福井県の中古一戸建て売却査定・相場

福井県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で福井県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で福井県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

福井県の一戸建て売却価格推移

福井県の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった福井県の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

福井県の一戸建て価格相場の比較

福井県で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超2633441565211114
〜220m²351362
〜200m²727141
〜180m²755102
〜160m²521311
〜140m²5735
〜120m²733
〜100m²72111
〜80m²41
〜60m²
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの福井県における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

福井県の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

市区町村から不動産売却情報を探す

一戸建て売却・査定を依頼したい物件の市区町村を選択してください

福井県の一戸建て売却に強い不動産会社例

福井県の不動産売却に関する情報を見る

福井県の一戸建て・家の最新売却動向

福井県の一戸建ての売却動向

福井県は県内全域が豪雪地帯に指定されており、特に冬場は寒さが厳しい県です。全国的に有名な産業としては、繊維産業や眼鏡産業、水産業などを挙げることができます。福井県全体の人口については、2015年5月時点で約78万人とされています。2000年には約82万人の人口を有していましたが、2000年以降減少傾向が続き、2015年7月現在では80万人を下回っています。福井県の中心都市は、県庁所在地である福井市です。福井市には県全体の3分の1にあたる約26万人の方が住んでいますが(2015年5月時点)、福井市でも1995年頃から人口の減少傾向が続いています。平均寿命が全国の都道府県の中でも高い傾向にあり、人口に対する高齢者の割合も比較的高い県です。

福井県の地価推移を見てみると、1992年から2014年まで下落傾向が続いています。ただし、2013年頃からは下落幅が比較的緩やかになってきています。2014年の平均坪単価は149,307円であり、これは全都道府県の中で28位となります。2013年の平均坪単価と比べると、2.34%の下落率となりました。福井県の中で特に地価が高いのは、福井市・敦賀市・小浜市などです。中でも福井市は2014年の平均坪単価が229,427円と、県全体の数値を大きく上回っていますが、福井市でも地価の下落傾向が見られます。ただし、中には2013年から2014年にかけて、地価が上昇したような地域も見られます。具体的な地域としては、福井市の北四ツ井、上森田などを挙げることができます。

福井市の中でも、特に交通機関・商業施設が発展している地域では、地価の上昇傾向が見られます。ただし、今後も継続的に地価が上昇する可能性が高いわけではないため、そのような地域に一戸建て物件を所有している方は、売り時に注意するようにしましょう。一方あわら市や小浜市、丹生郡などでは、2013年に比べて6%以上地価が下落したような地域も見られます。過疎化・高齢化などが一因として挙げられますが、そのような地域については、地価の上昇を期待することは難しいでしょう。福井県では公示地価・基準地価の下落とともに、不動産取引価格も下落している傾向が見られます(2014年時点)。人口の流出入から判断すると、今後も地価・取引価格の下落がある程度続くと見られています(2015年7月現在)。

福井県の一戸建て価格比較

福井県の中古一戸建て住宅価格は2014年の平均坪単価で見ると35.3万円で、石川県・富山県・福井県の北陸3県の中では丁度真ん中の価格となっています。隣接する京都府・滋賀県・岐阜県と比較すると最も低い価格ですが、前年からの推移では北陸地方を含めて唯一の上昇を見せています。県内の地域では鯖江市や吉田郡が平均を大幅に上回る価格になっており、福井市や越前市も平均以上の価格になっています。

福井県の一戸建て取引件数推移

福井県は季節風の影響で冬には雪が降る地域です。日本海に面していることから、漁業などに従事する人もいます。 あまり都市化が進んでいる地域ではないため、マンションなどの集合住宅よりも一戸建て住宅が多く見られます。中古一戸建てもどちらかというと盛んに取引されている方で、取引件数は多めの水準で安定しています。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

R. Nさんの場合
福井県
 
 
3LDK
 
築16年

福井県の一戸建て住宅を所有していたのですが、今年に入ってから売却を検討し始めました。不動産屋さんに査定を依頼したところ、売却額は事前に調べていた相場価格よりも少し高い額を提示してもらったので、そちらに依頼することにしました。実際に高く売れるかは不安でしたが、不動産屋さんが広告に力を入れてくれたところと、良い点をアピールしてくれたので、買主も希望通りの価格で見つけていただくことができ、取引をすぐに完了することができました。

K. Nさんの場合
福井県
 
 
2LDK
 
築15年

福井県に住んでいたのですが、会社の都合で隣の富山県に移ることになりました。その際に我が家である一戸建て住宅を売却しようと不動産屋さんを訪れたところ、査定をしてくれるということで依頼しました。査定額は相場並みで売却できるということで、ほっとしたのと、不動産屋さんが力をいれて宣伝してくれたおかげで、買主もすぐに見つけていただきました。取引自体も話を不動産屋さんが主体となって色々と通してくれたのですぐに完了することができました。

R. Nさんの場合
福井県
 
 
3DK
 
築28年

2009年に金銭的な問題があり、地元の不動産会社に一戸建ての売却を依頼しました。福井県の新築と中古を合わせた一戸建ての年間取引件数が110件前後と少ないから、売却を急ぐなら販売価格を下げる必要があると言われました。しかし、販売価格を2割ほど下げたにもかかわらず、売却までに1年以上かかりました。地元の不動産会社にお願いせずに、全国規模の大手不動産会社に依頼すれば、もっと高く売れたのではと後悔しています。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

福井県一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で福井県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で福井県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。