鳥取県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

鳥取県の土地の最新売却動向

鳥取県の土地の売却動向

鳥取県は中国地方日本海沿岸に位置する県です。県の面積は3,507.05平方キロメートル、総人口は570,924人(2015年5月現在)で、人口密度は1平方キロメートル当たり163人です。全都道府県中、人口と市の数が最も少なく、県面積も7番目に小さくなっています。人口は1996年から19年連続で減少しており、2004年頃までは毎年前年比マイナス0.1%程度の減少率でしたが、近年では減少率が上昇し、毎年前年比マイナス05%からマイナス0.7%減少しています。県内総生産量も日本で最も少なく、産業面でもあまり活況でないのが現状です。

鳥取県の土地単価は、1平方メートル当たり平均31,099円・坪単価102,808円(2014年度)で、前年比はマイナス3.95%の下落となっています。地価は全都道府県中42位、上昇率は46位となっています。2013年から2014年の地価推移では、鳥取県内すべての市町村で前年に比べ地価が下落しています。しかもほとんどの市町村でマイナス3%からマイナス4%と幅の大きな下落となっており、不動産売買や土地の成約動向に関しても活況とは言い難い状況です。2001年から13年連続で鳥取県の地価は前年比下落しており、下落幅も大きいままで回復の傾向は見受けられません。2004年に旧鳥取市と近隣8町村が合併し、現在の鳥取市となりましたが、土地相場水準の高かった旧鳥取市地域は、その分現在大きく地価が下落しています。県西部にある米子市は鳥取市よりも下落幅は小さいですが、これは元々の地価が旧鳥取市ほど高くなかったためだと考えられます。郊外の住宅地や商業地、工業地も下落幅は広がっている状況です。

不動産や土地の売却に関して言うと、鳥取県はかなり難しい都道府県と言わざるを得ないでしょう。県全体として住宅地の売却はどこも低調で、立地によっては買い手を見つけるのが難しい場合も多いようです。土地単価は、1平方メートル当たり平均31,099円・坪単価102,808円(2014年度)ですが、実際の取引価格はそこから20%ほど低い、1平方メートル当たり平均24,551円・坪単価81,161円(2014年度)となっています。このことからも、あまり高い価格での取引は難しいことが分かります。そのため、多少思うような価格でなくとも、買い手が見つかるようなら早めに売却を進めた方が良いでしょう。

鳥取県の土地価格比較

鳥取県の土地価格を周辺の県と比較すると広島県、兵庫県、岡山県に比べて平均の土地の価格は低くなっています。島根県に関しては若干ながら鳥取県の方が低いものの、大差は無いです。それぞれの県の中でも特に差があるのが都市部の土地の価格です。兵庫県、広島県の都市部に比べて鳥取県はかなり低いかかくになっています。

鳥取県の取引件数推移

鳥取県の土地取引件数の推移を見てみると、1993年をピークに減少傾向にあります。鳥取県内で見てみると鳥取市、米子市に関しては減少率は少なく、人口も減っていないので今後も取引件数は変わらないでしょう。それに比べると、西伯郡大山町、日野郡江府町、日野郡日南町、日野郡日野町な等の都市部から離れた場所は減少率も高くなっています。

鳥取県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

鳥取県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で鳥取県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

鳥取県の土地の売買・売却ならイエウール

鳥取県の鳥取市や米子市、倉吉市など、鳥取県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

鳥取県の土地の売却エピソード

S. Mさんの場合
鳥取県
土地
33平米
10坪

いくつか宅地用の土地を持っており、そのうちの一つを売却することになりました。土地のある場所は鳥取県の米子にありますので、この辺りの情報に詳しい不動産屋に相談しました。今時はすべてインターネットで情報が各所と接続されておりいろいろな会社の取引事例を見ながら査定を行ってくれました。一番気になるのは今後の開発の動向ですが、このあたりも価格に反映した査定額でしたので納得しました。買い手があらわれるたびに担当の方は連絡をくれましたので、取引の不安はありませんでした。

K. Nさんの場合
鳥取県
土地
93平米
28坪

鳥取県の駅前の土地を所有していたのですが、管理も大変で上手く活用することができなかったため、不動産屋さんに売却することにしました。査定額は思った額よりも多くそちらの不動産屋さんが直接買い取ってくれるということになりました。おかげで仲介手数料も発生せずに、元気で支払われたため、すぐに取引も終えることができました。またその後は、賃貸住宅を建てるとのことでしたが、駅前のため人気のエリアとして土地が活用されていきそうでホッとしています。

Y. Sさんの場合
鳥取県
土地
33平米
10坪

t鳥取県の駅の近くに祖父から譲り受けた土地を持っていたので、駐車場経営をしていたのですが、旦那の転勤をきっかけに管理が難しくなったので売却することにしました。駐車場の売却事体に相場などがわからなかったのですが、査定結果が更地よりも高い値段がついていて、こちらの不動産屋さんに依頼することになりました。土地としての価値もあり、すぐに買い手が見つかったので、旦那の転勤前に土地を手放すことができて新天地への引越しもスムーズにできました。

鳥取県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ