沖縄県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

沖縄県の土地の最新売却動向

沖縄県の土地の売却動向

沖縄県は九州の南西にある諸島群からなる、日本最西端の都道府県です。総面積は2,281平方キロメートル、総人口は推計1,425,232人、人口密度は1平方キロメートル当たり625人となっています。亜熱帯に分類される年間通して温暖な気候と、観光産業での発展が特徴です。沖縄県の人口は年々増加しており、1970年には97万人だった人口が今では1.5倍近い142万人になっています。最大の理由となっているのは、1975年以来40年近くに渡って出生率が全国1位となっていることです。年齢別の分布でも、14歳以下の割合が全都道府県で最も高く、逆に65歳以上の割合が最も低くなっています。他県からの移住者による増加も多く、他の都道府県が少子高齢化で人口減少しているのとは対照的に、安定した人口増を続いています。

沖縄県の土地単価は、1平方メートル当たり平均73,355円・坪単価242,497円(2014年度)で、前年比は0.49%の上昇となっています。地価は全都道府県中14位、上昇率も14位となっています。2012年から3年連続で県土地単価の総平均が上昇しており、市町村別に見ても多くの地域が上昇か横這いを維持しています。人口増や観光業の好調を受け、土地の取引や成約動向も活況です。ただし、沖縄県はいくつもの小さな島によって成り立っているため、土地価格は島によって大きく異なります。多くが横這いではあるものの、地域によっては極端に地価が安いところもあるため注意が必要です。最も堅調なのは県庁所在地である那覇市ですが、那覇市内でも利便性の高い新都心や真嘉比などに対し、都市モノレール圏外になっている真和志などは地価が下落しているようです。

沖縄県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均51,046円・坪単価168,747円(2014年度)で、公示土地単価に対して約30%の差があります。前述したように県全体で見ると人口も増加し不動産取引も堅調ですが、地域によってかなりばらつきがあります。土地売却を考える場合は、その地域の観光業やリゾート投資の状況を見極めて判断することが大切です。スローライフを求めて移住してくる方も多いため、中心都市以外の土地の売却を考えている方は、自然の豊かさを前面に出して売りに出す方法もあります。

沖縄県の土地価格比較

沖縄県の土地価格は、坪当たり24万2497円で全国的に見ると14位に位置しています。豊かな自然に憧れて県外から移住する人もいるため、活発に土地の取引が行われています。現在沖縄県では、プチマンションバブルが起こっているので、今後も不動産の売買が盛んになり、需要の高まりにつれて土地の価格も上がると予想されます。

沖縄県の取引件数推移

沖縄県の土地の取引件数の推移を過去の5年間の推移で見ていきますと、平成22年から27年にかけて四半期毎の件数は2700件以上となり安定した取引数を見せ、多いときで3750件程度となるなど、おおよその推移を見せています。この5年間の取引動向ですが、おおむね並があるものの全体としてはフラットな動向となります。

沖縄県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

沖縄県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で沖縄県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

沖縄県の土地の売買・売却ならイエウール

沖縄県の那覇市や宜野湾市、石垣市など、沖縄県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

沖縄県の土地の売却エピソード

C. Yさんの場合
沖縄県
土地
175平米
53坪

沖縄県の土地売却を経験し、不動産会社とかかわりを持ち沖縄県の未来を考えるほどになりました。故郷が遠くにあると土地への愛着が深くなるなります。売却した現在は、不動産会社のあたたかい県民性を知り、あらためて信頼の気持ちと感謝の気持ちが湧いてきます。査定、土地の相場は確実で、不動産会社の担当者との会話も楽しいものでした。売却価格も納得でき、短期間できめることになりました。日本人に生まれて良かったと実感しました。

S. Sさんの場合
沖縄県
土地
145平米
44坪

沖縄県の土地を売却しました。祖父から受け継いだ土地ですが、あまり活用することができずに困っていました。持っているだけでは税金がかかるので何とか処分したくて、ネットの一括査定を利用してみました。思っていた以上に高額の査定をしてもライ本当に驚きました。私がこのまま持っているよりも早く処分した方が良いと思い、そのまま売却してもらうことになりました。時間がかかるのは覚悟の上でしたが、思ったよりも早く売れたので良かったです。

N. Tさんの場合
沖縄県
土地
36平米
11坪

最近沖縄県では、観光客を対象にしたホテルなどが多く建設されて土地が人気なので、このタイミングで売却を決意しました。しかし実際は、住んでいる地域にそれほど多くの観光客は訪れないようで、ホテルは複数いらない状況でした。元々広大な土地だったので、一般家庭の住居として活用するには広すぎました。担当者の人が、建築物がダメなら畑を作れるとして宣伝したらどうかと提案してくれ、その発想のおかげでスムーズに売却できました。

沖縄県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ