茨城県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

茨城県の土地の最新売却動向

茨城県の土地の売却動向

茨城県は2015年5月1日現在、2,912,087人の人口を有しています。大正時代にすでに135万人を超え、東京府に次ぐ人口となっていました。その後緩やかに人口は増加し、1999年には300万人に到達しました。しかし、ここから緩やかな減少傾向に入り、現在に至っています。ちなみに茨城県内には政令指定都市はありませんが、政令指定都市を持たない県の中では最大規模の人口を誇ります。県内の人口動態を見ると、山間部の多い北部の人口が減少しています。一方で、南部では人口増加している地域も見られます。つくばエクスプレスの沿線開発が、要因のひとつとなっています。県南部の中には東京への通勤圏に含まれる地域もあります。このため、東京のベッドタウンとして住宅街を形成している地域も一部見られます。

茨城県の平均の坪単価を見ると、2014年のデータで122,421円となっています。2013年の平均データと比較すると、1.22%下落しています。都道府県別のランキングで見た場合、平均坪単価は第36位、地価の上昇率は第29位です。茨城県全体の住宅地の価格は、バブル崩壊直後から20年連続で下落しています。特に2014年に関しては、地価の下落幅が大きい傾向にありました。これは、2011年に発生した東日本大震災が影響しています。被災地であることと原子力事故の発生した福島県に隣接することが風評被害となり、下落率が拡大しました。実際土地取引は震災後、停滞傾向のままです。

県庁所在地の水戸市は地価の下落幅が大きいです。先ほど紹介した東日本大震災の影響で、土地の取引件数自体が少なく、成約率も低い状態で推移しています。日立市も地価下落率が拡大しつつあります。震災や原発事故、地元の大手産業の円高による業績悪化に伴うリストラの断行など、市場全体が縮小する中で地価にマイナスの影響を与えています。一方でつくば市は、比較的安定した土地取引で推移しています。日本有数の研究学園都市であり、工業団地なども抱えているため、経済インフラは安定しています。つくばエクスプレス沿線は高い需要があります。つくば市に土地を所有している人であれば、土地売却をしても高い値段で成約できる可能性はあります。しかし、その他の地域であれば、上のような状況を見ると売却は慎重な姿勢で臨んだ方が良いでしょう。

茨城県の土地価格比較

茨城県の土地価格は、県庁所在地である水戸市の主要駅、水戸駅のすぐ近くや、隣駅の赤塚駅近辺ですと、坪単価10万円ほどですが、場所によってはその10分の1ほどの、2万円台や1万円台の土地もたくさんあります。ですから、300万円ほどで住宅地を確保することも可能です。 なお、茨城県は車社会ですが、車を2台、3台ととめられる駐車スペースを確保しやすいほど土地に余裕があるのが注目ポイントです。

茨城県の取引件数推移

茨城県は、近年、いくつもの駅の開発が進められ、周辺環境も大型のショッピング施設などができると共に、マンションや一戸建ての分譲地が増えてきました。 土地取引件数の推移としましては、平成23年の4月頃には6000件ほどに落ち込みましたが、そこから増減を繰り返しながら、平成27年の初め頃には、8000件を超える活発ぶりを見せています。

茨城県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

茨城県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で茨城県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

茨城県の土地の売買・売却ならイエウール

茨城県の水戸市や日立市、土浦市など、茨城県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

茨城県の土地の売却エピソード

Y. Iさんの場合
茨城県
土地
86平米
26坪

茨城県の土地売却をきめたきっかけは不動産会社に勤める友だちの活躍ぶりをみてからです。土地の固定資産税、草の処理と年をかさねるごとに重荷になっていました。ライフプランを不動産会社の担当者と友だちとで考えてくれました。誠意と仕事に対する責任感を感じ、信頼して任せることにしました。仕事で多忙な主人も自分の話から乗り気になり、査定や売却の相談に付き合ってくれました。短期間で納得できる価格で売却でき、夫婦の会話も明るくなりました。

R. Nさんの場合
茨城県
土地
56平米
17坪

茨城県の土地を売却しました。会社の倉庫に使おうと購入した土地ですが、会社の経営がうまくいかなくて規模を縮小することにしました。それで、せっかく手に入れた土地ですが、思い切って売却することにしたのです。かなり目減りすると覚悟をしていましたが、あまり安くなっていなくて良かったです。早めに売れてホッとしました。不動産会社に知り合いがいたのでそちらでお願いしましたが、頼んで良かったと思いました。売れて良かったです。

M. Kさんの場合
茨城県
土地
139平米
42坪

茨城県の土地を売却しました。実家の土地を財産分与でもらいましたが、地元に帰る予定もないので持て余していました。維持していくには税金もかかりますし、正直言ってもらって迷惑な土地でした。困り果てて不動産会社に相談したところ、査定をしてくれましました。思ったよりも高く売れそうだったので、そのまま売却までお願いしました。知り合いの不動産会社ということもあり、かなり融通が利いて良かったです。手続きもスムーズに終わってホッとしました。

茨城県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ