石川県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

石川県の土地の最新売却動向

石川県の土地の売却動向

石川県は北陸地方に位置している県であり、県北部の能登地方・県南部の加賀地方の2つの地方に分けられています。能登地方の主要都市としては輪島市、加賀地方の主要都市としては金沢市が挙げられます。石川県の推計人口は、2015年5月の時点で約115万人とされています。県域面積は約4,186平方キロメートル(2015年7月現在)、人口密度は1平方キロメートルあたり約275人となっています。県庁所在地でもある金沢市は、県内だけでなく北陸地方の中心都市として機能しています。市内には約46万人の方が住んでおり(2015年5月時点)、1996年には国から中核市に指定されました。兼六園や尾山神社など、全国的に有名な観光スポットが市内に点在しており、毎年県外から多くの観光客が訪れている都市でもあります。

石川県の土地の成約件数を見てみると、2015年初頭には件数が一時的に落ち込みましたが、それ以降は安定した時期が続いています(2015年7月現在)。地価については、若干の下落傾向が続いているものの、2012年頃から下がり幅が縮小しました。2014年の平均坪単価は192,447円となり、前年にあたる2013年と比較すると0.49%の下落となっています。金沢市については、2012年頃に都心回帰の傾向が見られるようになり、住宅地の需要が増加してきています。金沢市は2013年〜2014年にかけて平均地価が0.90%上昇しており、2014年の平均坪単価は323,103円となっています。金沢市のほかに地価が高い地域としては、野々市市や白山市などを挙げることができます。

金沢市に土地を所有している方は、売り時が近づいていると判断しても良いでしょう。金沢市では2012年以降地価が安定傾向にあり、特に本町など金沢駅周辺のエリアについては、高い売却額を期待しやすくなっています。一方、鳳珠郡や輪島市、羽咋市など石川県の郊外のエリアでは、地価の下落傾向が続いています。いずれも人口の減少傾向が見られるエリアであるため、今後も地価の下落が続くと予想されます。石川県の工業地に関しては、全域的に需要が低迷しているとされています。市場に出ている不動産にも購入者が現れない状態が続いており、供給過多の状態になりつつあります。

山梨県の土地価格比較

山梨県は、東京都内で働いているサラリーマンなどにとっては、週末などに気軽に温泉やぶどう狩りなどを楽しんだりする事の出来る、近場のリゾートと言っても過言ではないところです。そのために、土地を買って別荘を建てようかとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。軽井沢などに比べると、ずいぶんリーズナブルなものが見つかるのも嬉しいところです。

山梨県の取引件数推移

山梨県の土地を買おうと思っていても、その買い時は本当に今で良いのかと悩んでしまう人もいらっしゃるものでしょう。数年前からの、リーマンショックなどの影響を受けての不景気のあおりを受けていた時期もひと段落したため、ここ数年でまた土地の取引を再開した人も多くなっていることもあり、掘り出し物なども結構出回っています。

石川県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

石川県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で石川県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

石川県の土地の売買・売却ならイエウール

石川県の金沢市や七尾市、小松市など、石川県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

石川県の土地の売却エピソード

Y. Kさんの場合
石川県
土地
122平米
37坪

相続が発生して山梨県にある土地を相続したのですが、相続税を支払う為に土地を売却しようと考えたのですが、山梨県内の相場が分からなかった為に、地元の不動産屋数軒に一括見積もりをとりました。その内一軒の不動産屋の営業マンの方が査定の仕方や相場を非常に詳しく教えてくださったので、この不動産屋に任せても大丈夫だろうと思い、売却をお願いしました。その営業マンの方からの提案で全て売却しなくても、土地活用の話もしてくれたので相続税も支払う事が出来、かつ資産運用までできました。大変ありがたかったです。

T. Aさんの場合
石川県
土地
192平米
58坪

山梨県に土地を持っていたのですが、維持が難しくなり売却を検討することになりました。場所はかなり田舎で、果たしてこの土地を購入してくれる人がいるのかどうか不安でした。いくつかの会社に話をしてみましたが、小さな会社では断られることもありました。そんな中で、大手の数社の不動産会社から査定をもらえました。その中で、一番熱心に話を聞いてもらえた会社にお願いすることにしました。ダメでもともとと思って待つこと数ヶ月、「売れました」という電話をいただきました。聞けば、多くの広告を出し、人のツテなども利用して物件情報を広めてくれたようです。このあたりはやはり大手の強みかなと思いました。

A. Oさんの場合
石川県
土地
152平米
46坪

山梨県の富士山の麓に土地を持っていました。別荘を建てようと考えていましたが、資金繰りが危うくなってきたため、別荘を建てることを断念して、土地を売却することにしました。長く親交のある不動産会社の社長に土地の査定をお願いしました。相場と照らし合わせてみると、良い値段をつけることができるということでした。別荘を建てる準備まで行っていたので、手入れはしっかりしているところもちゃんとチェックしてくれて、プラス査定をしてくれました。親切にやってくれてありがたかったです。

石川県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ