東京都一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

東京都の一戸建て・家の最新売却動向

東京都の一戸建ての売却動向

東京都は日本の首都であり、新宿区や中央区などをはじめ、全23区の東京特別区と多摩地域、島嶼部で構成されています。約2,190平方キロメートルの面積に約1,300万人の方が住んでおり、人口密度は1平方キロメートルあたり6,140人とされています(2015年5月時点)。1970年には既に人口が1,000万人を超えていましたが、それ以降も人口の増加傾向が続いています。経済・流行・行政の中心地である点、数多くの企業が本社を構えている点などが、人口増加の一因として挙げられるでしょう。東京都は比較的若年層の割合が高い傾向にありますが、2010年の時点では高齢化率も20%を上回りました。今後も高齢化率の上昇が見込まれており、2020年には25%を超えると言われています。

東京都の2014年の平均坪単価は、2,648,471円となりました。これは47都道府県の中で第1位であり、2013年の平均坪単価と比較すると4.06%の上昇となりました。上昇率に関しても、47都道府県の中で第2位にランクインしています。公示地価・基準地価の推移を見てみると、2013年を境に上昇傾向となっています。特に中央区・千代田区・港区などでは、2014年の公示地価が前年比5%以上の上昇となりました。23区以外については、三鷹市の地価が急上昇しています。2013年から2014年にかけて14.82%上昇し、2014年の平均坪単価は1,559,504円となりました。

23区内や特別区周辺のエリアは全体的に地価が上昇傾向にあるため、これらのエリアに一戸建て物件を所有している場合には、売り時が近付いていると判断しても良いでしょう。ただし、2020年には東京でオリンピックが開催されるため、今後も地価が上昇する可能性があります。できるだけ高く物件を売りたい方は、2020年をひとつのタイミングとして考えておくと良いでしょう。全域的に地価の上昇が見られる東京都ですが、中には奥多摩町や檜原村のように、2013年から2014年にかけて3%以上地価が下落している地域も見られます。特に島嶼部については、今後地価が下落する可能性があるため注意が必要です。島嶼部に一戸建て物件を所有している方は、今後の地価の動向を細かくチェックするようにしましょう。

東京都の一戸建て価格比較

東京都というのは、日本でも一番大きな都市のために、多くの人が住んでいるところです。重要な機関や企業なども多いので、都心に住んで仕事をしているという人も沢山いますが、マンションは手狭になってきたので一軒家を購入しようという事もあるものです。しかし、なかなか予算的に厳しいという方の場合には、中古一戸建てを探してみましょう。

東京都の一戸建て取引件数推移

東京都内であれば、中古一戸建てといえども相当のお値段がするのではと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、実は意外にリーズナブルな物件も少なくはありません。特に築年数がかなり経っているようなものであれば、郊外の物件ともそう変わらないのです。リーマンショックなどで不動産の売買があまりなされない時期もありましたが、ここ数年でその取引件数も増えてきています。

東京都の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

東京都の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった東京都の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

東京都の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

東京都の千代田区や中央区、港区など、東京都の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

東京都の一戸建て・家の売却エピソード

Y. Kさんの場合
東京都
3DK
築21年

東京都にある一戸建てを売却するときのこだわりは、出来るだけ高く売却することでした。売却をする時は不動産会社を選ばなければなりませんが、その割にはインターネットのホームページの第一印象、つまり見た目だけで決めました。最初はメールのやり取りから始まりましたが、実際に営業マンに会った時に印象が良かったので間違い無いと思ったのです。売値は高いとなかなか売れないと言われたので止むを得ず値段をさげたら3ヶ月で売れました。

G. Mさんの場合
東京都
1LDK
築22年

東京との一戸建ての相場は、極端です。東京都港区のベイエリアと墨田区の下町では雲泥の差があります。また、1戸建て住宅の延床面積によっても大きな差が生じています。延べ床面積200ヘイホーメートル前後が一番単価が高くにあります。さらに大きな金額差を生む要素に最寄りの駅からの距離によります。東京に住む人は、あくまで利便性を追求しているため駅からの距離は最重要なファクターです。便利でない東京の土地建物は価値が下がってしまいます。

R. Iさんの場合
東京都
2LDK
築6年

東京都の一戸建て住宅を売却することになりました。相続税の支払いのためです。相続税が多額なことと、東京の一戸建てをだれが守ることができるかで結論がでず、売却することになりました。不動産会社に依頼するために電話で手短に説明しました。対応が誠実で信頼できると思い、不動産会社に行きました。想像していた通り、不動産会社の担当者は丁寧に実例、具体的な売却の手続きを教えてくれました。相場や査定もしっかりしており、納得できる価格で契約できました。

東京都一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ