中古住宅の購入で後悔しないために|上手な住み替え方法も確認

「家を売りたい」と考えている方へ
  • 「家を売りたいけど、何から始めれば良いのか分からない」という方は、まず不動産一括査定を
  • 複数の不動産会社の査定結果を比較することで、より高く売れる可能性が高まります
  • 業界No.1の「イエウール」なら、実績のある不動産会社に出会える

中古住宅は新築と比較すれば安価であり、建物内を事前に見ることもできますが、注意すべきことやデメリットがいくつかあります。このページでは、中古住宅選びで失敗しない方法や、住み替えを成功させるコツなどについて解説していきましょう。

先読み!この記事の結論
  • 事前の下調べが足りず急いで買ったために、中古住宅に満足していない人は多い。
  • 新しい家の購入だけでなく、現在の家の売却も同時進行で進めよう。

「イエウール」で価格を比較した方の2人に1人が、平均342.5万円高く売れています。不動産の売却を考えているなら、まずはおうちの価格を調べてみませんか?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

あなたの不動産、
売ったら いくら?

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

「まずは不動産売却の基礎知識を知りたい」という方は下記記事がオススメです。

購入者に聞いた|中古住宅の購入で後悔したこと|

 class=

「中古住宅の購入で後悔した」という人は、どのような点について悔やんでいるのでしょうか。まずは、内装がボロボロだったという声があります。また、増税前に急いで購入したことに後悔している人もいます。さらに、耐震性に優れていなかったということもあるでしょう。こうした中古物件で後悔したことについて、詳しく見ていきます。

内装がボロボロ

中古物件の外観が、とてもキレイリフォームされており、内装もしっかりと整備されているからといっても、すぐに購入に踏み切ることは危険です。なぜなら、見た目だけきれいであっても、機能性が劣化していることがあるため。
例えば屋根がペンキで塗り替えられたとしても、雨漏りがひどく、多額の修理費をかけたという話もあります。中古住宅の購入は、見た目に騙されないことが重要です。

増税前に急いで購入した

「消費税の増税前に中古住宅が欲しくて、しっかり調べずに急いで購入した」という失敗談もあります。個人が売主である場合、中古住宅に消費税はかかりませんので、安さ優先で物件を選ぶことは避けましょう。住居のような高額商品は、じっくりと時間をかけてお選びください。

地震に弱い

中古住宅は、築年数によっては地震に弱いことがあります。耐震工事がされていない物件を購入してしまい、後悔する人もいるでしょう。補助金で工事することは可能ですが、やはり不安は残ります。災害対策されているのかどうかを、購入前に調べる必要があるでしょう。

以下の記事で中古住宅を購入する際にどこに注意するべきかを解説しています。参考にしてみてください。

  • 見た目に騙されない
  • 増税前に急いで購入
  • 耐震性がない

中古住宅ならではの知っておきたいポイント

 class=
中古住宅には、新築にはないメリットがあります。メリットだけではなく、デメリットも複数あり、中古住宅を購入する前には知っておくべきことです。

中古住宅のメリットはさまざまある

中古住宅のメリットは安値で購入でき、建物内をしっかりと確認できることでしょう。また、立地的にも優れていることが多いです。こうしたメリットについて、詳しく解説します。

安い値段で購入できる

中古住宅の最大のメリットは、新築と比べて安い値段で購入できることでしょう。新築の半額、あるいはそれ以下で販売されていることもあり、リーズナブルです。築年数が経てば経つほど値段が下がりますが、物件の中にはほとんど新築の状態の中古住宅もあり、お得に購入することができます。

住居をしっかりチェックできる

中古住宅であれば、すでに物件が建てられた状態であり、新築とは異なり、内装や外装をチェックすることができます。人がまだ住んでいるときに内覧することもあり、生活のイメージも描きやすいでしょう。新築であれば、物件の隅々まで確認することは難しいです。また、中古住宅のほうが豊富に物件数があり、自分の住みたい家を見つけることができます。

立地的に優れている

新築を建てる新規開拓地は、駅から遠く利便性に長けている可能性が低いですが、中古住宅はそうではありません。「駅チカ」「スーパーや病院が近隣」などの立地であることが多いでしょう。

資産価値があまり下落しない

新築の場合、一年経つごとに資産価値が下がり、築年数20年程度で、ほとんど下落しなくなります。つまり、最初からある程度築年数が経っている「中古物件」であれば、価値をキープすることが可能でしょう。

デメリットを知り回避しよう

中古住宅ならではの、知っておきたいデメリットもいくつかあります。メリットだけを押さえるのではなく、デメリットを知ることで、より賢く物件選びできるでしょう。

古い物件は傷みが目立つことも

築年数が経てば経つほど、安値で購入できる可能性は高まりますが、その分、住宅の傷みが進んでいるもの。リフォームが済んでいれば別ですが、自身で修繕費用を支払うこともあり、各種費用・ローンによって、新築以上に高値になってしまうリスクがあります。

各種設備の老朽化

「お風呂が古い」「キッチン周りの傷みが激しい」など、各種設備の老朽化が深刻な状況も考えられます。トイレなどが古い場合、すぐにリフォームしなければ快適に使用することは難しいでしょう。中古住宅を購入する際は、リフォーム代も頭に入れておいてください。

築年数に注意を

築年数が20年以上経っている物件は、住宅ローン控除の対象外になることがあります。マンションや一戸建てにより年数が異なりますが、新築物件よりは条件が厳しいと言えるでしょう。控除を受けられない場合、各種費用を節約することができません。

  • 安値で購入できる
  • 購入に失敗しづらい
  • 各種費用がかかる

中古住宅選びで失敗しないためには

 class=
中古住宅の賢く購入するためには、どうすれば良いのでしょうか。まずは、耐震性の有無をチェックしてください。さらに、住宅の不具合の責任者についても調べましょう。また、法律は守られている建築物なのかも確認してください。

いつ建てられたのかで耐震性に影響する

中古住宅選びで失敗しないためには、建てられたのが1982年より前なのか、それとも後なのかを確認しましょう。なぜなら、1981年に耐震に関する法律が変わり、建物によっては、昔の耐震基準で建設された物件の可能性もあるため。
こうした中古住宅には、住宅ローンがつけられないデメリットもあり、地震が起きた際にも心配です。工事を行えば、「耐震基準適合証明書」を発行でき、減税も可能ですが、工事費用が多額にならないように気を付けなければなりません。工事する際は、不動産会社ではわからないことも多いので、専門業者に相談しましょう。
参考:日本木造住宅耐震補強事業者協同組合

瑕疵担保責任に注意

中古住宅を購入する際は、「瑕疵担保責任」という言葉を耳にすることがあります。これは、「物件の不具合は誰が責任を取るのか」ということであり、基本的には売主が2年間責任を持つことになります。
しかしながら個人に対しては、瑕疵担保責任が求められるとは限りません。購入側が損害賠償を求めることもできますが、ややこしいトラブルを防ぐためにも、プロの業者から中古住宅を購入したほうが良いでしょう。

※2020年10月追記
2020年4月の民法改正により「瑕疵担保責任」は「契約不適合責任」へと変更されました。
主な内容としては契約時に伝えていた内容と違った場合に、買主は売主に損害賠償や補修費などを請求できるというもの。買主は契約に適合しないことを知ってから1年以内にその旨の通知が必要となります。
詳しくは法務省は公開している民法(債権関係)の改正に関する説明資料をご確認ください。

法律は守られているのか

中古住宅の中には、現在の法律にマッチしない建物も存在しています。これを「既存不適格建物」と呼びます。厳密には、物件の高さや建ぺい率などが違法の物件であり、建て替える際に、もとの住宅と同じような大きさや広さにできないことがあるでしょう。
また、住宅ローンの対象外になることもあり、購入時は安いにもかかわらず、後の費用が多額になってしまう可能性があります。
  • 耐震性をチェック
  • 瑕疵担保責任を確認
  • その他法律面も見る

中古住宅への住み替えの流れを知っておこう

 class=

「今住んでいる家から中古住宅に住み替えたい」という人は、そのフローを知るべきです。まずは、不動産売却の流れについて解説しましょう。まずは、売りたい物件の査定依頼を行います。査定依頼をして、できるだけ高値で売れる不動産会社を探しましょう。不動産会社を決めたら、契約に移り、売却完了です。だいたい3カ月が売却期間の目安となりますので、時間をかけて物件を売ることになります。
不動産購入のフローは、まずは資金計画を行ってください。適切なプランを考えつつ、購入する物件を探しましょう。欲しい中古住宅が見つかったら、契約とローンの手続きを行います。売却から引っ越し、入居までの目安期間は、6カ月程度です。トータルでおおよそ半年かかることを頭に入れ、住み替えしましょう。

今まで住んでいた住宅を売却する際は、不動産の一括査定ができる「イエウール」がおすすめです。一括査定は、複数社の査定額をチェックでき、その中から最も高い金額を選択できるメリットがあります。売却から新居購入のフローを知ることも重要ですが、そもそも売却する値段がわからなければ、購入する際の資金計画を立てることが難しいでしょう。イエウールを活用して、早めに住み替えのプランを作れるようにしましょう。

住み替えを成功させるポイント

 class=

住み替えを成功させるコツがいくつかありますので、ご紹介します。まずは、売却と購入のタイミングについて理解を深めることです。また契約する際には、一社のみが良いでしょう。これらの詳細について、以下で詳しく解説します。

売却と購入のタイミングは重要

住み替えを成功させるポイントとして、まず挙げられるのが、住宅の売却と購入のタイミングです。住み替える際の資本は、売却した利益になることが多く、売却と購入の決算タイミングをほとんど同一にすると良いでしょう。
タイミングのずれは、ローンなどの無駄な出費につながる可能性があります。「住み替える」という決意が固まったときは、まずはスケジュールを決めると、損のない売却や新居購入を実現できるでしょう。

一社のみの契約がおすすめ

今住んでいる住宅を売る際に、不動産会社と契約することになりますが、契約にはさまざまな種類があります。一般媒介契約であれば、仲介を様々な企業に頼めるだけでなく、友人などとも取引できるでしょう。専任媒介契約、あるいは専属専任媒介契約という種類は、一社のみの契約となります。この契約は、売却情報の共有や不動産情報ネットワークへの登録義務があり、成約をスムーズに行えるメリットがあります。こうした背景から、早めの住み替えを希望している人は、専任媒介がおすすめです。
売却だけではなく、購入も同一の不動産会社にお願いすると良いでしょう。上記で解説したタイミングの失敗を減らし、無理のない住み替えが可能です。注意点を挙げるとすれば、不動産会社選びを間違えないことです。企業によって様々な特徴があり、対応できない案件もあるでしょう。近しいエリアへの住み替えであれば地域密着型、全く違う場所に住むのであれば、大手の会社を選ぶとリスクを減少させることができます。
  • タイミングに注視
  • 一社のみの契約を
  • 売却購入は同じ会社
 class=

後悔のない納得の中古住宅を見つけるには事前準備が大切

中古住宅の購入で後悔しないためには、中古住宅ならではの知っておきたいポイントについて、理解を深めましょう。安い値段で購入でき、建物内を確認可能、立地的に優れ、資産価値があまり下落しないメリットを持つ中古物件。しかし、各種設備の老朽化が進み、住宅ローン控除の対象外になることもあります。中古住宅選びで失敗しないためには、建てられた年により耐震性をチェックし、瑕疵担保責任にも注意しましょう。また、既存不適格建物に該当しない物件を選ぶ必要もあります。

中古住宅への住み替えフローについても見識を深め、住み替えを成功させるコツを理解することも無視できません。売却と購入のタイミングは重要であり、住宅を売る際、専任媒介契約、もしくは専属専任媒介契約という一社だけの契約がおすすめです。また購入するときも、同じ不動産会社のほうが便利でしょう。しかしながら、ケースバイケースであることは、頭に入れておいてください。いずれにせよ、しっかりと事前準備し、新たな物件を賢く見つけましょう。

まずはイエウールで不動産の無料一括査定を受けてみよう

住んでいた住居の売却・査定を検討するのであれば、イエウールというサイトがおすすめです。イエウールであれば、無料で手軽に査定できるメリットがあり、店舗に通わなくても、ネットで依頼することができます。厳選された全国の大手~地域密着型の1,600社が参加し、マックスで6社まで査定可能。各社の査定額をチェックし、一番高い値段で売却することができるでしょう。

査定額は会社によって大きく異なり、100万円近くの差異も珍しくありません。評判の良くない会社は排除され、安心して利用できることもメリット。マンション、一戸建て、土地など幅広く査定できるのもポイントです。
家の住み替えにとって、物件の売却はキーポイントになります。できるだけ高値で売り、購入額の負担を減らしましょう。イエウールは、入力目安時間がたった1分で、時間をかけずに査定依頼できる便利なサイトです。後悔しないようにするためにも、賢く正しく物件を売却するようにしましょう。

地域に密着した不動産の売却情報あなたの地域に合った売却情報をチェックできます。各地域ごとの地価変動や、実際の売却事例を見てみましょう。

マンションを売る

あなた不動産の売却価格をチェック

所在地と種別を選択して、大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較しましょう

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
step2
step3
step4
step5

提携数は全国1600社以上

  • 住友林業ホームサービス
  • スターツピタットハウス
  • 三井住友トラスト不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 近鉄不動産
  • みずほ信不動産
  • 大成有楽不動産販売
【完全無料】うちの価格いくら?