香川県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

香川県の土地の最新売却動向

香川県の土地の売却動向

香川県は四国の北東に位置する県で、瀬戸内海を挟んで中国地方や近畿地方とも行き来しやすい点が特徴です。総面積は1,876.73平方キロメートル、総人口は推計977,905人、人口密度は1平方キロメートル当たり521人となっています。香川県の人口は1995年に102万7千人を記録しピークを記録した後、2000年からは人口減少が続き、2010年には30年ぶりに100万人を下回りました。その後、現在も減少率は年々大きくなっており、今後もさらに減少傾向が加速すると見られています。県外への転出が県外からの転入を2000年から15年連続で上回っており、社会動態は減少が続いています。

香川県の土地単価は、1平方メートル当たり平均48,534円・坪単価160,444円(2014年度)で、前年比はマイナス0.92%の下落となっています。地価は全都道府県中24位、上昇率は25位となっています。香川県全体の土地単価は1992年から22年連続で下落していますが、近年ようやく下落率が緩和されてきました。高松市などの県中心都市は地価の下落に歯止めがかかりつつありますが、郊外になると少子高齢化による過疎化が進んでいる地域も多く、そうした市町村では下落幅は以前拡大しています。近年では名産品のうどんをアピールして観光産業が活発なイメージのある香川県ですが、不動産売買は活況とは言い難く、土地取引や成約動向に関してもあまり芳しくない状況です。住宅地、商業地、工業地とも土地相場は低く、活発な取引には至っていないようです。地域政策として、「高松市都市計画マスタープラン」や高松市丸亀町の開発事業などが進行しているため、こういった都市計画が成功し、観光産業がさらに発展すれば活性化する可能性はありますが、現時点では不透明な状態です。

香川県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均32,297円・坪単価106,768円(2014年度)で、公示土地単価に対して約33%もの差があります。土地売却を考える方にとっては不利な状況ですが、これでも取引価格は回復から横這いの状況です。納得の行く売却価格が付くのは難しいかもしれませんが、買い手が見つかるようなら、早い段階で売却を進めた方が良いでしょう。

香川県の土地価格比較

香川県の土地価格は、坪当たり16万0444円です。全国では24位とあまり高くはありません。本州のアクセスがしやすいので、四国の中では最も高いです。うどんなどが有名で知名度が高い県ですが、中心地である高松市以外の市町村が平均を大きく下回っており、今後上昇する兆しは見えていません。土地は早めに売却すると良いです。

香川県の取引件数推移

香川県の土地取引件数の動向を平成22年より追いかけていきますと、平成22年から27年までの取引件数は2000件から2500件の間で推移し、安定した取引が行われている都道府県となります。取引件数の動向としては平成24年までは横ばいに推移していますが、平成25年以降は波打つ動きとなり、25年前半には取引動向は上昇となり、平成26年以降は下落となっています。

香川県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

香川県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で香川県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

香川県の土地の売買・売却ならイエウール

香川県の高松市や丸亀市、坂出市など、香川県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

香川県の土地の売却エピソード

Y. Uさんの場合
香川県
土地
86平米
26坪

香川県の土地を売却しました。その土地には祖父が昔住んでいました。祖父も亡くなり、遺産整理のために売却することにしました。知り合いに不動産会社の人もいなかったので、ネットの一括査定を利用して不動産会社を探しました。査定額はあまり変わりがなかったので、一番対応の良かった不動産会社にお願いしました。地元にあまり行くことはできませんから、マメに連絡してくれる不動産会社がとても安心でした。すぐに売れたという連絡がいただけたので良かったです。

S. Tさんの場合
香川県
土地
192平米
58坪

香川県には何の縁もなかったのですが、私の従兄弟がここで親戚全員で計画して土地を購入して従兄弟達の集まるための家を作ろうという話が出てきました。私は、反対も賛成もすることなくその計画に耳を傾けていました。場所がきまったのですが、その場所は都市計画法に言う非線引き区域だということです。ここでは建てることはできるのですが、水道電気ガスを自ら引かないといけないといけないそうです。これを知った親戚はまた揉めだしました。不動産の担当者の方は、その様子をポカーンとした表情でみていました。私はその顔を今でも忘れることができません。

T. Tさんの場合
香川県
土地
179平米
54坪

香川県の土地を査定してもらいました。父が他界し、遺産整理のために査定をお願いしました。不動産会社は知り合いの方にお願いしました。不動産のことにはあまり詳しくないので、知り合いにお任せできてとても楽でした。査定額にも納得し、そのまま売却もお願いしました。地元に密着した不動産会社だったので、意外と早く売却先が決まりました。思ったよりも早く売れたので良かったです。知り合いの不動産会社にお任せして正解でした。

香川県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ