福井県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

福井県の土地の最新売却動向

福井県の土地の売却動向

福井県は約4,190平方キロメートルの面積を有している県であり(2015年7月現在)、県内には約78万人が住んでいるとされています(2015年5月時点)。人口密度は1平方キロメートルあたり188人であり、全国の都道府県の中では低い水準となっています。県庁所在地である福井市は、同県のプライメイトシティ(一極集中型都市)となりつつあり、市内には県内人口の3分の1にあたる約26万人の方が住んでいます(2015年5月時点)。同市は国から特例市に指定されていますが、1995年以降は人口の減少傾向が続いています。福井市以外の主要都市としては鯖江市・越前市・敦賀市などを挙げることができますが、いずれの都市においても人口は10万人に達していません(2015年5月時点)。全域的に県外へ流出する人口が多く、過疎化・高齢化に悩まされている自治体がいくつか見られます。

福井県の土地の成約件数については、ここ数年を通して比較的安定している傾向が見られますが、全国のほかの都道府県と比較すると、成約件数は伸び悩んでいると言えるでしょう(2015年7月現在)。平均坪単価を見てみると、2014年のデータでは149,307円となっています。前年比は2.34%の下落となり、全国47都道府県の中では第36位の上昇率となりました。県内で特に地価が高いのは福井市となりましたが、市内の土地の需要に関しては伸び悩んでいる状態です。また、福井市以外の地域についても、全域的に需要が低下している傾向が見られます。今後も需要の低迷が続くと、公示地価や土地取引価格の下落幅が拡大する可能性があります。

福井市では地価の下落傾向が見られますが、人口の減少に悩まされている地域が多いため、2015年以降も地価の下落がある程度続くと予想されます。ただし、福井市の北四ツ井・上森田・宝永などの一部地域では、2013年から2014年にかけて地価の上昇が見られました。福井駅北側の地域については、今後も地価が上昇する可能性は考えられるでしょう。土地の売却において特に注意が必要なエリアは、あわら市や小浜市などです。2013年から2014年にかけて、6%以上地価が下落した地域も一部見られるため、売却を考えている場合には早めに行動し始めることが大切になるでしょう。

長野県の土地価格比較

長野県は、東京都内からも新幹線であっという間に行くことが出来るという、好条件の立地となっています。そのために、週末や連休などにふらっと遊びに行くことも出来る、手軽な保養地としても人気と言えます。そこに土地を買い、別荘を建てようと思っている方もあるでしょうが、例えば神奈川県の箱根などに比べると割安だというのも人気の理由です。

長野県の取引件数推移

長野県に土地を買おうと思っている方の中には、どのようなタイミングで購入をすればお得なのかが分からないために、何年間も悩んでいるという方もいらっしゃるかもしれません。今年などは、数年前からの不景気からは脱却してきたこともあり、取引件数なども増えているために、掘り出し物なども見つかりやすいかもしれません。

福井県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

福井県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で福井県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

福井県の土地の売買・売却ならイエウール

福井県の福井市や敦賀市、小浜市など、福井県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

福井県の土地の売却エピソード

T. Iさんの場合
福井県
土地
159平米
48坪

長野県の土地を売却することになるとは思いもよらないことでした。90才の父を亡くし、父の面倒を長年世話をし苦労して母は土地を守っていました。残された自分たち兄妹は話し合いの結果売却することになりました。長男の自分の責任なので慎重に不動産会社を選びました。心優しそうな不動産会社の担当者の対応と不動産会社の明るい雰囲気が好印象で、決めることにしました。土地の相場や査定もきめ細かに説明してくれ納得できる価格でした。兄妹のもめごとにもならず、長男の責任を果たせました。

Y. Yさんの場合
福井県
土地
76平米
23坪

長野県の土地の活用方法を検討していたのですが、駐車場経営や賃貸住宅を建てることも管理にさける時間がなく、売却することになりました。査定額も相場より高めの値段になっていたことと、すぐに現金が手に入るということで、一番親身なって聞いてくれた不動産屋さんに依頼することにしました。依頼してから、1週間で広告チラシも入るようになり、1ヶ月もたたないうちに買い手もみつかりすぐに売却することができてあまり苦労することなく完了できました。

E. Kさんの場合
福井県
土地
116平米
35坪

長野県の土地を売却することになったのは固定資産税を支払うことが家計の負担になり、気軽になりたかったからです。家族と相談した結果不動産会社に依頼することにしました。不動産会社の担当者は若くて明るい方でした。心配りや、電話で土地の相場の質問にも正確に答えてくれ、査定についての報告もしてくれました。担当者を気に入った主人が短期間で取引し、売却価格も納得できました。固定資産税の心配がなくなり、教育費に使えます。

福井県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ