徳島県の中古一戸建て売却査定・相場

徳島県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で徳島県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で徳島県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

徳島県の一戸建て売却価格推移

徳島県の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった徳島県の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

徳島県の一戸建て価格相場の比較

徳島県で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超31121911423133
〜220m²54741
〜200m²5853
〜180m²3586
〜160m²2989211
〜140m²102451
〜120m²98611
〜100m²54
〜80m²521
〜60m²3
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの徳島県における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

徳島県の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

市区町村から不動産売却情報を探す

一戸建て売却・査定を依頼したい物件の市区町村を選択してください

徳島県の一戸建て売却に強い不動産会社例

徳島県の不動産売却に関する情報を見る

徳島県の一戸建て・家の最新売却動向

徳島県の一戸建ての売却動向

徳島県は四国山地や吉野川など、多くの自然が残されている四国の県であり、約4,146平方キロメートルの面積を有しています(2015年7月現在)。2015年5月時点での推計人口は約76万人であり、1平方キロメートルあたりの人口密度は183人です。徳島県では1970年から1985年にかけて人口が4万人ほど増加しましたが、1985年以降は2015年現在まで人口の減少傾向が続いています。特に郊外部の高齢化・過疎化は深刻な問題として浮上しており、地価や不動産の需要にも影響を与えています。徳島県の主要都市は徳島市であり、市内には約26万人の方が住んでいます(2015年5月時点)。ただし、徳島市でも人口の減少傾向が見られ、60歳前後の人口の割合が高くなっています。

徳島県全体の地価は、1991年以降下落傾向が続いています。2014年の平均坪単価は160,039円とされており、2013年から2014年にかけては3.85%の下落となりました。県庁所在地である徳島市においても、地価の下落傾向は続いています。2013年から2014年にかけて、徳島市の地価は2.90%下落しており、2014年の平均坪単価は308,211円となりました。ただし、松茂町・藍住町・北島町など、徳島市周辺の自治体については、少しずつ下落幅が縮小してきています。要因としては、徳島市のベッドタウンとしての注目度が上がっている点を挙げることができます。ただし、徳島市の経済状況・雇用環境が悪化してきているため、不動産販売価格については県全域で伸び悩んでいます。

徳島県では全域で地価の下落傾向が見られますが、人口の流出に歯止めがかからない状態であるため、今後もしばらくは地価の下落が続くと予想されます(2015年7月現在)。2011年以降は不動産取引価格が比較的安定していますが、公示地価・基準地価の下落の影響を受けて、今後不動産取引価格は下落する可能性があります。ただし、徳島市の下助任町、板野郡など、2013年から2014年にかけて地価が上昇している地域も一部見られます。そのような地域に関しては、地価が下落傾向に移る前に、一戸建て物件を売却する選択肢を考えることが大切なポイントになるでしょう。

徳島県の一戸建て価格比較

2014年の徳島県の中古一戸建て住宅の坪単価は平均で40.7万円で、2013年の価格から14.0%減少という推移となり、過去5年間で最も低い価格になりました。四国地方4県の中では愛媛県、高知県に次いで3番目の価格で、減少率でも3番目の値となっています。県内では地域による価格差が大きく、徳島市や阿南市、板野郡は高価格で、海部郡や勝浦郡は低価格となっています。

徳島県の一戸建て取引件数推移

徳島県における中古一戸建ての取り引き件数は平成22年1月〜3月は71件、平成23年1月〜3月は51件、平成24年1月〜3月は47件、平成25年1月〜3月は58件、平成26年1月〜3月は63件、4月〜6月は50件、7月〜9月は56件、10月〜12月は68件、平成27年1月〜3月は40件となっています。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

K. Sさんの場合
徳島県
 
 
1DK
 
築40年

両親のおかげで今の自分があると頑張りつづけ仕事も軌道にのったので、新居に両親と同居するために徳島県の一戸建てを売却することにしました。不動産会社は知人の紹介でしたがとても親身になってくれました。担当者の方は飾り気のない人柄でユーモアもあり、親しみやすい雰囲気で接してくれ、不動産の相場や査定のことを教えてくれました。はじめての経験でしたが査定もはやく売却できました。納得できる価格で、今後の住まいの新築についても相談しています。

O. Yさんの場合
徳島県
 
 
3DK
 
築16年

大阪にいる高齢の父が階段を踏み外して足を骨折し、母一人では面倒を見きれないので帰って来てくれないかと連絡が入りました。急な事で、こちら徳島県での仕事の始末、大阪での仕事と正直頭の中がパニック状態で、何が何やらわからない状態でした。一戸建て住宅の売却も大きな問題でしたが、近くの不動産屋さんに頼みに行きますと、気持ち良く引き受けて頂き書類上の事は勿論、隣近所の細やかな所まで気を配って頂き安心してお任せ致しました。

K. Mさんの場合
徳島県
 
 
4LDK
 
築34年

腰痛がひどくなり、よく転倒するようになりました。「転ばぬ先の杖」のことわざをおもいだし、自宅を新築することにしました。その資金のために徳島県の一戸建ての自宅を売却することにし、不動産会社に相談、交渉しました。不動産会社の担当者は不動産について、一戸建ての相場もデータをもとにしっかり説明してくれました。査定もはやく短期間で売却が決まりました。売却価格も予想以上で資金調達でき、新築の相談にものっていただきました。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

徳島県一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で徳島県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で徳島県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。