京都府土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

京都府の土地の最新売却動向

京都府の土地の売却動向

京都府は国宝や世界遺産が多く点在しており、観光業が盛んな府です。特に京都市・宇治市は観光都市として世界的に有名であり、毎年多くの観光客がこれらの都市に訪れています。京都府の推計人口については、2015年5月時点で約261万人とされています。有している面積は約4,612平方キロメートル(2015年7月現在)であり、人口密度は1平方キロメートルあたり566人です。京都府は南北に細長い府ですが、京都盆地を中心とする南部と北部の間では、経済面や雇用面で格差が見られます。人口の多くは京都市が存在する南部に集中しており、北部の中には高齢化・過疎化に悩まされている自治体もいくつか見られます。

京都府の土地の成約件数は、2013年頃から増加傾向が見られます。また、2013年から2014年にかけては平均地価が0.34%上昇しており、2014年の平均坪単価は562,515円となりました。成約件数増加・地価上昇の要因としては、円安による観光客の増加を挙げることができます。京都府は観光業が盛んな府であるため、観光客数が地価に影響を及ぼすケースは少なくありません。府内でも特に地価が高いのは、京都市の中京区や下京区、東山区などです。いずれのエリアも2013年から2014年にかけて地価が上昇しており、中京区については2014年の平均坪単価が200万円を上回っています。京都市以外の自治体では、長岡京市・向日市などの地価が高くなっています。

主に京都市やその周辺エリアで地価の上昇が見られる京都府ですが、2013年から2014年にかけては、土地の取引価格が若干下落しています。ただし、公示地価・基準地価の影響を受け、今後取引価格が上昇する可能性は考えられるでしょう。京都府の北部に関しては、全域的に地価の下落傾向が続いています。人口減少・経済の低迷などが要因として考えられており、今後もしばらくは地価の下落が続くと見られています(2015年7月現在)。京都府の北部に土地を所有している方は、買い手がなかなか見つからない状況に陥りやすいため、早めに行動し始めることが大切です。地価が下がりきる前に売却することも考え、慎重に売却のタイミングを見極めるようにしましょう。

京都府の土地価格比較

京都府の土地価格は17万0160円/m2、これは全国で見ると4位になっています。隣接する滋賀県は低く、兵庫県、大阪府は同等か高いものとなっています。前年比に比べてプラス0.34パーセント上昇していますが、全国から見て上昇ランキングは15位となっていて、土地の価格に比べてやや低めになっているようです。

京都府の取引件数推移

京都府の土地取引件数推移はやや低く、前年比よりマイナス2.43パーセントと下がっています。これは土地の価格が、高騰していることが理由になっていて、全国からしても同様の状態となっています。隣接してる大阪府の土地の上昇率、取引数が上がっていますが、こちらの方が、珍しいものとなっていて、特に問題になることはないです。

京都府の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

京都府の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で京都府の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

京都府の土地の売買・売却ならイエウール

京都府の京都市北区や京都市上京区、京都市左京区など、京都府の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

京都府の土地の売却エピソード

T. Iさんの場合
京都府
土地
96平米
29坪

京都府に持っていた土地を売却することにしました。理由は以前に駐車場をやっていたのですが、全くうまくいかなかったのでやめてしまいました。それで無駄に持っていても、もったいないので売却することを考えました。今の土地を買った時にお世話になった不動産会社に査定をお願いしました。担当者の話によると、場所があまり良くないので、それほど高い値段は付けられないということでした。それでも相場に近い金額だったので、よかったです。

Y. Iさんの場合
京都府
土地
36平米
11坪

京都府で以前、両親が工場を営んでいた土地に建物などは全てなく、広い空き地になっていたのです。兄弟はいなくて私一人で相続をしたのですが、残念ながら私どもも子供もいないというので、有料老人ホームに入るために、その資金にしようと売却を決めました。少し広いこともあり、相場などもわからないまま査定をして貰ったのです。すると、丁度いい具合にその不動産会社がある会社から土地があったら教えてと言われていたと聞き、すぐに売却をしました。

S. Mさんの場合
京都府
土地
60平米
18坪

京都府の土地を売却しました。以前はそこに工場があったのですが、もう会社もたたんでしまって、今は空き地になっています。もう年ですし、これから事業を新たに始めるつもりもありません。それで、この土地は売却することにしたのです。知り合いの不動産会社にお願いして、なるべく早く売っていただくようにお願いしました。担当者の方も頑張ってくれたようで、1か月ほどで売れました。早く売ってスッキリしたかったので良かったです。

京都府土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ