山梨県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

山梨県の一戸建て・家の最新売却動向

山梨県の一戸建ての売却動向

山梨県の特徴としては、富士山や南アルプスなど標高が高い山々に囲まれている点を挙げることができます。県域の8割を山岳地が占めているとされており、可住地面積が少なくなっています。山梨県の人口については、2015年5月時点で約83万人とされています。人口密度は1平方キロメートルあたり187人であり、全国のほかの都道府県と比べて少ない傾向が見られます。県内の人口推移については、2000年を過ぎたあたりから減少傾向が続いています。県庁所在地である甲府市でも人口の減少傾向が見られ、特に若年層の流出者が多い傾向にあります。したがって、県の全域で高齢化・過疎化などの問題が懸念されており、特に甲府市から離れたエリアでは、高齢化・過疎化が顕著に表れています。

山梨県の2014年の平均坪単価は、116,513円となっています。この平均坪単価は、全国47都道府県の中では第38位となりました。2013年から2014年にかけては3.06%地価が下落しており、地価上昇率は全国の都道府県の中で第41位とされています。県内では甲府市の成約件数が多くなっていますが、甲府市の2014年の地価も2013年に比べると下落しています。大月市・都留市・甲斐市など、ほかの主要都市についても地価は下落傾向にあります。ただし、中には上野原市や韮崎市のように、2013年に比べて地価が上昇している地域もいくつか見られます。2014年の地価が最も高いのは甲府市であり、平均坪単価は183,098円となっています。

上野原市・韮崎市の一戸建て物件については、今後売却額・査定額がさらに高くなる可能性があります。ただし、韮崎市に関しては人口が2010年から減少傾向にあるため、今後の地価動向を細かくチェックすることが大切になります。全体的には地価の下がり止め傾向が見られる山梨県ですが、北都留郡や南巨摩郡などは全域的に地価の下落幅が大きくなっています。したがって、これらの地域の一戸建て物件を所有している場合には、地価が下がりきる前に売却するという手段も考える必要があるでしょう。山梨県においては、交通機関や商業施設など、生活の利便性の部分が住宅の需要に大きな影響を与えると言われています。そのため、所有している一戸建て物件の周辺環境にも、目を向けることが大切になるでしょう。

山梨県の一戸建て価格比較

東京都内に本社がある会社で働いていたサラリーマンなどは、仕事場まで通いやすいように、狭いアパートに住み続けていたという人も少なくありません。しかし晴れて定年退職を迎えてからは、そろそろ広いところに引っ越したいと思われる人もいらっしゃるでしょう。そのような方には、山梨県内の中古一戸建てがおすすめです。

山梨県の一戸建て取引件数推移

山梨県には温泉地などもあり、また大自然にも恵まれている土地なので、果実狩りやワインカーヴなどを訪れるという楽しみもあり、観光客なども訪れます。東京からもアクセスが良いため別荘を所有している人も多いほどです。地価が高いのではないかと思ってしまいがちですが、中古一戸建ても比較的リーズナブルなお値段で買うことが出来ます。

山梨県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山梨県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった山梨県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

山梨県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

山梨県の甲府市や富士吉田市、都留市など、山梨県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

山梨県の一戸建て・家の売却エピソード

T. Tさんの場合
山梨県
5LDK
築18年

現在の家は、山梨県で中古の建売一戸建てを購入しましたが、両親との同居が決まり部屋数が足りなくなったのと介護に向いていない為、家を注文住宅で新築するので売却を決めました。新築する家の方も一括したかったのでハウスメーカー系の大手不動産会社3社に査定を依頼し、担当者の人柄や住宅設備、建設工法などを比較しましたが、余りにも査定価格に差があったので、現在の家の売却と註文住宅の購入は別々の会社に依頼しました。結果的には、別々で依頼して良かったと思っています。

K. Nさんの場合
山梨県
1LDK
築18年

山梨県の一戸建て住宅に住む母から電話があり、売却したいから相談にのってほしいと言ってきたときはとても驚き信じられませんでした。商売を立て直したいからということで、納得しました。不動産会社はとても親身になって一戸建ての相場や査定について教えてくれました。この会社ならと信頼でき、短期間で取引できました。高く売却でき母も安堵していました。運よく商売も軌道にのせることができました。それ以来会社同士の付き合いをしています。

T. Kさんの場合
山梨県
1DK
築48年

山梨県に住んでいる親と同居することになり、この一戸建ての家を売却することになりました。地元の不動産屋に依頼したところ住宅のある場所が本栖湖の近くで富士山を見るのに絶好のスポットでもでもあることから担当の営業の方から売却は難しくないと言われ安心しました。この付近で別荘を探している買い手がすぐに見つかったのでスピーディーに話が決まりました。この不動産屋はインターネットで全国に相手を探してくれることで選んだことが正解でした。

山梨県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ