香川県の中古マンション売却相場

香川県のマンションをもっとも高く売ってくれる企業に出会える

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で香川県のマンション売却の査定を依頼できます。
急いでマンション売却を決めてしまう前に、一括査定で香川県のマンション売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

香川県でマンション売却査定が可能なマンション(8件)

マンション毎の詳細情報が気になる場合は「マンション名」をクリックしてください。
また「相場価格をみる」をクリックすると各マンションの査定依頼が可能で、最新の売却相場がわかります。

香川県のマンションをもっと見る

香川県のマンション売却価格相場を知る

マンションアイコン
香川の
マンション

取引件数
113

平均売却額
1,370万

平均専有面積
67

平均築年数
20
※ 表示されている情報は、2018年第2四半期〜2019年第1四半期のデータです。

香川のマンションの最新売却事例(相場)

地区名売却価格最寄駅駅徒歩築年数専有面積間取り取引時期
香川県
高松市
3,000万片原町(高松)駅410753LDK2019年 第1四半期
香川県
丸亀市
1,400万丸亀駅60653LDK2019年 第1四半期

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

香川県の市区町村からマンション売却情報を探す

マンション売却を依頼したい物件の市区町村を選択してください

周辺の都道府県のマンション売却情報を見る

四国の他の都道府県

香川県のマンション価格相場の比較

香川県で中古マンションの売却を検討されている方向けに、香川県のマンション取引価格情報をまとめました。マンションの取引件数を、取引価格、専有面積、間取り、築年数、駅徒歩別に確認することができます。

100m²超11
〜100m²1421
〜90m²41282
〜80m²561373
〜70m²3772
〜60m²171
〜50m²22
〜40m²41
〜30m²51
〜20m²
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

※表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの香川県におけるマンションの取引件数です。

※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

香川県のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

香川県のマンション市場価格が最も高い年度は年です。
一方で香川県のマンション市場価格は年が最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。
※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。
香川でマンションの売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、マンションの売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元でのマンション売却の市況と、マンション売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

香川では、世帯数は減る一方で、空き家も減っている

では、地元でのマンション売却の市況から解説します。
国交省の「都道府県地価調査」によれば、香川の住宅地の価格の前年比の変動率は、2016年は-1.2%、2017年は-0.8%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では下がり続けています。
また、香川でのマンションの価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 香川の世帯数は2015年に36.9万世帯でしたが、2020年に36.1万世帯となり、0.8万世帯(2.2%)が減る見込みのため、住宅需要も減ると言えます。
  • 香川の空き家率は、2013年に18.0%、2018年に17.2%と減っているので、空き家問題はやや弱まったと言えます。
    (なお、空き家率の全国での順位は、2013年は8位で、2018年には7位でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては空き家は減るものの、需要(世帯数)も減るので、売りやすい状況とは言えませんと言えるのではないでしょうか。

香川では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、香川での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
香川の世帯数は2015年に36.9万世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は499店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数はだいたい13.8店舗/万世帯といえます。
これは全国では7位で、この地域は不動産会社が過剰なので、いい不動産会社を選ぶのが大変と言えます。
とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、マンション売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。
(出典:都道府県地価調査、住宅土地統計調査、経済センサス、国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとに、イエウール編集部にて作成)

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

イエウールを使って成功した先輩の声だよ!

不動産会社を選んだ決め手は何?

香川県のマンション売却エピソード

S.M.さんの場合

  • 香川県
  • マンション
  • 2LDK
  • 築10年

転居のため香川県のマンションの売却をしなければならず、相場を知るために複数の業者さんに査定していただきましたが、その額は業者さんによって大きく異なりどちらにしようか迷いましたが、香川の売却動向や今後の見通しなどについて親切に説明をして下さった会社にお願いする事にしました。急いで売りたいと考えていましたが、なかなか買い手がつかず実際に売れるまでには数ヶ月を要しました。その間見学自由の日を設けて下さったり、まめに連絡を下さったので安心してお任せする事が出来ました。この会社を選んで良かったです。

A.O.さんの場合

  • 香川県
  • マンション
  • 4LDK
  • 築27年

香川県のマンションを売却することにしました。親と同居することになり、二世帯住宅を建てることになったのです。今のマンションに親と一緒に住むことはできませんから仕方がないと思っています。大学時代の友人に相談して、不動産会社を紹介してもらいました。マンションを査定してもらったところ、査定額も良かったので、そのまま売却までお願いしました。3ヶ月ほどで売れたので良かったです。連絡も丁寧に行ってくれたので安心してお任せできました。

N.T.さんの場合

  • 香川県
  • マンション
  • 2K
  • 築28年

香川県のマンションに住んでいましたが、親を引き取ることになり、マンションでは手狭になったので売却することにしました。ネットの一括査定を利用して、一番高い査定額を出してくれた不動産会社に依頼しました。親を引き取るにあたり、これから出費もかさみますから、なるべく高く売りたかったのです。相場よりも若干高めだったので売却までの時間がかかるのは覚悟していましたが、担当者が頑張ってくれて、すぐに買い手が見つかりました。

香川県のマンションの最新売却動向

香川県のマンションの売却動向

香川県は総面積が1,876.58キロ平方メートル(平成25年10月現在)で、全国で第47位の全国で一番小さい都道府県です。人口は980,583人(2014年12月1日現在推計)で、全国で第33位の都道府県になります。 香川県はうどんが有名ですが、全国的に見ても不動産の売買などは下位であるため、売却を検討している場合は準備を早めにして売却する方がいいでしょう。 香川県の土地の価格は、坪当たり19.5万円で、全国で第24位と平均的なものです。一番高い高松市の場合は、坪当たり26.8万円で、これ以外の全ての市町村は土地価格の平均を下回っています。高松市を除く市町村の土地価格は、おそらくこれからも上昇することは期待しにくいため、土地の用途を早めに決定するのがいいでしょう。 現在は愛媛県よりも香川県の土地価格は低くなっていますが、四国においてはもともと一番高い土地価格の都道府県でした。香川県の土地価格の平均は、坪当たり127.7万円と6倍以上の現在の土地価格より高くなっていました。毎年この下落は継続しており、大きな下落幅であるため土地を資産として購入することはあまりお得ではありません。 香川県の土地取引の件数は、景気が回復したためか最近伸びてきています。買い主が多くなっているのか、売り主が多くなっているのかはっきり分かりませんが、買い主が見つかりやすい状況であるため売り主にとっては売却の時期としてはいいでしょう。 徳島県の住宅取引の件数は、ほとんど横ばい状態が継続しています。取引が成り立っているほとんどの物件は中古のマンションで、半分近くを20年以上の築年数のものが占めています。特に、中古マンションはファミリー向けのものが人気があり、中古のマンションの売却を検討している場合にはいい状況にあります。 しかしながら、中古の戸建ての取引は中古のマンションに比較して活発ではありません。そのため、中古の戸建ての売却を検討している場合は、住宅の買取査定の不動産業者への依頼を早めに済ませませて、価格の相場を入手しましょう。 香川県の中古マンションの平均の売却価格は、例えば、高松市の場合、床面積が~70平方メートルで687万円、床面積が~80平方メートルで1,258万円のケースがあります。

香川県のマンション価格比較

香川県の中古マンションの平均価格を他の四国の県と比較すると、愛媛県が中古マンション価格が一番高く、次に高いのが高知県、そして香川県。一番低いのが徳島県です。香川県でも都市部の高松市においては中古マンション価格が高い傾向にあります。それに比べて田舎地域のまんのう町、直島町はかなり低い価格になっています。

香川県のマンション取引数推移

香川県の中古マンション取引件数の推移を見てみると、平均的には取引件数は下がっています。都市部である高松市は人口の減少も無く、中古マンションの取引も多いので、ここ数年は上昇傾向にあります。逆に田舎のまんのう町や直島町は減少が続いています。地価も1991年を境に減少しているので、人口の減少と共に取引件数も減少傾向です。

香川のイエウール提携不動産会社一覧(4社)

香川の不動産査定に関する売却情報を見る

香川県マンションの売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3