奈良県の土地売却査定・相場

奈良県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で奈良県の土地売却の査定を依頼できます。
急いで土地売却を決めてしまう前に、一括査定で奈良県の土地売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

奈良県の土地売却価格推移

奈良県の土地市場価格は年が最も高い価格です。
一方で奈良県の土地市場価格は年が最も低い価格となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

奈良県の土地価格相場の比較

奈良県で土地の売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「最寄駅からの距離」の2つです。したがって、ここではこの2つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

450m²超20101815108743527
〜450m²1351111
〜400m²6544
〜350m²6774222
〜300m²6515111
〜250m²10153312231
〜200m²11124483
〜150m²1320375
〜100m²1762
〜50m²51
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2019年第1四半期から2019年第4四半期までの奈良県における土地の取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

奈良県の土地売却相場

土地アイコン
奈良の
土地

取引件数
469

平均売却額
2,175万

平均平米単価
6.0万
円/㎡

平均土地面積
415
※ 表示されている情報は、2019年第1四半期〜2019年第4四半期のデータです。

最新の土地売却事例

エリア売却価格最寄駅駅徒歩平米単価土地面積取引時期
生駒市9,200万生駒駅239.0万2302019年 第4四半期
大和郡山市5,600万近鉄郡山駅413.0万4202019年 第4四半期
磯城郡田原本町2,800万田原本駅136.7万4202019年 第4四半期
北葛城郡広陵町2,400万五位堂駅6011.0万2102019年 第4四半期
大和高田市1,200万高田市駅159.0万1352019年 第4四半期
北葛城郡王寺町1,100万畠田駅58.8万1302019年 第4四半期
御所市1,000万近鉄御所駅60570018002019年 第4四半期
磯城郡川西町940万結崎駅161.2万8002019年 第4四半期
生駒郡平群町550万平群駅132.0万2702019年 第4四半期
五條市240万五条(奈良)駅1967020002019年 第4四半期
磯城郡三宅町190万石見駅164.7万402019年 第4四半期
奈良市100万近鉄奈良駅6044002302019年 第4四半期
吉野郡東吉野村30万榛原駅2時間
以上
4500652019年 第4四半期
吉野郡天川村26万下市口駅2時間
以上
22001152019年 第4四半期
宇陀市25万赤目口駅909202702019年 第4四半期

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

奈良県の土地売却に強い不動産会社例

奈良県の不動産売却に関する情報を見る

奈良県の土地の最新売却動向

奈良県の土地の売却動向

奈良県は近畿地方南東部に位置する県で、面積は3,690.94平方キロメートル、推定総人口は1,372,046人(2015年5月現在)となっています。都道府県面積は全国で8番目に狭く、人口密度は1平方キロメートル当たり372人となっています。奈良県の人口は2000年には144万3千人でしたが、年々減少傾向にあり、この15年で約7万人少なくなっています。このまま推移すれば、2030年にはさらに5万人少ない132万5千人まで減少すると予測されています。県北西部の奈良盆地の地域は、大阪市や京都市のベッドタウンとなっています。そうした影響もあり奈良県民の8分の1は、大阪府や京都府へ通勤・通学しています。

奈良県の土地単価は、1平方メートル当たり平均7万4720円・坪単価247,010円(2014年度)で、前年比は0.68%の上昇となっています。地価は全都道府県中13位、上昇率は11位となっています。地価は長年にわたって下落傾向にありましたが、ここ数年、下落幅は緩和されつつあります。しかしそれでも2013年から2014年で地価が上昇したのは奈良市、生駒市、香芝市、生駒郡斑鳩町の4つの市町村のみで、1%以上の上昇を記録しているのは奈良市のみとなっています。県南部に行くほど下落幅が大きくなっており、奈良市や生駒市、橿原市など地価が高い地域と、吉野郡や宇陀郡など地価が低い地域との地価の格差拡大が懸念されています。土地取引や成約動向も、あまり活況ではない状況です。

奈良県では、多少緩和されつつあるとは言え、県全体で地価の下落が続いている状況です。前年比下落幅の大きい県南部はもちろん、県中心部である奈良市の住宅地や、県北中部の生駒市、橿原市、香芝市の住宅地でも地価は下げ止まりの傾向にあります。商業地や工業地も同じく下落傾向にあり、商業地の空室率は上がっている状態です。今後も県全体での人口減少が予測されており、また大きな開発計画なども見当たらないため、大きな上昇のきっかけは掴みにくいのが現状です。それでも、2008年のリーマンショック直後に比べれば下落幅は落ち着いてきており、横這いに転じている地域あります。そのため、土地を売りたいと考えている方は、今のタイミングで早めの売却計画を進めた方が良いでしょう。思うような価格が付くことは難しいかもしれませんが、現状よりも地価が上昇する可能性を待つよりも、今の時点で売り抜けることを考える方が賢明と考えられます。

奈良県の土地価格比較

奈良県の土地価格は全体として下落基調にありますが、大阪に近い一部地域では大型の宅地造成や高級ブランド化が進んでおり一変して上昇基調となっています。近隣県と比較した場合、和歌山県、三重県よりは価格の下落率が低く、大阪府と京都府と比べた場合は下落率が高めとなり、都市圏への人口流出が顕著で、中心部や山間部の空洞化が目立つ形になっています。

奈良県の取引件数推移

奈良県の土地取引件数は県の東西ではっきりと分かれており、大阪に近い西部地域はベッドタウン需要がある事からここ数年は活発な取引が続いており、東部地域及び山間部では鈍化しています。 全体平均としては価格と共に取引件数も下落基調であり、豊富な文化財と観光資源を生かした観光客の誘致と、人口減対策が求められています。

奈良県の地価ランキング

地価ランキング(住宅)

順位住所エリア最寄駅駅からの距離地価坪単価前年比
1奈良県 奈良市油阪町1番66油阪町奈良260m32.0万円/㎡105万円/坪
2奈良県 生駒市元町1-8-8元町生駒160m28.7万円/㎡94万円/坪
3奈良県 奈良市西大寺国見町1-7-20西大寺国見町大和西大寺350m26.5万円/㎡87万円/坪
4奈良県 奈良市学園北1-5-12学園北学園前320m26.2万円/㎡86万円/坪
5奈良県 奈良市花芝町16番2外花芝町近鉄奈良220m20.5万円/㎡67万円/坪
6奈良県 橿原市内膳町5-3-26内膳町大和八木150m19.2万円/㎡63万円/坪
7奈良県 奈良市富雄元町4-1-26富雄元町富雄250m17.4万円/㎡57万円/坪
8奈良県 橿原市久米町664番1久米町橿原神宮前80m16.7万円/㎡55万円/坪
9奈良県 奈良市西大寺国見町2-4-18西大寺国見町大和西大寺750m16.5万円/㎡54万円/坪
10奈良県 奈良市右京4丁目13番25右京高の原550m15.1万円/㎡49万円/坪
※ 本データは国土交通省「地価公示データ」、及び「都道府県地価調査データ」の情報を元にイエウール編集部が作成しています。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

奈良県土地の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で奈良県の土地売却の査定を依頼できます。
急いで土地売却を決めてしまう前に、一括査定で奈良県の土地売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。