に対応できます。
間取りだけでなく、余裕のある生活ができる広さかどうかもきちんと確認することを忘れないようにしましょう。

物件を選ぶ際は間取りや広さだけでなく、どんな過ごし方をしたいのか、将来家族の形がどう変化する可能性があるのかを視野に入れて考える必要があります。
とくに賃貸ではなく購入の場合は一度購入したら住み替えは難しいので、より慎重に理想の物件を選びましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目
完全無料
【完全無料】うちの価格いくら?