目黒区の不動産売却・査定ならイエウールにお任せください

不動産売却は一括査定が断然オススメな理由
不動産売却は一括査定が断然オススメな理由
1社だけの査定では、査定結果が妥当な価格かどうか判断できずに数100万円以上も安く売れて損をする可能性もあります。

イエウールが2000社の中からあなたにピッタリの会社を紹介!

不動産査定・イエウール
目黒区の不動産売却に強い会社に一括査定依頼する
step1
step2
イエウールなら、ネットで一括査定ができる
  • STEP 1
    ネットで解答
    イエウールならネットで一括査定ができる
    査定したい物件とお客様の情報を入力。
  • STEP2
    査定を一括依頼
    イエウールならネットで一括査定ができる
    1回の入力で、評判と実績のある2,000社以上の会社からあなたのエリアに強い不動産会社最大6社に一括で査定を依頼。
  • STEP3
    結果を比較
    イエウールならネットで一括査定ができる
    数日以内に査定結果と地域の売却相場をお届け。査定額の根拠を確認しながら、最大6社の不動産会社を比較して、売り出す場合は契約へ。

イエウールが2000社の中からあなたにピッタリの会社を紹介!

不動産査定・イエウール
目黒区の不動産売却に強い会社に一括査定依頼する
step1
step2

目黒区の提携不動産会社一覧

イエウールなら評判を比較しながら、最大6社に査定依頼が可能です。信頼できる不動産会社探しにお役立てください。

エリアの特徴をまとめてるから読んでみてね!

目黒区で不動産を売却するときの基礎知識

売却価格と地価を知って相場観を養おう!

目黒区の地価推移はどうなっている?

平米単価
円/㎡

坪単価
円/坪
前年・
円/㎡
(坪単価  円)
5年前・
円/㎡
(坪単価  円)

単位(万円/㎡)
東京都目黒区
※ 本データは国土交通省「地価公示データ」、及び「都道府県地価調査データ」の情報を元にイエウール編集部が作成しています。
データ更新月: 2019年10月
データ調査期間: 1999年 〜 2019年

全国の空き家率と比較してみたよ!地域によっても空き家率は変わるんだよ!

目黒区の空き家率はどのくらい?

目黒区
計算中...
%

東京都全体
計算中...
%

単位(%)
東京都目黒区
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)
データ更新月: 2019年10月
データ調査期間: 1993年 〜 2018年

相場、地価推移、空き家率、人口動態を総合的に判断して相場感を養おう!

目黒区の人口・世帯数の推移どうなっている?

単位(人)
人口 世帯数
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)
データ更新月: 2021年08月
データ調査期間: 1980年 〜 2015年
目黒区で不動産の売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、不動産の売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元での不動産売却の市況と、不動産売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

目黒区では、世帯数は増えている一方で、空き家は減っている

では、目黒区の不動産売却の市況から解説します。
まず、目黒区の「目黒区都市計画マスタープラン」によると、目黒区は20~30代の人口が多い地域です。目黒区内の大半の地域では夜間人口よりも昼間人口が少なく、世帯の平均年齢も低いことから、目黒区では家を借りて区外に働きに出る暮らし方が多いと言えます。
目黒区は渋谷・恵比寿へのアクセスが良く、また渋谷は近年では多くのIT企業が本社を構えていることから、ある種のベッドタウン的な側面も持つ目黒の地価は底堅いでしょう。

一方で、目黒区では小規模の開発や老朽化したビルが多く、人気の住環境が今後も維持されるかどうかは注視する必要があります。

国交省の「都道府県地価調査」によれば、目黒区の住宅地の価格の前年比の変動率は、2018年は+3.8%、2019年は+4.2%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では上がり続けています。

また、目黒区での不動産の価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 目黒区の世帯数は2016年に151,257世帯でしたが、2018年に154,592世帯となり、3,335世帯(2.2%)が増えているため、住宅需要も増えていると言えます。
  • 目黒区の空き家率は、2013年に16.3%、2018年に9.8%と減っているので、空き家は更に増えたと言えます。
    (なお、空き家率の全国の約1,900の市区町村での順位は、2013年は262で、2018年には1065でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては高く売れる可能性が高まると言えます。

目黒区では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、目黒区での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
目黒区の世帯数は2015年に151,257世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は275店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数は約18.2店舗といえます。
これは全国では124位で、この地域は不動産会社が過剰なので、いい不動産会社を選ぶのが大変と言えます。

とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、不動産売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。

※ 国土交通省「都道府県地価調査データ」総務省統計局「住宅・土地統計調査」、及び「経済センサス」国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとにイエウール編集部が作成しています。

イエウールが2000社の中からあなたにピッタリの会社を紹介!

不動産査定・イエウール
目黒区の不動産売却に強い会社に一括査定依頼する
step1
step2

イエウールが2000社の中からあなたにピッタリの会社を紹介!

不動産査定・イエウール
目黒区の不動産売却に強い会社に一括査定依頼する
step1
step2
【完全無料】うちの価格いくら?