神奈川県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

神奈川県の一戸建て・家の最新売却動向

神奈川県の一戸建ての売却動向

神奈川県は全国の中でも人口密度が特に高い県であり、2015年5月時点では東京都・大阪府に次ぐ第3位の人口密度となっています。2015年5月時点の推計人口は約911万人とされており、人口密度は1平方キロメートルあたり約3,770人です。県内には横浜市・川崎市・相模原市の3つの政令指定都市が存在しており、政令指定都市の数は全国の都道府県の中で最多となります。これら3つの都市が県の中心都市であり、特に横浜市は経済だけでなく、神奈川県の行政の中心地としての機能を果たしています。県全体の人口推移を見てみると、1970年以降から増加傾向が続いています。日本の首都である東京都と近いことから、東京都内のベッドタウンとして発展を続けた影響と見られます。

横浜市の一戸建て物件の成約件数は、横浜市東部・西部ともに、2015年初頭から横ばいの状態となっています。川崎市については、2015年初頭に比べると成約件数が減少傾向にあります。神奈川県全体の公示地価・基準地価については、2013年から2014年の期間で2.00%の上昇となりました。2014年の平均坪単価は766,955円であり、特に横浜市の西区や中区、川崎市の中原区の地価が高い傾向にあります。また、2013年から2014年にかけて最も地価の上昇率が高かったのは、横浜市神奈川区の12.09%となっています。

横浜市・川崎市の一戸建て物件を所有している方は、全域的に地価が上昇傾向にあるため、売り時が近付いていると判断しても良いでしょう。ただし、これらのエリアは今後も地価が上昇する見込みがあるため、慎重にタイミングを見極めることが大切です。鎌倉市・藤沢市については、2013年から2014年にかけて地価が上昇しているものの、上昇率はいずれも1%以下となっています。上がり止めの時期に差しかかっている可能性があるため、早めに売却することも意識しておきましょう。全域的に地価の上昇が見られる神奈川県ですが、秦野市や三浦市、郊外の町村では下落傾向が見られます。特に三浦市は2013年から2014年にかけて4%以上地価が下落しているため、売却のタイミングには注意が必要となります。

神奈川県の一戸建て価格比較

神奈川県の中古一戸建てを買う場合土地単価が坪76万円です。隣接する他の度道府県と価格を比較すると、東京都は坪単価264万円、静岡県は29万円と大きな開きがあります。神奈川県内でも都心部に近いところのほうが高いのですが、できるだけ安い中古一戸建て住宅を買いたい場合には都心部から遠ざかる必要があります。

神奈川県の一戸建て取引件数推移

神奈川県の中古一戸建ての取引推移は、もっとも取引件数が多かったのが2013年です。2013年には翌年の2014年4月に消費税が増税されることを予期できていましたので、駆け込み需要があったものと予想できます。2013年に駆け込み需要が起こったことで、本来2014年内に購入を予定していた人も2013年に購入したため2014年の購入件数は大きく減少しています。

神奈川県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

神奈川県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった神奈川県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

神奈川県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

神奈川県の横浜市鶴見区や横浜市神奈川区、横浜市西区など、神奈川県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

神奈川県の一戸建て・家の売却エピソード

T. Hさんの場合
神奈川県
2LDK
築16年

地方に住んでいて関東圏への憧れから神奈川県で中古の一戸建て住宅を探していました。神奈川県に既知の不動産屋は無いことからインターネットで探しました。やはり大手は物件数も多く安心できることから相談することにしました。メールでのやり取りも担当の方は丁寧に対応してくれ、掲載物件以外の売却予定のものまで教えてくれました。そのため、自分の好みに合い予算内の物件が半年も経たず見つかりました。購入した家は家族全員満足しています。

T. Yさんの場合
神奈川県
2DK
築50年

神奈川県に数十年間在住していたのですが、子どもの入学とともに引越しを決意しました。近所の不動産屋さんを訪れたところ、我が家の一戸建て住宅を買い取ってくださるということで、仲介手数料が不要となり、売却までの時間も短縮することができるとのことで、その不動産屋さんを選びました。買主が不動産屋さんとのこともあり、手続きもスムーズに進めることができ、また売却額も相場よりも少し高めに買い取ってもらえたので手元に現金が多く残りました。

M. Yさんの場合
神奈川県
3DK
築6年

神奈川県で、使用していない一戸建てを所有していて、手入れが大変なことや、税金の負担などの問題もあって売却を考えました。不動産会社の査定からは、物件の相場や手数料などのコストがわかるので、実際の価格の内容をわかりやすく伝えてくれるところを選びました。結局、売却はもう少しあとにすることにはなりましたが、神奈川県での場所による不動産相場の違いや、建物についてのアドバイスなど、有利に売るための知識を得られました。

神奈川県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ