沖縄県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

沖縄県の一戸建て・家の最新売却動向

沖縄県の一戸建ての売却動向

沖縄県は日本の最西端に位置しており、350以上の島で構成されている県です。県庁所在地の那覇市がある島は「沖縄本島」と呼ばれており、沖縄本島には那覇市以外にも沖縄市・うるま市などの主要都市が存在しています。沖縄県の推計人口は、2015年5月時点で約142万人とされています。有している面積が約2,281平方キロメートル(2015年7月現在)であるため、人口密度は1平方キロメートルあたり625人となります。沖縄県は1970年から2015年7月現在まで、急激に人口が増え続けている県です。人口増加の要因としては、IT系企業の進出や出生率の高さなどが挙げられます。ただし、人口が増加しているのは沖縄本島の主要都市が中心であり、郊外や沖縄本島以外の島については人口の減少傾向が見られます。

沖縄県の2014年の平均坪単価は242,947円です。前年である2013年の平均坪単価と比較すると、0.49%の上昇とされています。平均地価・地価上昇率ともに、47都道府県の中で第14位となりました。沖縄県の地価推移を見てみると、1991年から10年以上下落傾向が続いていましたが、2008年頃からは安定している傾向が見られます。観光客数の回復、沖縄本島の人口増加などが要因として挙げられるでしょう。また、都心部では一戸建て物件の需要も安定してきています。ただし、沖縄本島の南部、沖縄本島以外の島については、地価の下落傾向が続いています。沖縄県では都心部と郊外の二極化がはっきりと現れており、今後も地価・人口の格差は拡大していくと見られています(2012年時点)。

沖縄県の那覇市・沖縄市などの主要都市では、2015年7月現在でも人口が増加傾向にあるため、今後も地価の上昇傾向が続くと予想されます。ただし、不動産取引価格については、2013年〜2014年にかけて下落しています。一戸建て物件の売却を考えている方は、地価動向だけでなく成約価格の動向・市場の動向にも目を向けることが大切になるでしょう。沖縄本島でも、豊見城市などの郊外に一戸建て物件を所有している方は、早めに行動することが大切になります。郊外では一戸建て物件の需要が低下してきており、地価の下落傾向は今後も続くと予想されます。売却額・査定額が下がる前に売却する、という選択肢も考えることが望ましいでしょう。

沖縄県の一戸建て価格比較

国土交通省の売買データを基にすると、2014年に取引された沖縄県の中古一戸建て住宅の価格は平均坪単価65.6万円で、九州地域では群を抜いて高い価格となっており、大阪府とあまり変わらない値になっています。また、昨年からの推移でも3.6%の減少で、九州地域で唯一価格が上昇した長崎県に次いで良い数字となっています。

沖縄県の一戸建て取引件数推移

沖縄県は沖縄本島の他にもかなり多くの小さな島々から成ります。そのため、あまり引越をする人は多くありません。那覇市では少し多い傾向にあります。 不動産の取引は、本州にある県ほど活発ではなく、土地や建物を売却する人は少ないです。中古一戸建て住宅の取引は、以前から少ない傾向で推移しており、近年においてもあまり変化はありません。

沖縄県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

沖縄県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった沖縄県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

沖縄県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

沖縄県の那覇市や宜野湾市、石垣市など、沖縄県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

沖縄県の一戸建て・家の売却エピソード

M. Kさんの場合
沖縄県
1LDK
築38年

生まれてから55年間ずっと沖縄に住んでましたが、一度は本州に住んでみたいと思っていたことがきっかけで沖縄県の住み慣れた一戸建てを売却しました。全国展開している不動産屋さんに相談して売却手続きのお願いをしました。まめに電話をくれる親切な対応が気に入ったのと、気さくで話しやすい社員さんだったのでスムーズに売ることが出来ました。価格も後から調べたら相場よりやや高めで売れていましたので、金額面でも満足です。

Y. Fさんの場合
沖縄県
3LDK
築11年

東京に引っ越しをするため、沖縄県にある自宅を売却しました。3LDKの一戸建てでしたが築10年だったので本当に売れるか心配でした。しかし出来るだけ早く売却したかったので、仲介会社の担当者に相談をしたところ、当初より若干売値を下げて不動産サイトに載せる事にしました。そうしたら1か月で3件の見学申し込みがあり、3か月後には契約が成立しました。どうなるかと思いましたが、担当をしてくれた人に感謝をしています。

N. Mさんの場合
沖縄県
2LDK
築22年

沖縄県の一戸建てを売却することになったのは、両親が亡くなり遠くにいる一人娘の自分が跡を継ぐことができないために親戚から売却したほうがいいという助言できめました。不動産会社は親戚の友人が経営しており、気安い雰囲気で取引ができました。納得できる価格で売却でき、墓前にも報告しました。一戸建ての自宅は自分から離れても、不動産会社の担当者とは深い絆ができました。わたしの息子の就職の世話をしてくださいました。現代社会は遠くにいても便利な時代だと実感しました。

沖縄県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ