大阪府の中古マンション売却相場

大阪府のマンションをもっとも高く売ってくれる企業に出会える

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で大阪府のマンション売却の査定を依頼できます。
急いでマンション売却を決めてしまう前に、一括査定で大阪府のマンション売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

大阪府でマンション売却査定が可能なマンション(531件)

マンション毎の詳細情報が気になる場合は「マンション名」をクリックしてください。
また「相場価格をみる」をクリックすると各マンションの査定依頼が可能で、最新の売却相場がわかります。

大阪府のマンションをもっと見る

大阪府のマンション売却価格相場を知る

マンションアイコン
大阪の
マンション

取引件数
3717

平均売却額
2,107万

平均専有面積
59

平均築年数
22
※ 表示されている情報は、2018年第2四半期〜2019年第1四半期のデータです。

大阪のマンションの最新売却事例(相場)

地区名売却価格最寄駅駅徒歩築年数専有面積間取り取引時期
大阪府
大阪市北区
7,500万大阪天満宮駅5141004LDK2019年 第1四半期
大阪府
大阪市天王寺区
6,000万四天王寺前夕陽ケ丘駅17703LDK2019年 第1四半期
大阪府
大阪市福島区
3,400万野田(JR)駅517652LDK2019年 第1四半期
大阪府
池田市
3,100万池田(大阪)駅83652LDK2019年 第1四半期
大阪府
藤井寺市
2,200万道明寺駅110603LDK2019年 第1四半期
大阪府
吹田市
2,100万山田(大阪)駅1522703LDK2019年 第1四半期
大阪府
大阪市都島区
1,800万京橋(大阪)駅82201K2019年 第1四半期
大阪府
大阪市生野区
1,800万桃谷駅521703LDK2019年 第1四半期
大阪府
大阪市西成区
1,700万天下茶屋駅419502019年 第1四半期
大阪府
箕面市
1,500万箕面駅440702019年 第1四半期
大阪府
泉北郡忠岡町
1,100万忠岡駅1120602LDK2019年 第1四半期
大阪府
大阪狭山市
830万金剛駅1538703LDK2019年 第1四半期
大阪府
大阪市東住吉区
620万鶴ケ丘駅947452019年 第1四半期
大阪府
寝屋川市
600万寝屋川市駅6047553LDK2019年 第1四半期
大阪府
堺市西区
600万津久野駅1834553LDK2019年 第1四半期

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

大阪府のマンション価格相場の比較

大阪府で中古マンションの売却を検討されている方向けに、大阪府のマンション取引価格情報をまとめました。マンションの取引件数を、取引価格、専有面積、間取り、築年数、駅徒歩別に確認することができます。

100m²超1619138494135
〜100m²916402614942211
〜90m²41579102774524942
〜80m²12832242611486120922
〜70m²2416538933011536151
〜60m²248819189311521
〜50m²3461482491
〜40m²162155254
〜30m²184732337
〜20m²2749211
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

※表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの大阪府におけるマンションの取引件数です。

※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

大阪府のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

大阪府のマンション市場価格が最も高い年度は年です。
一方で大阪府のマンション市場価格は年が最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。
※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。
大阪でマンションの売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、マンションの売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元でのマンション売却の市況と、マンション売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

大阪では、世帯数は減る一方で、空き家も減っている

では、地元でのマンション売却の市況から解説します。
国交省の「都道府県地価調査」によれば、大阪の住宅地の価格の前年比の変動率は、2016年は+0.0%、2017年は+0.0%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では上がったり下がったりしています。
また、大阪でのマンションの価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 大阪の世帯数は2015年に351万世帯でしたが、2020年に340.1万世帯となり、10.9万世帯(3.1%)が減る見込みのため、住宅需要も減ると言えます。
  • 大阪の空き家率は、2013年に15.2%、2018年に14.8%と減っているので、空き家問題はやや弱まったと言えます。
    (なお、空き家率の全国での順位は、2013年は21位で、2018年には19位でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては空き家は減るものの、需要(世帯数)も減るので、売りやすい状況とは言えませんと言えるのではないでしょうか。

大阪では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、大阪での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
大阪の世帯数は2015年に351万世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は6,029店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数はだいたい17.7店舗/万世帯といえます。
これは全国では2位で、この地域は不動産会社が過剰なので、いい不動産会社を選ぶのが大変と言えます。
とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、マンション売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。
(出典:都道府県地価調査、住宅土地統計調査、経済センサス、国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとに、イエウール編集部にて作成)

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

イエウールを使って成功した先輩の声だよ!

不動産会社を選んだ決め手は何?

大阪府のマンション売却エピソード

H.O.さんの場合

  • 大阪府
  • マンション
  • 3DK
  • 築31年

大手の不動産会社をインターネットで探し、査定の依頼をしましたが、地元の不動産会社にも話を聞きたくなり、直接足を運びました。その中で、とくに感じの良い数社に直接家に来ていただき、詳しい話を聞きました。大阪府の中では比較的住環境が良いと言われているエリアで、しかも駅前にあるマンション。一時は賃貸に出すことも検討していたので、売却か賃貸か、その両方のメリット・デメリットを伺ったところ、近隣のマンションの売却・賃貸の詳しい状況を、分かりやすい資料にまとめて来てくださった担当者がおり、非常に信頼できたので、その会社に依頼しました。

R.O.さんの場合

  • 大阪府
  • マンション
  • 3DK
  • 築27年

市の広報誌や自宅ポストに時々チラシが入っており、近隣の不動産会社やマンションの価格は概ね把握していました。一番知りたかったのは、売却にかかる経費や税金のことだったので、そこを分かりやすく説明してくださる不動産会社を探しました。国税庁や大阪府のホームページも確認しましたが、知識がない私がそこから得た情報だけで試算した値では心許なく、不動産会社の担当の方にも試算していただきました。色々な特例があったり、売却のタイミングが重要であることも丁寧に教えていただき、依頼して本当に良かったです。

A.K.さんの場合

  • 大阪府
  • マンション
  • 4LDK
  • 築19年

大阪府から実家に戻るUターン就職をする為に、マンションの売却を決めました。数社に査定して貰い話を聞きましたが声を揃えて皆さんが、大阪府のマンション販売は緩やかに上昇しているので比較的早く売れますと、しかし一社だけ1年経っても売れなければ、当社が引き取るという業者がいたので、査定も余り変わらないのでそこに決めました。結局、1年経っても売れなかったので業者に売却しました。友人にレアなケースだと言われましたが、納得できる価格だったのでこれで良かったと思っています。

大阪府のマンションの最新売却動向

大阪府のマンションの売却動向

近畿地方に位置する大阪府は総面積1,901キロ平方メートルを有する地域で、人口8,849,823人(2014年12月1日現在)有しています。西日本の行政や経済、文化、交通の中心であり東京や神奈川に次いで3番目の人口規模を持ち、日本で2番目に人口の多い都市として栄えています。ビジネスや観光都市として東京に次ぐ大都市。グルメや観光名所などがたくさんあり、外国人観光客も年々増えています。また、古くから上方へ通じる水上交通の要地であり、大阪湾に面しています。 日本で2番目に人口が多い都市といえばさぞマンション売却成約件数も多いのかと印象付けられますが、決してそうではありません。日本最大の都市である東京の周辺は不動産取引も活発に行われ、千葉県や埼玉県などよりも大阪府の取引件数は少ない傾向です。2013年には土地取引も約5万件を超え全国4位に位置していましたが、経済規模に比べると大きな数字ではありません。大阪市内は特に開発が非常に活発です。ですが都市部を離れてしまうとその差は激しく、売却成約件数のほとんどが都市部だということが伺えます。これは、都市の面積が小さいことが原因の1つだと考えられます。 坪単価を見てみると平均67万円となっています。開発が活発な地域とそうでない地域の差が激しいため、適正な相場を算出することができません。売却を考えている方は必ず売買査定を受けるようにしましょう。また、大阪府全体の土地価値はリーマンショック後最低を記録していますが、帰宅などの商業地域が多い都市では下落が小さく、今なお高い水準を維持しています。 大阪府のマンション売却傾向として、築5年以下の物件はあまり出回っていないことが特徴。大阪府全体でも取引件数は大きく伸びを見せていますが、築20年以上の中古物件がほとんどを占めています。ただ、大阪府南部の一戸建てなどは取引価格が下がっており、買取りや売買も多くなっています。開発が盛んな大阪では土地価値から取引件数まで年間を通して激しく変動しています。最近では北区が少しずつ伸びを見せていますが、大阪府は全体を通して住宅価格が上がっているわけではなく、その差は激しいということを忘れないで下さい。

大阪府のマンション価格比較

大阪府の中古マンションは大阪府中心地では取引価格が平均2100万円となっています。これは周辺の都道府県の取引価格に比べると高めの額になっています。ただ、京都府と比べると取引価格はやや安くなっているのが特徴です。地価自体は大阪府のほうがやや高いにも関わらず京都府のほうが高いのはマンションの部屋数の違いと言えます。

大阪府のマンション取引数推移

大阪府の中古マンションの取引推移は過去10年で取引件数が一番多かったのは2012年です。リーマンショックから立ち直り、景気が少しずつ回復してきた年です。その一方で、一番取引件数が低かったのは2014年です。この年には消費税が増税しているため、中古マンションの購入を決めた人の一部はその前年までい購入してしまったからです。

大阪のイエウール提携不動産会社一覧(177社)

大阪の不動産査定に関する売却情報を見る

大阪府マンションの売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3