京都府の中古一戸建て売却査定・相場

京都府専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で京都府の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で京都府の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

京都府の一戸建て売却価格推移

京都府の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった京都府の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

京都府の一戸建て価格相場の比較

京都府で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超3527242721911555540
〜220m²438106221
〜200m²51010131011313
〜180m²610152351342132
〜160m²114211711733222
〜140m²8820392320532411
〜120m²1214514251822113
〜100m²1324395846171313
〜80m²29436037228211
〜60m²867570301041111
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの京都府における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

京都府の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

京都府の一戸建て売却に強い不動産会社例

京都府の不動産売却に関する情報を見る

京都府の一戸建て・家の最新売却動向

京都府の一戸建ての売却動向

京都府はかつて平安京が存在していた府であり、2015年7月現在でも京都市中心部ではその時代の名残が見られます。府庁所在地である京都市は関西地方の中心都市として栄えており、毎年世界中から多くの観光客が訪れています。2015年5月時点の京都府の推計人口は、約261万人とされています。1970年から2005年にかけては人口の増加傾向が見られましたが、2005年を境に減少傾向に移りました。特に人口が多いのは京都市であり、府内人口の半数以上にあたる約146万人の方が、京都市に住んでいるとされています(2015年5月時点)。府内では全域的に神社・寺院が数多く見られ、国宝に指定されている建築物も少なくありません。また、京都市だけでなく宇治市・丹後半島などでも観光業が盛んとなっています。

京都府の2014年の平均坪単価は、562,515円となっています。全国47都道府県の中では第4位の平均坪単価であり、前年にあたる2013年と比べると0.34%上昇しています。地価推移については、2008年から2012年までは下落傾向が見られたものの、2012年からは少しずつ地価が上昇してきています(2015年7月現在)。京都府内で特に地価が高いのは、京都市の中京区です。中京区は2013年から2014年にかけて約4.5%地価が上昇し、2014年の平均坪単価は2115,024円となりました。一戸建て物件の成約件数については、2013年の中頃には伸び悩んでいましたが、2014年10月頃からは徐々に増加してきています。

京都市に関しては、ほとんどのエリアで2013年から2014年にかけて地価が上昇しました。ただし、伏見区や山科区など、一部地域では地価が下落しているため注意が必要です。京都市に一戸建て物件を所有している方は、エリアによる地価変動の違いに目を向けるようにしましょう。不動産取引価格については、2013年から2014年にかけて若干下落傾向が見られます。ただし、同期間の公示地価・基準地価は上昇しているため、今後不動産取引価格が上昇する可能性は考えられるでしょう。一戸建て物件の売却に関して特に注意が必要になるのは、舞鶴市や宮津市などのエリアです。北部の日本海に近いエリアに関しては、今後も地価の下落が続くと見られています(2015年7月現在)。

京都府の一戸建て価格比較

2014年の京都府の中古一戸建て住宅の価格は平均坪単価77.1万円で、近畿2府4県の中では最も高い価格となっており、滋賀県や和歌山県と比較すると約1.5倍、隣接する福井県と比較した場合には2倍以上もの価格となっています。しかし、価格相場は2005年から一度も上昇することなく下がり続けており、この先も低調な推移になると予想されます。

京都府の一戸建て取引件数推移

四半期ごとの平成22年4月期から27年3月期にかけての京都府内での中古一戸建ての取引件数は、5500件から7000件程度の幅がありますが平均で6000件程度で推移しており、5年間全体では横ばい状態です。各期ごとの取引件数を比較すると、毎年10-12月期が多く、逆に4-6月期に少ない傾向が見られます。それでも最少の時でも5500件を維持しており、全体に底堅く推移しています。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

N. Mさんの場合
京都府
 
 
3LDK
 
築10年

京都府に住む父の一戸建て住宅を売却することが決まりました。母が亡くなり、一人暮らしの父をわたしが一緒に住むようにするためです。京都府の不動産会社の方を知人に紹介していただきました。不動産会社の担当者の方は明るく話し上手で一戸建て住宅の相場、査定について説明してくれました。要を得た説明で、優しい口調に父も安心したようです。日ごとにわたしと一緒に暮らしたいと言いだし、売却に積極的になりました。父も納得できる価格で契約できました。

R. Sさんの場合
京都府
 
 
3LDK
 
築17年

京都府にあるかなり古い一戸建て住宅を資産整理の観点から売却することにきめました。いつもお世話になっている不動産屋さんに相談しに行ったところ、京都府の物件はあまりあつかっていないため、顧客も少なく買い手もすぐにはみつけられそうにないとのことで、別の不動産屋さんを紹介していただきました。地元に強いということもあって、相場などもすぐに連絡してくださり、査定結果も相場よりもやや高めに設定されていましたが、すぐに買い手が見つかり売却もスムーズに行うことができました。

M. Wさんの場合
京都府
 
 
1DK
 
築34年

京都府の駅から近い一戸建ての家を所有していたのですが、引越しすることになり不動産屋さんに相談に行きました。賃貸にだすか売却するかを悩んだんのですが、不動産屋さんが賃貸の時のメリットとデメリットを丁寧に説明していただき、メンテナンスが大変なことを考えて売却することにしました。住みたいという書いてがすぐにみつかったので、相場よりも少し高めで売却することができました。また不動産屋さんの手続きや応対も大変丁寧でよかったです。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

京都府一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で京都府の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で京都府の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。