鹿児島県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

鹿児島県の一戸建て・家の最新売却動向

鹿児島県の一戸建ての売却動向

鹿児島県は屋久島や桜島など、豊富な自然を有している県であり、県南部には大小さまざまな島が点在しています。県全土の面積は約9,188平方キロメートルであり(2015年7月現在)、推計人口は約165万人(2015年5月時点)とされています。鹿児島県の人口推移を見てみると、1985年頃から減少傾向が続いています。特に県南部・県東部の自治体では人口の流出が顕著であり、過疎化に悩まされている地域が多く見られます。しかし、県庁所在地である鹿児島市に関しては、近年鹿児島中央駅周辺の開発が進められたこともあり、2010年まで人口の増加傾向が続いていました。鹿児島市は九州南部の中心都市となっており、商業や観光業などが発展しています。

鹿児島県の地価推移は、2007年頃から安定している傾向が見られます。2014年の平均坪単価は173,336円であり、2013年からは0.18%の下落となりました。県庁所在地である鹿児島市の平均坪単価は、2014年のデータで449,346円となっています。一戸建て物件の需要については、鹿児島市では横ばいの状態が続いています。鹿児島市内の南部では近年地価の下落傾向が続いていましたが、谷山で進行された土地区画整理によって下落幅が縮小しました(2012年時点)。一戸建て物件の成約件数を見てみると、2015年の初頭からは若干の減少傾向にありますが、2013年頃からほぼ横ばいの状態が続いています。

鹿児島市内の鹿児島中央駅周辺においては、開発の影響によって今後地価が上昇する可能性があります。鹿児島市内のそれ以外の地域については、特に地価が大きく変動しているわけではないため、不動産取引価格も横ばいの状態になると予想されています。鹿児島県の一戸建て物件の売却において、特に注意が必要になるのは肝属郡・熊毛郡・霧島市などの郊外エリアです。これらのエリアは地価の下落傾向が続いており、中には2013年〜2014年にかけて9%以上地価が下落した地域も見られます。買い手が見つからない状況に陥る可能性もあるため、売却を考えている方は早めに行動することが大切になるでしょう。また、霧島市については観光都市であるため、観光客数の変動に目を向けることも大切です。

鹿児島県の一戸建て価格比較

鹿児島県の中古一戸建ての間取りは1LDKや4LDKなどがあります。相場価格は安い物で480万円で、高くても指宿市にある物で4500万円となっています。同じ九州地方の熊本県の中古一戸建ての相場価格は450万円から3500万円ほどと安くなっていて、大分県は130万円から約2000万円とさらに安くなっています。

鹿児島県の一戸建て取引件数推移

鹿児島県では、ここ数年における中古一戸建て取引件数が、平成23年度が1082件だったものが、24年度に1175件に増加。25年度も増加し1262件、そして26年度は1074件と推移しています。この件数の動きから、鹿児島県における中古一戸建て取引件数に関しては、2年前まで3年連続で増加し続けていましたが、昨年度の件数は、23年度時点の数字にまで減少していると言えます。

鹿児島県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

鹿児島県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった鹿児島県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

鹿児島県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

鹿児島県の鹿児島市や鹿屋市、枕崎市など、鹿児島県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

鹿児島県の一戸建て・家の売却エピソード

H. Oさんの場合
鹿児島県
5LDK
築45年

鹿児島県にある一戸建てに住んでいましたが、子供たちも成長して都会に行ってしまいました。この大きな家に私たち夫婦だけでは、あまりにも広すぎます。そこで、一戸建ては売却してマンションに移り住むことにしました。査定額などあまり期待していませんでしたが、相場よりも高かったので良しとしています。お願いした不動産会社の担当さんはとても丁寧な方で、逐一報告もしてくれましたから、安心して売却をお任せすることができました。

Y. Tさんの場合
鹿児島県
3DK
築41年

昨年より今年にかけて、鹿児島県の一戸建て住宅を売却しようと、不動産屋さんに仲介を依頼しました。今年の7月までは全然売れる気配が無かったのですが、不動産屋さんを変えて仲介することで、内覧者がぐっと増えました。以前依頼していた不動産屋さんは一戸建て住宅はあまり扱っておらず、マンションなどの販売実績が高いので、一戸建て事体は得意なジャンルではなかったようですが、2件目に依頼した不動産屋さんは地域のお客さん情報を沢山持っており、すぐに買い手を見つけてもらいました。

A. Mさんの場合
鹿児島県
3LDK
築13年

鹿児島県の鹿児島市で暮らしています。普通のサラリーマンですが結婚前に中古の住宅を購入しました。不動産価格も安く賃貸に住むよりはお得と思い購入したものです。このたび結婚することになったのですが、やはり古いことネックとなり売却をすることにしました。地元の不動産屋に査定を依頼しましたがいくら一戸建てといっても古いことで高値は付きませんでした。担当の方が日曜日も頑張ってくれたおかげで売却だけは出来ました。

鹿児島県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ