茨城県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

茨城県の一戸建て・家の最新売却動向

茨城県の一戸建ての売却動向

茨城県は約6,096平方キロメートルの面積を有している県であり、2015年5月時点での推計人口は約291万人とされています。政令指定都市を持たない都道府県としては、最も人口が多いといった特徴が見られます。県内でも特に人口が多いのは、県庁所在地である水戸市です。2015年5月の時点で水戸市の人口は約27万人であり、市内の人口密度は1平方キロメートルあたり1,246人とされています。水戸市以外で人口が多い都市としては、日立市・土浦市・古河氏を挙げることができます。いずれの都市も10万人を超える人口を有しており(2015年5月時点)、茨城県内の中心都市としての機能を果たしています。茨城県は人口が分散している傾向が見られますが、大子町や行方市など、中には過疎化に悩まされている自治体も見られます。

茨城県の一戸建て物件の成約件数は、2014年初頭には若干減少傾向にあったものの、2014年10月以降からは増加してきています。ただし、平均成約価格については、2014年7月から下落傾向が続いています。茨城県の公示地価・基準地価についても、近年では下落傾向が見られます。2014年の平均坪単価は122,421円でしたが、2013年と比較すると1.22%の下落となりました。ただし、守谷市やつくば市については、2013年から2014年にかけて地価が上昇しています。特につくば市は全国的に見ても上昇率が高く、2013年に比べて8.24%の上昇となりました。

守谷市・つくば市・龍ヶ崎市については、2013年から2014年にかけて地価が上昇しているため、今後も上昇傾向が続く可能性があります。したがって、これらのエリアに一戸建て物件を所有している場合には、高い売却額・査定額を期待しやすいと言えるでしょう。ただし、水戸市やひたちなか市については、2013年から2014年にかけて3%以上地価が下落しています。ほかにも地価の下落傾向が続いている自治体が多く見られるため、地価動向や市場動向を細かく確認することが大切です。また、八千代町や城里町など、高齢化や過疎化が懸念されているエリアでは、さらに地価の下落が続くと考えられます。これらのエリアの一戸建て物件を売却する場合には、地価が下がりきる前に売却するという手段も考えておきましょう。

茨城県の一戸建て価格比較

茨城県にある中古一戸建ての価格は、周辺の地域と比較すると基本的には求めやすい金額となっています。築年数が平成26年度の建物は2000万円を超える物件もありますが、土地も60坪程度の敷地面積となっており、広々とした空間を手にすることが出来ます。住みやすい地域での一戸建ては魅力がいっぱいです。

茨城県の一戸建て取引件数推移

茨城県の土地売買の推移では、平成27年1月から3月では9000件となっていますが、平成26年最終データから見ると約10パーセントの減少となっています。近年最低水準であった平成23年4月から6月から見ると、右肩上がりのデータとなっており、今後も平均的に8000件から10000件内で推移する傾向にあります。

茨城県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

茨城県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった茨城県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

茨城県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

茨城県の水戸市や日立市、土浦市など、茨城県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

茨城県の一戸建て・家の売却エピソード

S. Yさんの場合
茨城県
2LDK
築20年

茨城県で住み替えをするために一戸建てを売却をしました。その時には新しく住む場所はまだ決まっていなかったのですが、出来るだけ早くに売却ができれば良いと思っていました。査定をしてもらって、その前には自分でも簡単なインターネット査定もしていたのですが、そのあたりの相場も聞いて販売価格も決めたのです。その不動産会社は多くの情報を持っているところだったようで、見に来てくれる人もすぐにいて、感じの良い人たちに買ってもらいました。

Y. Hさんの場合
茨城県
2LDK
築16年

転居日程も決まり、茨城県内の一戸建て住宅をスムーズに、しかも短期に売却することができました。売却に関する諸手続きなど細かなところまで親切に対応してくれた不動産業者に担当者に感謝しております。近隣一戸建て中古住宅の価格や買い手の動向などについて詳細に説明していただきました。依頼した一戸建て住宅も予想以上の価格で売却でき、老後に必要な資金の一部として蓄えることができ大変満足しております。また、引っ越しのスケジュールに合わせて契約から決済まで一連の手続きも滞りなく進めて頂きました。

N. Yさんの場合
茨城県
3LDK
築30年

茨城県お一戸建てに住んでいますが、自宅の南側に建物が出来たことで日当たりが悪くなり転居を考えました。とりあえずは、売却できるかを確認するため不動産屋に相談したところ最近の不動産動向について説明を受けました。査定の結果、納得の行く金額でしたので実際に売り出すことにしました。月に一度くらいのペースで見学者を連れてきてくれ、半年後には無事売却できました。担当の営業の方と二人三脚で物件の売却が出来たと思います。

茨城県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ