東京都土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

東京都の土地の最新売却動向

東京都の土地の売却動向

東京は日本の首都だけでなく、世界を代表する都市の中の一つでもあります。東京都の人口は2015年5月1日現在で、13,461,531人です。都道府県別で見た場合、トップの規模です。この数は日本人の全人口の10%以上が東京都で生活している計算になります。東京都を中心として首都圏を構成していますが、ムンバイ都市圏に1000万人以上の大差をつけ、断トツで世界でもっとも人口の多い都市圏を形成しています。昼間人口と夜間人口を比較すると、昼間人口の方が多いのも特徴的です。2010年のデータですが、昼間人口は1561万人に対し、夜間人口は1316万人と250万人弱昼間人口の方が多いです。これはほかの県から通勤・通学のためにやってくる人の多いことが関係しています。

多くの人が暮らしている、しかも都心部には会社や商業施設などの建物なども数多くあります。このように土地需要が高い状態で推移しているため、土地価格は都道府県別でみるとトップです。2014年の坪単価の平均は2,648,471円です。2013年度と比較すると、4.06%も上昇しています。この上昇率も都道府県別でみると、2番目の高さです。特に東京23区の土地価格は堅調です。住宅ローン減税や贈与税の減税といった住宅を購入しやすい環境が整ったことも影響して、土地購入意欲が増大しています。東日本大震災による大津波のもたらした甚大な被害が影響して、湾岸地域は一時的に土地価格を下げるところもありました。しかし土地価格の下落は一時的なものにとどまり、震災から1年後あたりからは徐々に回復しつつあります。

ただし都心部、特に千代田区や港区の青山のような、もともと土地価格の高い地域はタイミングによってはなかなか買い手の付かない可能性もあります。高額な土地を購入する層は限られています。会社経営者や医者、サラリーマンの中でも高所得者のような人が中心となるでしょう。このような人たちの購入意欲は、その時々の景気動向に連動します。不景気の状態が続けば買い控えが起こり、なかなか土地を売却したくても高額物件がネックになり売れない事態も想定できます。むしろ都心から少し離れた土地の方が、堅調に売れます。中野区や練馬区、足立区、葛飾区は都心部と比較すると価格はそれほど高くはありません。しかも都心部へのアクセスも便利ですから、土地需要は堅調に推移します。

東京都の土地価格比較

東京都というのは、日本の首都ということもあり、土地の価格がとても高いことで知られています。例えば、都心で古い小さなアパートの4畳半のお部屋しか借りられないような家賃を出したとき、地方の街では広々としたきれいなマンションを借りられるというのも、その地価の差が大きいことを証明していることと言えるためです。

東京都の取引件数推移

日本の景気が悪い状態が、ずいぶんと続いていましたが、これから開催される東京オリンピックを控えていることもあり、また景気の回復が徐々に進んでいるということもあり、土地の取引件数が数年前に比べてずいぶんと増えているという調査結果も数々報告されています。ですから、東京都で土地を買うのなら今が買い時だという人も多いのです。

東京都の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

東京都の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で東京都の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

東京都の土地の売買・売却ならイエウール

東京都の千代田区や中央区、港区など、東京都の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

東京都の土地の売却エピソード

H. Fさんの場合
東京都
土地
192平米
58坪

私が働いている会社は、東京都の一等地に土地を持っていました。会社はこの場所にビルを建てようとしていたのですが、景気が悪くなってきて、ビルを建てることが不可能になってきた上に、経営状態が危うくなってきたので、売却することにしました。一等地にあったため、不動産会社の査定でも、とても高い金額となりました。利用しないことが、もったいないくらいのところだったのですが、仕方なく提示された金額で売却しました。査定から売却まではあまり時間はかかりませんでした。

M. Oさんの場合
東京都
土地
188平米
57坪

土地を売却しようと決めた時に、まず始めに考えたのは、できるだけ高値で売りたいということでした。東京都は不動産会社がとてもたくさんあるため、多くの会社に査定を頼み、価格の高かった5社に絞って、もう一度いろいろな条件を交えて査定しなおしてもらいました。その結果一番高い価格をつけてくれた会社に決めました。営業の人の感じもよかったですし、何より売却が決まるまでの期間が一ヶ月とものすごく短かったことです。たまたまラッキーだったのかもしれませんが、何はともあれ自分達の希望していた金額で売れましたので何よりでした。

Y. Tさんの場合
東京都
土地
119平米
36坪

東京都の土地を購入するにあたって素人の私は東京都ってそもそも購入できる土地って残っているのかなぁというのが最初の印象だったのですが、不動産屋の担当者の方に聞いてみるとたくさんあるとのこと。東京都でマイホーム購入のためにも手に入れたいという思いだったのですが、しかし私の中ではマイホームを建てることでしか頭に無かったのですが、すぐに建物を建てない場合は、土地を活用した資産運用という選択肢があるということを教えてもらいました。これは私にとってはとても有益な情報でした。

東京都土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ