横浜市栄区の不動産売却査定・相場

栄区の不動産売却に強い会社に一括査定依頼

step1
step2

イエウールはネット上から無料で栄区の不動産売却の査定を依頼できます。
急いでマンション、一戸建て、土地などの不動産売却を決めてしまう前に、一括査定で栄区の不動産売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

栄区専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2

イエウールはネット上から無料で栄区の不動産売却の査定を依頼できます。
急いでマンション、一戸建て、土地などの不動産売却を決めてしまう前に、一括査定で栄区の不動産売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

栄区の提携不動産会社一覧

イエウールなら最大6社に一括査定依頼が可能です。より高く売れる不動産会社探しにお役立てください。

  1. エリアの特徴をまとめてるから読んでみてね!

栄区で不動産を売却するときの基礎知識

売却価格と地価を知って相場観を養おう!

栄区の地価推移

平米単価
円/㎡

坪単価
円/坪
前年・
円/㎡
(坪単価  円)
5年前・
円/㎡
(坪単価  円)

単位(万円/㎡)
神奈川県栄区
※ 本データは国土交通省「地価公示データ」、及び「都道府県地価調査データ」の情報を元にイエウール編集部が作成しています。

全国の空き家率と比較してみたよ!地域によっても空き家率は変わるんだよ!

栄区の空き家率

栄区
計算中...
%

神奈川県全体
計算中...
%

単位(%)
神奈川県 栄区
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)

相場、地価推移、空き家率、人口動態を総合的に判断して相場感を養おう!

栄区の人口・世帯数の推移

単位(人)
人口 世帯数
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)

横浜市栄区では、世帯数は増えている一方で、空き家は減っている

では、横浜市栄区の不動産売却の市況から解説します。
まず、日経新聞によると、神奈川県内の住宅地価は政令指定都市や都心へのアクセスが良い場所で上がっています。横浜市では、中心地の神奈川区や西区、中区は2%、都心への交通利便性が高い港北区や鶴見区の地価が上がっており、根強い人気があります。
ただし、磯子区・栄区の地価は横ばいとなっており、市の関係者の話では、「移動にバスを使わざるをえない地域では、高齢化により需要が減っている」と分析しているとのことです。

なお、横浜市営地下鉄は2030年に「あざみ野~新百合ヶ丘」間を延伸予定のため、利便性が高まり人気が上がる可能性はあります。

国交省の「都道府県地価調査」によれば、横浜市栄区の住宅地の価格の前年比の変動率は、2018年は+0.4%、2019年は+0.3%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では上がり続けています。

また、横浜市栄区での不動産の価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 横浜市栄区の世帯数は2016年に55,174世帯でしたが、2018年に55,348世帯となり、174世帯(0.3%)が増えているため、住宅需要も増えていると言えます。
  • 横浜市栄区の空き家率は、2013年に10.3%、2018年に6.5%と減っているので、空き家は更に増えたと言えます。
    (なお、空き家率の全国の約1,900の市区町村での順位は、2013年は963で、2018年には1265でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては高く売れる可能性が高まると言えます。

栄区では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、横浜市栄区での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
横浜市栄区の世帯数は2015年に55,174世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は24店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数は約4.3店舗といえます。
これは全国では393位で、この地域は不動産会社が過剰なので、いい不動産会社を選ぶのが大変と言えます。

とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、不動産売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。

※ 国土交通省「都道府県地価調査データ」総務省統計局「住宅・土地統計調査」、及び「経済センサス」国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとにイエウール編集部が作成しています。

栄区の最新売却動向

まずは栄区の売却動向を簡単に掴んでいきましょう!
以下は栄区で取引されている物件の最新の売却情報で、「売却価格」「専有面積」「築年数」は2019年第1四半期〜2019年第4四半期の平均値、「取引件数」は同期間の合計件数となっております。
前半期と比較して、マンションと一戸建ては上昇、土地は下落いたしました。保有している不動産が土地の場合は、再度上がるタイミングを待つか、逆に早めに売却することをおすすめします。

マンションの売却動向

今半期前半期差分
売却価格2,633万円2,353万円279万円 ↑
取引件数10件30件20件 ↓
専有面積73㎡68㎡5㎡ ↑
築年数27年24年3年 ↑

一戸建ての売却動向

今半期前半期差分
売却価格4,304万円3,123万円1,181万円 ↑
取引件数23件38件15件 ↓
専有面積217㎡145㎡72㎡ ↑
築年数14年16年2年 ↓

土地の売却動向

今半期前半期差分
売却価格2,375万円2,710万円334万円 ↓
取引件数13件11件2件 ↑
専有面積179㎡221㎡42㎡ ↓

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

物件種別毎の不動産売却価格

売却価格は様々な項目から決められますが、特に「築年数」「広さ」が与える影響が大きいです。
そこで築年数×広さで平均売却価格を算出いたしました。保有している不動産に近い条件で相場を確認してみてください。

保有している不動産の売却相場はイメージできましたでしょうか?
「もっと詳しく売却相場を確認したい!」という方は、物件種別毎に売却に関する情報をまとめたので以下をご覧ください。

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

不動産の売却価格を調べる方法

ここまで不動産の売却相場をまとめてきましたが、不動産売却に向けてより正確な売却価格を知りたい場合は不動産会社に査定を依頼しなければ把握することができません。
そして査定依頼するためには、1件ずつ不動産会社に依頼するのは非効率ですので一括査定がおすすめです。
イエウールでは、専用ページから都道府県・物件種別などの必要情報を入力するだけで、最大6社までの査定を受けられます。複数社と比較できるので、もっとも高い査定額の会社を選べます。しかも査定依頼に、費用は一切かかりません。
大手から地元密着型の不動産会社まで全国1600社以上と提携し、利用者からクレームの多い会社は、排除する仕組みも設けているので安心です。
より高く、そしてスムーズに売却するためにイエウールをお役立てください。

イエウールが選ばれる4つのポイント

  • ポイント1ネット上で査定依頼!

    ポイント1
    ネット上で不動産の無料一括査定が可能!
    今までなら複数の不動産会社まで足を運んでいましたが、イエウールではインターネットさえあれば自宅で一括査定を受けることが可能です。
  • ポイント2全国1600社以上に対応!

    ポイント2
    国内の大手不動産会社はもちろんのこと、地元密着型の優良不動産会社など、全国の厳選1600社以上から選択し、お客様に最適な査定価格を提案します
  • ポイント3最大6社と比較!

    ポイント3
    素人では1社のみの不動産査定金額が高いかどうか見当が付きません。そこで複数社と比較することが大切です。売却価格に100万円以上差がつくこともよくある話です。
  • ポイント4悪徳企業は排除!

    ポイント4
    お客様からのクレームの多い企業は、イエウールが契約を解除することができるため、優良な不動産会社が集まっています。

初めての方へ

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。