石川県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

石川県の一戸建て・家の最新売却動向

石川県の一戸建ての売却動向

石川県は、県庁所在地である金沢市を中心に発展を遂げている県であり、2015年5月時点での県内人口は約115万人とされています。面積は約4,186平方キロメートル、人口密度は1平方キロメートルあたり275人です(2015年5月時点)。県内の人口推移については、1995年から若干減少傾向が続いているものの、比較的安定しています。金沢市については2005年から2010年にかけて人口が増加傾向にあり、2015年5月の時点では約46万人となっています。金沢市以外の中心都市としては、加賀市や小松市などを挙げることができます。いずれの都市も1平方キロメートルあたりの人口密度が200人を超えていますが(2015年5月時点)、2000年頃から人口の減少傾向が続いています。

石川県の平均坪単価は、2014年のデータで192,447円となっています。前年にあたる2013年と比較すると、0.49%の下落となりました。全都道府県の中で平均地価は第16位、上昇率は22位に位置しています。石川県ではバブル経済期以降から地価の下落が続いていましたが、2011年頃からは下落率が小さくなっています。県庁所在地である金沢市に関しては、人口の流入の影響を受け、2013年から2014年にかけて地価が0.90%上昇しました。また、金沢市では一戸建て物件の成約件数も比較的安定しています。ただし、ほかの自治体については全域的に地価が下落しています。特に珠洲市・羽咋郡は地価の下落率が大きくなっています。

金沢市は2012年頃に都心回帰の傾向が見られたため、住宅地の需要が高まりました。それが地価の下落を抑える方向に働き、2013年を境に地価は上昇傾向へ移りました。金沢市については、今後も地価の上昇が続く可能性が考えられるでしょう(2015年7月時点)。しかし、中には2013年から2014年にかけて、地価が大きく下落した地域もいくつか見られます。具体的な自治体としては、輪島市を挙げることができます。輪島市の2014年の地価は、前年と比べて6.48%下落しました。金沢市の一戸建て物件については売り時が近づいていると判断できますが、ほかの自治体については、売却のタイミングを慎重に判断する必要があります。特に地価が大きく下落している地域では、下がり止めのタイミングをしっかりと見極めることが大切になるでしょう。

石川県の一戸建て価格比較

平成26年における石川県の中古一戸建て住宅の平均坪単価は38.2万円で、同じ北陸地方の福井県、富山県と比較して最も高い平均値となっています。しかし、前年の平均坪単価との比較では2.3パーセントの減少を見せた富山県と、0.6パーセントの増加を見せた福井県に対して石川県は2.4パーセント減少しており、最も高い減少率を示しています。

石川県の一戸建て取引件数推移

石川県の中古一戸建て取引件数は2009年の552件から毎年上昇し、ピークの2013年には879件、2014年は751件と推移しています。近年の取引では築3年未満の物件が全体の20%を占めており、価格上昇要因になっています。また、専有面積100㎡未満のファミリー向けの物件と築40年を超える物件も増加しています。

石川県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

石川県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった石川県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

石川県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

石川県の金沢市や七尾市、小松市など、石川県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

石川県の一戸建て・家の売却エピソード

T. Oさんの場合
石川県
5LDK
築22年

石川県野々市市は、全国的にも人気のあるエリアとして注目されており、店舗の充実や道路整備などによって永住される方が増えていることから、手持ちの一戸建て住宅の売却をするには良きタイミングだと思いました。そこで、地元の不動産屋に査定をしてもらい、松任へ引越しすることを前提とし、お手頃のマンションの紹介やその購入費用の頭金を踏まえた査定をしてもらうことが可能となりました。売却する物件は築20年のため、リフォームの必要はありますが、そこそこの価格で売りに出すことが出来き、買い手がすぐ見つかったため、スムーズな住み替えができました。

Y. Oさんの場合
石川県
3LDK
築38年

石川県能美市に住んでいた祖母が亡くなったため、その住宅を処理するべく不動産屋に相談しました。住宅は道路に面しているため、一戸建て住宅の需要が少ないエリアですが、そこそこ買い手は見つかるとのことでした。それから3か月ほど経過し、買い手がみつかりました。買い手は工事業者であり、住宅を解体して資材置き場として利用されるとのことでした。そのため、解体費用を負担することを条件として、査定額そのままで売却することが可能となりました。

A. Oさんの場合
石川県
1DK
築21年

祖父が介護が必要になってしまったので、それまで暮らしていた加賀市にある一戸建て住宅を売却し、同居することにしました。加賀市は石川県と福井県の境界にあるエリアのため、需要が少なく査定額も抑え目でしたが、土地としての需要があるため、買い手をすぐに見つけることができました。住宅の解体費用の負担はありましたが、結果的に黒字にすることができましたので、固定資産税を負担することもなく、非常に良かったと思います。

石川県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ