奈良県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

奈良県の土地の最新売却動向

奈良県の土地の売却動向

奈良県は近畿地方南東部に位置する県で、面積は3,690.94平方キロメートル、推定総人口は1,372,046人(2015年5月現在)となっています。都道府県面積は全国で8番目に狭く、人口密度は1平方キロメートル当たり372人となっています。奈良県の人口は2000年には144万3千人でしたが、年々減少傾向にあり、この15年で約7万人少なくなっています。このまま推移すれば、2030年にはさらに5万人少ない132万5千人まで減少すると予測されています。県北西部の奈良盆地の地域は、大阪市や京都市のベッドタウンとなっています。そうした影響もあり奈良県民の8分の1は、大阪府や京都府へ通勤・通学しています。

奈良県の土地単価は、1平方メートル当たり平均7万4720円・坪単価247,010円(2014年度)で、前年比は0.68%の上昇となっています。地価は全都道府県中13位、上昇率は11位となっています。地価は長年にわたって下落傾向にありましたが、ここ数年、下落幅は緩和されつつあります。しかしそれでも2013年から2014年で地価が上昇したのは奈良市、生駒市、香芝市、生駒郡斑鳩町の4つの市町村のみで、1%以上の上昇を記録しているのは奈良市のみとなっています。県南部に行くほど下落幅が大きくなっており、奈良市や生駒市、橿原市など地価が高い地域と、吉野郡や宇陀郡など地価が低い地域との地価の格差拡大が懸念されています。土地取引や成約動向も、あまり活況ではない状況です。

奈良県では、多少緩和されつつあるとは言え、県全体で地価の下落が続いている状況です。前年比下落幅の大きい県南部はもちろん、県中心部である奈良市の住宅地や、県北中部の生駒市、橿原市、香芝市の住宅地でも地価は下げ止まりの傾向にあります。商業地や工業地も同じく下落傾向にあり、商業地の空室率は上がっている状態です。今後も県全体での人口減少が予測されており、また大きな開発計画なども見当たらないため、大きな上昇のきっかけは掴みにくいのが現状です。それでも、2008年のリーマンショック直後に比べれば下落幅は落ち着いてきており、横這いに転じている地域あります。そのため、土地を売りたいと考えている方は、今のタイミングで早めの売却計画を進めた方が良いでしょう。思うような価格が付くことは難しいかもしれませんが、現状よりも地価が上昇する可能性を待つよりも、今の時点で売り抜けることを考える方が賢明と考えられます。

奈良県の土地価格比較

奈良県の土地価格は全体として下落基調にありますが、大阪に近い一部地域では大型の宅地造成や高級ブランド化が進んでおり一変して上昇基調となっています。近隣県と比較した場合、和歌山県、三重県よりは価格の下落率が低く、大阪府と京都府と比べた場合は下落率が高めとなり、都市圏への人口流出が顕著で、中心部や山間部の空洞化が目立つ形になっています。

奈良県の取引件数推移

奈良県の土地取引件数は県の東西ではっきりと分かれており、大阪に近い西部地域はベッドタウン需要がある事からここ数年は活発な取引が続いており、東部地域及び山間部では鈍化しています。 全体平均としては価格と共に取引件数も下落基調であり、豊富な文化財と観光資源を生かした観光客の誘致と、人口減対策が求められています。

奈良県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

奈良県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で奈良県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

奈良県の土地の売買・売却ならイエウール

奈良県の奈良市や大和高田市、大和郡山市など、奈良県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

奈良県の土地の売却エピソード

K. Iさんの場合
奈良県
土地
142平米
43坪

私が奈良県に来てから早くも4カ月が過ぎました。最初はマイホームなんて夢のまた夢だと思っていました。しかし私のマイホームなんて無理だろうと思っていました。私にはマイホームを手にする前に土地が必要である事それすら意識していなかったのです。こんなにも無知な私にあの不動産の営業マンは一生懸命自分の知っている知識、マイホームの素晴らしさを伝えてくれたのです。あの時の営業マンの姿に心を打たれて、まずは一歩踏み出そうという気持ちになりました。それをキッカケに働こうと思えたのです。

K. Iさんの場合
奈良県
土地
132平米
40坪

奈良県で親の土地を売却をして、兄弟の誰もが別の土地で家庭を持っていることもあり、分けることにしたのです。地価の価格は大体のところは、インターネットや公示額などから想像していたのです。実際の相場の詳しいことなどを知りたくて査定をしてもらいました。そうしたところ、長年住んでいた所で、地盤もしっかりしているらしく、考えていた分より高く提示されたのです。そして、その実家のある辺りは治安も良いので買い手は見つかるだろうと言われて、本当に間なしで見つかったのです。

A. Oさんの場合
奈良県
土地
175平米
53坪

奈良県の土地を売却することになりました。土地の税金や相場の流れを知り、今が一番の売却する時期だと思ったからでした。両親の了解はすぐにとれ、不動産会社も紹介してくれました。不動産会社の担当者の対応は丁寧で誠実で古くからの知人のように思えました。査定や相場についても詳しく具体的に話してくれ、自分の意見にも積極的に賛成してくれました。損得ぬきの相談で、土地売却の価格も納得できました。他の知人にもこの不動産会社を紹介しました。

奈良県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ