徳島県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

徳島県の土地の最新売却動向

徳島県の土地の売却動向

徳島県は四国の南東部に位置する県で、総面積は4,146.93平方キロメートル、総人口は推計759,150人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり183人となっています。徳島県の人口は1950年にピークの87万9千人を記録しています。その後減少し1970年には80万人を割り込むものの、緩やかに回復し1985年には83万5千人まで増加しました。1999年頃までは83万人前後で安定して推移していましたが、21世紀に入り減少し、2007年には再び80万人を下回りました。減少傾向は加速しており、このままでは2040年には57万人まで減少するとの予測もあります。

徳島県の土地単価は、1平方メートル当たり平均48,411円・坪単価160,039円(2014年度)で、前年比はマイナス3.85%の下落となっています。地価は全都道府県中25位、上昇率は45位となっています。地価自体は全都道府県の中の真ん中あたりに位置していますが、上昇率がワースト3位であり、今後も地価の下落が予想されます。徳島県全体の土地単価はバブル経済が崩壊した1992年から22年連続で下落しており、下落率もなかなか緩和されないことから、歯止めが見えない状況です。2013年から2014年にかけては、すべての市町村で前年よりも地価が下がり、特に海岸寄りの地域の下落は大きく、深刻となっています。土地の取引件数は四国で最も低く、残念ながら不動産取引が活発な状態とは言えません。住宅地、商業地、工業地いずれも下落が続いており、種別でみてもあまり明るい材料はありません。地域別にみると、徳島市内がまだ下落率は緩和気味で単価も高くなっています。逆に下落率が高く、売却が難しくなっている地域には、鳴門市や海部郡などが挙げられます。

徳島県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均39,364円・坪単価130,129円(2014年度)で、公示土地単価に対して約18%の差があります。不動産売買自体がかなり冷え込んでいる都道府県であるため、土地売却を考える方にとっては、買い手を見つけること自体が困難な場合が多いでしょう。粘り強く買い手を探し、価格に関しては多少低くても妥協することも大切です。

徳島県の土地価格比較

徳島県全域の土地取引は全部で35件あります。価格は150万円〜2000万円の範囲であります。これを四国全土で比較してみると 香川県3件 愛媛県568件 高知県75件と件数は四国全土で3番目の多さです。愛媛県は松山城があることで有名ですが、その松山市の数が多くその数だけでも他県の数と変わらない件数があります。

徳島県の取引件数推移

徳島県の土地取引件数を各3ヶ月の期間に分けて見ていきます。平成22年から取引の最も少ない時期で平成23年の7月から9月は1400件程度の取引数になります。取引の最も多い時期では平成26年の10月から12月で2000件近くの取引数となり少ない時期より4割程度取引が多くなります。全体を通して1400件から2000件の間の取引がここ数年で成立しています。

徳島県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

徳島県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で徳島県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

徳島県の土地の売買・売却ならイエウール

徳島県の徳島市や鳴門市、小松島市など、徳島県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

徳島県の土地の売却エピソード

T. Yさんの場合
徳島県
土地
69平米
21坪

親が亡くなった時に徳島県に山林を所持していたことがわかりました。ずっと以前に購入してそのままにしてあったようでした。相続税もかかるようですし、税金の計算方法も普通の土地と違うという事で、売却の検討も兼ねて不動産会社に相談してみました。しかし、「売れないから」という理由で扱ってもらえない所が多い中、地元で山林専門に売買している不動産を紹介してもらって話をしました。現地を見てもらった上で、引き受けてもらうことができました。最初はどうなることかと思っていましたが、なんとか固定資産税の価格の半値くらいまでの値段がつき、買い手も見つかりました。不動産の方には本当に感謝しています。

Y. Kさんの場合
徳島県
土地
106平米
32坪

徳島県の山奥に土地を持っていました。祖父から譲り受けたものでしたが、祖父の話によると、活用することがないのなら売ってもらっても良いということでした。私も何かに活用しようとしたのですが、なかなかできず売りに出すことにしました。地元で一番大きい不動産会社に査定をしてもらいました。私は高い金額は全然期待していませんでしたが、担当者の話によると、買いたいという人を見つけてくれたため、高い金額を付けてくれました。担当者が信頼のおける人だったので、安心して手続きをお願いできました。

K. Yさんの場合
徳島県
土地
73平米
22坪

駐車場か資材置き場くらいにしかならない土地ですが、普段の管理が大変なことから売却を地元徳島県の不動産屋に依頼しました。徳島市内でコマーシャルもやっている大手不動産屋なら情報量も多く何とかなると思い依頼しました。担当の方は礼儀正しく身だしなみもきちんとしており、また時間には非常に正確で、約束の5分以上前には必ず現地に来ているような人です。宅地ではないことからなかなか買い手は付きませんでしたが、この担当者のおかげで何とか売却が出来ました。

徳島県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ