あなたの不動産はいくらで売れる?まずは一括無料査定で査定金額を比較しよう

不動産査定・イエウール

茨城県の不動産売却に強い会社に一括査定依頼する

step1
step2
step3

はじめての不動産売却のよくある悩み

安心して不動産を売却するためには、
複数社に一括査定依頼して、安心できる不動産会社を選ぶ
ことが大切です。

イエウールならネットで簡単に一括査定を申し込めます!

かんたん登録アイコン
1
かんたん登録
査定したい不動産情報とお客さま情報を入力(入力時間は最短60秒)。
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で茨城県の不動産会社へ一括査定依頼。
査定結果を確認アイコン
3
査定結果を確認
数日以内にメール、電話、またはマイページに査定結果をお届け。茨城県の売却相場がわかります。
不動産会社を比較アイコン
4
不動産会社を比較
査定結果を見て茨城県の不動産会社を比較。査定額の根拠を確認して、売り出す場合は契約へ。

イエウールが選ばれる4つのポイント

  • ポイント1ネット上で査定依頼!

    ポイント1
    ネット上で不動産の無料一括査定が可能!
    今までなら複数の不動産会社まで足を運んでいましたが、イエウールではインターネットさえあれば自宅で一括査定を受けることが可能です。
  • ポイント2全国2000社以上に対応!

    ポイント2
    国内の大手不動産会社はもちろんのこと、地元密着型の優良不動産会社など、全国の厳選2000社以上から選択し、お客様に最適な査定価格を提案します
  • ポイント3最大6社と比較!

    ポイント3
    素人では1社のみの不動産査定金額が高いかどうか見当が付きません。そこで複数社と比較することが大切です。売却価格に100万円以上差がつくこともよくある話です。
  • ポイント4悪徳企業は排除!

    ポイント4
    お客様からのクレームの多い企業は、イエウールが契約を解除することができるため、優良な不動産会社が集まっています。

初めての方へ

ご利用者様の感謝の声“使ってみて良かった”のお言葉をいただいています

なんとなく興味本位で査定した我が家が2,800万円で売却できました。1年間売れなかった築40年の一戸建てがたった1ヵ月で売却。

茨城県の提携不動産会社一覧

イエウールなら評判を比較しながら、最大6社に査定依頼が可能です。信頼できる不動産会社探しにお役立てください。

エリアの特徴をまとめてるから読んでみてね!

茨城県で不動産を売却するときの基礎知識

年間の不動産取引件数

2013年の茨城県の不動産取引件数は約32,000件で、県庁所在地である水戸市で多くの不動産取引が行われており、約3,400件です。そのほかにつくば市で約2,700件、土浦市で約1,500件、古河市の約1,500件の不動産取引が行われています。水戸市内の中心部では不動産の需要が高まっているため、マンション売却を検討する方が増加しています。しかし、郊外では多くの住宅が建設されましたが、需要が低いためそれほど不動産取引が行われていません。

坪単価について

茨城県の2013年の平均坪単価は12.1万円で、前年比0.82%となっています。中でも守谷市の29.6万円、水戸市の19.9万円、つくば市の19.5万円となっており、坪単価のトップ3となっています。守谷市とつくば市はそれぞれ高い坪単価ですが、これはつくばエクスプレス線の開通が大きな影響を与えており、つくばエクスプレス線沿線は不動産価値が上昇しているため不動産売却を検討する方が増加しています。

過去の不動産取引の傾向

これまでの茨城県は、県庁所在地である水戸市を中心に不動産取引が行われていました。しかし、つくばエクスプレス線が開通したことで人の行き来が増加し、守谷市やつくば市で不動産取引が行われています。こういったエリアは東京のベッドタウンという面が強いため、今後も地価が上昇すると考えられています。

売却価格と地価を知って相場観を養おう!

茨城の地価推移はどうなっている?

平米単価
円/㎡

坪単価
円/坪
前年・
円/㎡
(坪単価  円)
5年前・
円/㎡
(坪単価  円)

単位(万円/㎡)
全国茨城県
※ 本データは国土交通省「地価公示データ」、及び「都道府県地価調査データ」の情報を元にイエウール編集部が作成しています。
データ更新月: 2019年10月
データ調査期間: 1999年 〜 2019年

全国の空き家率と比較してみたよ!地域によっても空き家率は変わるんだよ!

茨城の空き家率はどのくらい?

茨城県
計算中...
%

全国
計算中...
%

単位(%)
全国茨城県
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)
データ更新月: 2019年10月
データ調査期間: 1993年 〜 2018年

相場、地価推移、空き家率、人口動態を総合的に判断して相場感を養おう!

茨城の人口・世帯数の推移どうなっている?

単位(人)
人口 世帯数
※ 出典:政府統計総合窓口(e-Stat)
データ更新月: 2021年08月
データ調査期間: 1980年 〜 2019年
茨城で不動産の売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、不動産の売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元での不動産売却の市況と、不動産売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

茨城では、世帯数は減る一方で、空き家も減っている

では、地元での不動産売却の市況から解説します。
国交省の「都道府県地価調査」によれば、茨城の住宅地の価格の前年比の変動率は、2016年は-1.1%、2017年は-0.8%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では下がり続けています。
また、茨城での不動産の価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 茨城の世帯数は2015年に108.8万世帯でしたが、2020年に108万世帯となり、0.8万世帯(0.7%)が減る見込みのため、住宅需要も減ると言えます。
  • 茨城の空き家率は、2013年に14.7%、2018年に14.6%と減っているので、空き家問題はやや弱まったと言えます。
    (なお、空き家率の全国での順位は、2013年は25位で、2018年には22位でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては空き家は減るものの、需要(世帯数)も減るので、売りやすい状況とは言えませんと言えるのではないでしょうか。

茨城では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、茨城での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
茨城の世帯数は2015年に108.8万世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は1,063店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数はだいたい9.8店舗/万世帯といえます。
これは全国では33位で、この地域は売却を任せられる不動産会社の候補を探し出すだけで大変と言えます。
とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、不動産売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。

※ 国土交通省「都道府県地価調査データ」総務省統計局「住宅・土地統計調査」、及び「経済センサス」国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとにイエウール編集部が作成しています。

不動産売却にかかる諸費用

不動産売却にはさまざまな費用がかかります。何にいくらかかるのかを把握していないと、自分にとって必要な売却金額がわからず、売却後の計画に影響がでてしまいます。不動産売却にかかる費用をまとめたので、参考にしてください。

項目費用の目安
仲介手数料( 売却額 × 3% + 6万円 )+ 消費税
印紙税1,000円〜6万円 ※売却金額により異なる
抵当権抹消費用司法書士へ依頼するとして5,000円〜2万円程
ローンを一括返済するための費用一括繰上返済にかかる金融機関への手数料1〜3万円
所得税及び復興特別所得税・住民税売却した年の1月1日での保有期間によって異なる
保有期間が5年以下なら譲渡所得の39.63%
保有期間が5年超なら譲渡所得の20.315%
その他費用※費用項目より異なる
あわせてチェック
不動産売却の費用や手数料はいくらかかる?安く抑える方法も解説

不動産売却に必要な書類

不動産売却にはさまざまな書類が必要です。中には取得に時間がかかる書類もあるため、あらかじめどのような書類が必要か把握しておきましょう。

▼不動産売却に必要な書類(19種)

項目一戸建てマンション土地取得場所必要なタイミング
必須登記済権利証市役所媒介契約時・売買契約時・引き渡し時
必須間取り図と測量図市役所媒介契約時
必須身分証明書(種類による)媒介契約時・売買契約時・引き渡し時
必須建築確認済証、検査済証××市役所媒介契約時
必須地積測量図、境界確認書×(測量士に相談)媒介契約時から引き渡しまでの間
必須マンションの利用規約××管理組合媒介契約時
推奨建設設計図書・工事記録書×不動産会社・ハウスメーカー媒介契約時
推奨耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書×建築士等・専門会社媒介契約時
推奨地盤調査報告書・住宅性能評価書・既存住宅性能評価書×建設会社媒介契約時
推奨契約書・重要事項説明書・物件概要書(パンフレット)不動産会社(契約書と重要事項説明書は再発行不可)媒介契約時
推奨ローン残高証明書金融機関媒介契約時
推奨ローン返済予定表金融機関媒介契約時
必須マンション利用細則××不動産会社販売中
必須固定資産税納税通知書市役所販売中
必須実印・印鑑証明市役所売買契約時・引き渡し時
必須固定資産税評価証明書市役所売買契約時・引き渡し時
必須銀行口座書類・通帳金融機関引き渡し時
推奨住民票市役所引き渡し時

○…必須書類、△…推奨書類、×…必要なし

あわせてチェック
不動産売却に必要な書類はいつまでに入手すればいいの?チェックリスト付きで解説!

不動産の売却価格を調べる方法

ここまで不動産の売却相場をまとめてきましたが、不動産売却に向けてより正確な売却価格を知りたい場合は不動産会社に査定を依頼しなければ把握することができません。
そして査定依頼するためには、1件ずつ不動産会社に依頼するのは非効率ですので一括査定がおすすめです。
イエウールでは、専用ページから都道府県・物件種別などの必要情報を入力するだけで、最大6社までの査定を受けられます。複数社と比較できるので、もっとも高い査定額の会社を選べます。しかも査定依頼に、費用は一切かかりません。
大手から地元密着型の不動産会社まで全国2000社以上と提携し、利用者からクレームの多い会社は、排除する仕組みも設けているので安心です。
より高く、そしてスムーズに売却するためにイエウールをお役立てください。

不動産売却コラム

不動産売却の動向やトレンドに関するコラムです。知っておいて損のない情報をわかりやすくまとめています。不動産売却市場の動向やトレンドをおさえておきましょう。
【完全無料】うちの価格いくら?