鳥取県の中古一戸建て売却査定・相場

鳥取県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で鳥取県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で鳥取県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

鳥取県の一戸建て売却価格推移

鳥取県の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった鳥取県の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

鳥取県の一戸建て価格相場の比較

鳥取県で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超1626251654111
〜220m²2414
〜200m²733
〜180m²28432
〜160m²2454
〜140m²9211
〜120m²212
〜100m²511
〜80m²2
〜60m²
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの鳥取県における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

鳥取県の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

市区町村から不動産売却情報を探す

一戸建て売却・査定を依頼したい物件の市区町村を選択してください

鳥取県の一戸建て売却に強い不動産会社例

鳥取県の不動産売却に関する情報を見る

鳥取県の一戸建て・家の最新売却動向

鳥取県の一戸建ての売却動向

鳥取県は西日本有数の豪雪地帯であり、市の数が最も少ないとされている県です(2015年7月現在)。県内人口についても約57万人(2015年5月時点)と、全国の都道府県の中で一番少なく、1平方キロメートルあたりの人口密度は163人とされています。鳥取県の人口推移を見てみると、1985年から2015年7月現在まで減少傾向が続いています。県庁所在地である鳥取市では、2005年まで人口の増加傾向が見られましたが、2005年からは減少傾向に移りました。鳥取県の主要都市としては、鳥取市のほかに米子市・倉吉市・境港市を挙げることができます。人口が10万人を超えている自治体は鳥取市・米子市の2つであり(2014年4月時点)、全域的に過疎化に悩まされている自治体が多く見られます。

鳥取県の2014年の平均坪単価は、102,808円となっています。前年にあたる2013年の平均坪単価と比較すると、3.95%の下落となりました。地価の上昇率は全国47都道府県の中で第46位となっており、全域的に下落幅が大きいことが分かります。県内で特に地価が高いのは鳥取市・米子市ですが、これらのエリアでも地価の下落傾向が続いています(2015年7月現在)。鳥取市の2014年の平均坪単価は143,530円(前年比-4.23%)、米子市は129,544円(前年比-3.70%)となりました。地域別に見ても、鳥取県では2013年から2014年にかけて地価が上昇したエリアはほとんど見当たりません。ただし、鳥取市の若葉台南・境港市の昭和町など、ほぼ横ばいの状態になっている地域はいくつか見られます。

鳥取県では今後についても、地価の下落傾向がある程度続くと予測されます(2015年7月現在)。多くの自治体で人口の減少傾向が続いているため、人口の流出に歯止めがかからない限りは、地価が上昇傾向に移るのは難しいでしょう。ただし、県内では商業が発展している国道431号沿いについては、比較的地価動向が安定している傾向が見られます。2013年から2014年にかけては、不動産取引価格も大きく下落しています。公示地価・基準地価の影響を大きく受けているため、鳥取県の一戸建て物件を売却する方は、タイミングに細心の注意を払う必要があります。鳥取県の地価・不動産取引価格が下落している原因としては、企業の撤退や商業地の衰退などが考えられます。

鳥取県の一戸建て価格比較

2014年における鳥取県の中古一戸建て住宅の価格は平均坪単価32.5万円で、中国地方では島根県と並んで最も低い価格となっており、隣接する兵庫県とは2倍以上もの差があります。また、島根県は前年と比べて0.9%の価格上昇を見せたのに対し、鳥取県は6.1%の減少だったため、2015年には島根県よりも低い平均坪単価になる可能性も考えられます。

鳥取県の一戸建て取引件数推移

鳥取県は人口が少ない県として有名ですが、県の中心部が栄えてきているので、それに伴い中古一戸建ても人気がでてきています。中古一戸建てを探す人が都心に比べて少ないことから、出ている物件の件数も少ないですが、転勤などで売りに出されることもあるので、中古一戸建てを探すのであれば根気よく探していくといいでしょう。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

R. Sさんの場合
鳥取県
 
 
5DK
 
築15年

鳥取県に長年すんでいましたが、子どもが大学に入学し旦那と二人になり今の一戸建て住宅は広く感じるようになったので駅前の便利な地域に引越しすることになりました。不動産屋さんには新しい物件を探してもらう当時に、今の一戸建て住宅を査定してもらい売却も検討していました。実際に相場が上向き傾向にあり査定額も増えていることもあり、今の家を売却し、新しい家への頭金にすることにしました。売却と購入を同じ不動産屋さんで行ったため手続きもスムーズに進められて取引も早く終えることができました。

T. Yさんの場合
鳥取県
 
 
5DK
 
築38年

親の日常生活が楽に出来るようにバリアフリー住宅に住みたいと考えていました。今住んでいる一戸建て住宅はかなり築年数が経っているのでリフォームが出来ません。そのため思い切って住み替える事にしました。自宅は鳥取県にあることからここで不動産屋を探して売却の相談をしました。担当者から、査定は出来ても相手が現れないことには進まないのであまり査定額にこだわると、売却までに時間がかかると助言がありました。早めの売却を望んでいましたので、買い手主体の取引になりましたがこちらの第一希望通り早期に決着しました。

A. Uさんの場合
鳥取県
 
 
3LDK
 
築27年

鳥取県に住んでいましたが、旦那さんの転勤で引越すことになりました。時間の猶予があったため、現在所有している一戸建てのお家を査定を出して売却を検討していましたが、近くに不動産屋さんがなくて、駅前まで訪れることになりました。話を聞いていると、アベノミクスの影響で相場が上がっていて、査定額も1年前よりも高い値段がついているなどプラス材料があったことと、不動産屋さんが分かりやすく丁寧に説明してくれたので信頼できると思い仲介を頼むことにしました。売却事体もスムーズにすすめられました。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

鳥取県一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で鳥取県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で鳥取県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。