独身でマンションを購入したい!後悔しないためのポイントを徹底解説

マンション

独身でマンションの購入を検討し始める人が増えています。おひとりさまが増えている現在、独身でも早めにマンションを購入しておくことには様々なメリットがあります。

しかし、独身でマンションを購入したことを後悔している人もいるのは事実です。

この記事では、独身でマンション購入を考えている人のために、どのような場合にマンション購入を後悔することが多いのか、後悔しないマンション購入をするための大切なポイントをお伝えします。

独身でマンション購入を検討している方は必見です。

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか? 一括査定サービス「イエウール」なら完全無料で、複数の不動産会社に査定してもらえます。

独身でマンションを購入した人の割合

独身でマンションを購入した人の割合

独身でマンション購入をしても大丈夫なものかどうか、色々な不安を抱えている方もいるでしょう。そこでまずは、ここ近年の独身のマンション購入状況をお伝えします。

1人世帯のマンション購入推移

平成25年から平成29年までの5年間でのデータを見ると、マンションを購入した人の中で、単身者世帯が購入した割合は、新築マンションの販売戸数の約5%、中古マンションの約10%に当たります。

毎年全国の約45%ものマンションが取引される首都圏においては、新築マンションは毎年7万戸から8万戸程度、中古マンションは3万5,000戸以上取引されています。

首都圏で新築マンションを購入する単身者の方は、約3,500人から4,000人程度、中古マンションを購入する方は3,500人以上いるという計算になります。

女性の購入割合が増えている

特にここ近年の大きな特徴としては、独身の女性でマンションの購入に踏み切る方が増えているという点です。大手不動産会社のマンション購入に関する相談窓口への相談件数のうち、独身女性からの相談が約1割にも及んでいます。

もちろん、相談に来る方の全員が購入に踏み切るわけではありませんが、独身女性でマンション購入に興味を持つ方が増えているのは事実です。独身の女性の方がマンションを購入する理由には、主に次のものがあります。

  • 金利が安いうちに買っておきたい
  • 価値ある資産を手にしておきたい
  • 老後の住居の心配をしたくない

またおひとりさまが増えていることで、引退後に家族に頼れなくなった場合に、賃貸では住む場所を探すのに苦労するという現実も、マンション購入を急がせる理由となっています。

独身のうちにマンションを購入するメリット

独身のうちにマンションを購入するメリット

独身のうちにマンションを購入してしまうことには、様々なメリットがあります。独身でマンションを購入するメリットには、どのようなものがあるのかを詳しくお伝えします。

老後の生活に不安がなくなる

マンションを購入する場合は、多くの方が住宅ローンを利用します。住宅ローンを利用する時には、フラット35などの最長35年間の長期ローンを組むと、支払う総額が増えたとしても、毎月の支払額を抑えることができます。

住宅ローンを借りるには、支払いが終わる時の年齢の制限があります。通常は80歳までに返済が終わることが条件なので、65歳で定年退職してからマンションを購入したのでは、15年間で返済を終えなければいけません。

例えば、30歳で35年ローンを組んでマンションを購入してしまえば、定年の年に住宅ローンの支払いを完済できます。若い独身のうちにマンションを購入してしまうことで、年金暮らしになった時に、ローンの支払いの負担がなくなり、老後の生活に余裕を持てるというメリットがあります。

また、家を借りるのが難しい高齢者になった時の自宅の心配をしなくてもいいというメリットもあります。

いざという時の資産になる

全てのマンションに当てはまるわけではありませんが、マンションの中には資産価値が高いマンションもあります。

今後再開発が予定されている地域の近くに、独身のうちにマンションを購入しておけば、将来的に資産価値が上がり値上がりする可能性もあります。いざという時に、そういったマンションは高額で売却できるのです。

また、利便性の高い立地に単身者用マンションを購入しておけば、自分が将来結婚した時に、そのマンションを賃貸に出して賃貸経営もできます。利便性が高くて確実に借り手がつく物件であれば、給与所得以外の収入源としても期待できます。

特に若い独身者がマンションを購入する時には、将来的な資産価値も見極めた上で物件を選びましょう。

独身のマンション購入で後悔するケース

独身のマンション購入で後悔するケース-タイトル画像

独身でマンションを購入したことを後悔しているという人も、少なくないのが事実です。独身でマンションを購入して後悔しているという人には共通しているポイントがあります

マンション購入を後悔しているという独身の人は、特にどのような点に後悔しているのかお伝えします。

収入が減って返済が難しくなった

独身でマンションを購入したことを後悔している人の中には、収入が減ってしまいローンの返済が難しくなったというケースがあります。

ここ近年、転職する人が増えていますが、転職後の収入が上がらずに以前の収入よりも下がってしまったということも少なくありません。

また、2020年のコロナ禍による大きな社会変化により、職を失ってしまったり、時短勤務や在宅勤務になってしまったことで、毎月の収入が大きく減ってしまったという人も少なくありません。

住宅ローンの審査は、申し込み時点の仕事と収入の状況で審査されます。将来的な仕事や収入の変化は特に考慮されません。

住宅ローンを組んだあと、マンションを購入した時よりも収入が減ってしまい、ローンの返済に困って後悔する人が増えています。

ランニングコストが思っていたよりも高かった

マンションを購入したら、住宅ローンの他にも管理費と修繕積立費を毎月支払う必要があります。修繕積立費は新築時は安く抑えられていますが、築年数が経ち修繕するべき箇所が増えてくるにつれて、値上がりしていきます。

購入価格のことしか頭になかったという人の中には、毎月のランニングコストへの支払いが意外な負担になって後悔しているという声が上がっています。

周辺環境の変化で住みづらくなった

例えば、マンションの新築時には周囲がほとんど開発されていなかったのに、自分が入居後に開発が進んだという場合があります。また、マンションは人の入れ替わりが激しく、隣や同じフロアに入る人がどのような人なのか、入居するまで分かりません。

静かな環境だと思って購入したのに、開発が進んで周囲の環境が騒がしくなったり、トラブルメーカーが入居したことで、何かとマンション内で問題が起こるようになったりといった変化が起きる可能性もあります。

入居時には想定していなかった変化で、住みづらくなってしまったと後悔することもあります。

ライフスタイルの変化で住み続けられなくなった

特に結婚する予定もなければ、独身の時に購入するマンションは単身用を購入するでしょう。しかし、出会いはいつやってくるかわかりません。

生涯独身を貫くつもりだったのに、思わぬ出会いで結婚してしまい、マンションを売却することになったという人もいます。

また、戻ってくる予定のない転勤を命じられて、そのマンションに住み続けられなくなる場合もあります。予想していなかったライフスタイルの変化で、マンションを手放さざるを得なくなったという独身の人も少なくありません。

独身のマンション購入で後悔しないためのポイント

独身のマンション購入で後悔しないためのポイント

独身の方が、マンションを購入したことを後悔するポイントが共通しているのであれば、その後悔するポイントを避けられるように考えて、マンションを購入すればいいのです

マンションを購入したことを将来後悔しないために、どのようなポイントを考えてマンション選びをしたらいいのかお伝えします。

40代前半までに購入する

2020年に起きた社会的な変化はとても大きなものだったので、今後、社会的、経済的な状況がどのように変化するのか分かりません。今はお仕事が堅調であっても、将来的に収入が大きく減少する可能性もあります。

収入が減少しても、毎月の住宅ローンの支払額が低額であれば、何とか頑張って収入が落ち着くまで持ちこたえられるでしょう。独身者がマンションを購入するのであれば、毎月の支払額を最低額にできる35年ローンで購入することをおすすめします。

35年ローンを組むためには、遅くても40歳前半までにマンションを購入しなければいけません。独身でマンションの購入を考えるのであれば、45歳になるまでに購入しましょう。

無理のない借入額を設定する

金融機関の審査を通る借入額の上限は、年収の30%から35%に設定されています。しかし、上限金額まで借りる必要は全くありません。将来的に独身を貫くつもりであれば、住宅ローンの返済は自分で全て責任を負わなければいけません。

自分の健康やお仕事の状況が、現在と同じように続くとは限りません。長い目で見て、確実に無理なく返済できる金額を借り入れましょう。

最新設備の整っているマンションを選ぶ

独身者がマンションを購入するということは、毎日の家事も全て自分で負わなければいけないということです。日々の生活を少しでも楽にできるような設備が整ったマンションを選ぶと、生活するのがとても楽になります。

自分が家にいなくても宅配便を受け取れる宅配ボックスや、24時間いつでもゴミを出せるゴミ置き場、処理が面倒くさい生ゴミをそのまま排水管に流せるシンク下のディスポ―ザーなどがあると、特に家事を代わってもらえない独身者にはとても便利です。

売却しやすいマンションを選ぶ

独身者のライフスタイルは、いつどのように変化するか分かりません。単身者用のマンションを購入した直後に、良い出会いがあって結婚したという方もいます。また、田舎の親の介護のために、実家に戻らなくてはいけなくなるという方もいます。

ライフスタイルの変化があった時に、マンションを持っていることが足かせになってはいけません。資産価値があり、売却しやすい物件をあらかじめ選んでおくことが大切です。立地や駅までの距離などはよく考えて購入しましょう。

マンション購入に後悔しているなら

マンション購入に後悔しているなら

この記事をお読みの方の中には、既に購入してしまったマンションを後悔しているという独身の方もいるでしょう。ここでは、現在所有しているマンションに対する後悔をどうにかしたいという方へのアドバイスをお伝えします。

売却を検討する

マンションを購入したことを後悔しているのであれば、独身の方は売却を検討した方がいいでしょう。家族持ちであれば、自分の決断だけで動けないところがありますが、独身者はフットワークが軽いのが大きなメリットです。

とはいえ、住宅ローンの残債よりも安い価格でしか売却できないオーバーローンとなると大変です。まずは、マンションにどのくらいの価値があるのかを調べて、売却した方がいいのかどうかを検討しましょう。

不動産会社に査定を依頼する

マンションを購入したことに後悔しているのであれば、まずやることはマンションの価値を調べることです。しかし、自分でマンションがどのくらいの金額で売却できるのか調べるのはとても大変です。そこでおすすめなのが、不動産会社に査定を依頼することです。

不動産会社に査定を依頼するだけであれば、何社に依頼を出しても全て無料で査定してもらえます。不動産会社から提示された査定額で確実に売却できるとは限りませんが、どのくらいの資産価値があるのかを調べるための参考にできます。

マンションを売却することが現実的なのかどうかは、査定結果で判断しましょう。

一括査定サービスを利用する

独身の人は仕事や家事をするのに毎日忙しくて、不動産会社を回っている余裕はないはずです。そこで、おすすめなのが一括査定サービスを利用することです。

ここ最近、不動産を売却したい方のための不動産一括査定サービスを行うサイトが増えてきました。売却したい不動産の情報をスマホやパソコンから登録するだけで、簡単にマンションを査定してもらえます。

一括査定サービスはイエウールがおすすめ

一括査定サービスを利用するのであれば、イエウールというサイトがおすすめです。イエウールには、全国各地の良心的で優良な不動産会社が登録されています。正直なところ、登録されている不動産会社の数だけで言えば日本一のサイトではありません。

しかし、他の不動産一括査定サイトと大きく違う点は、イエウールではサイトに寄せられたクレームが悪質だと判断された不動産会社は、こまめに登録を外す努力を行っているところです。

悪徳不動産会社の登録を完全にゼロにすることは難しくても、他のサイトよりもお客様第一で対応してくれる不動産会社に出会える確率は、かなり高いサイトです。

独身の時は資産価値の落ちにくいマンションを購入しよう

独身の時は資産価値の落ちにくいマンションを購入しよう-タイトル画像

ファミリー層がマンションを購入するのとは違い、独身者はいつどのような変化が起こるのかわからない状況で、マンションを購入することになります。

マンションを手放さなくてはいけない状況になった時に、売却したり賃貸に出したりすることが簡単にできるマンションを購入することがおすすめです。

独身でマンションを購入するのであれば、できるだけ資産価値が落ちにくく、いつ何があっても変化に対応できる準備もしておくことが大切です。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?