山梨県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

山梨県の土地の最新売却動向

山梨県の土地の売却動向

山梨県の人口は、2015年5月1日時点で835,618人です。山梨県の面積は都道府県別で32番目の広さを誇りますが、面積の8割が山岳地によって占められています。このため、可住地面積でみると全国で45番目と、人の住む地域には限りがあります。甲府中心地は前から賑やかでしたが、バブル崩壊の影響で景気が一気に低下しました。このため、甲府中心地の地価は15年連続で下落し、人口流出の傾向も見られました。しかし一方で郊外では、大型のショッピングセンターが幹線道路沿いに次々と開業している地域も見られます。このためベッドタウンが大型商業施設を中心に形成され、人口の増加しているエリアもあります。

山梨県の2014年における坪単価の県全体の平均価格は、116,513円となりました。これは都道府県の中では、38番目に相当する価格です。2013年と比較すると3.06%の下落となり、この下落率は全国47都道府県の中でワースト7位となっています。また、山梨県の公示地価は20年連続で下降傾向が続いています。加えて近年、下落率が増大しています。下落が増大している要因は、複数の事情が考えられます。世界的に経済状態が悪化している点に加え、2011年に発生した東日本大震災も影響を与えています。その結果、山梨県の不動産取引は低調な状態に陥っています。

県庁所在地である甲府市の住宅地でも、公示地価の低下が確認されており、不動産市場は低調です。ただし一部地域は、不動産の需要が安定しています。甲府市北部は教育環境の充実が高く評価されています。それによって子連れの世帯のマイホーム購入意欲が比較的高く、地価動向も堅調です。甲府市北部に土地を持っている人は、売却を検討する価値はあるでしょう。また、甲府市に隣接する位置に昭和町があります。この昭和町は利便性に恵まれていることもあって、人口が増加しつつあります。このため、ほかの山梨県の地域と比較しても下落幅は小さめです。昭和町の中でも近くに大型ショッピングセンターのある場所なら、横ばい、もしくは上昇している地点もあります。このような条件に恵まれた土地を持っているのなら、今売却すれば比較的高額で買い手が付くことも十分期待できるでしょう。

富山県の土地価格比較

富山県の土地の価格は47都道府県中27位と平均的な金額になっています。石川県など周辺の県に比べ特出して地価が高いということもなく、急激な地価の上昇は見込めないものの急激な下落の心配も少ないと言えます。地価としての平均額は㎡あたり45701円とされており、ここ十年ほどは大きな価格変動は起こっていません。

富山県の取引件数推移

富山県における土地の取引件数の推移としては、およそ2500件程度であると言えます。5年ほど前は3000件近かったことから減少傾向にあると言えますが、取引件数の推移としては近年ではほぼ横ばいの数値なので、現象の度合いは若干程度だと認識しておいてください。減少の理由としては、富山県から都心に移り住む若い世代が増えたことが原因であるとされています。

山梨県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山梨県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で山梨県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

山梨県の土地の売買・売却ならイエウール

山梨県の甲府市や富士吉田市、都留市など、山梨県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

山梨県の土地の売却エピソード

Y. Yさんの場合
山梨県
土地
93平米
28坪

横浜に家族と住んでいますが、数年前から故郷の富山県の土地を相続しています。特に、引っ越す予定もなく、自分や家族を含め利用することはまず無いことから売却を検討しました。富山県の不動産に詳しい地元の業者に今後の相場の動向についてデータで教えてもらいました。今後、急な値上がりの可能性も無いことから現在の時価相場で売却することにしました。説得力のあるデータを提示してくれた担当者はとても頼もしく安心して取引が出来ました。

M. Nさんの場合
山梨県
土地
112平米
34坪

遺産相続があり、長男の主人が代表して2010年に地元の不動産会社に土地の売却をお願いしました。富山県の土地の年間取引件数が、100件から150件と少ないから、売却までにかなりの日数を要すると言われ、加えて都市部を外れると土地の評価価格も非常に安いと言われ、売却まで事あるごとに理由を付けて親族から電話があるのでとても大変でした。売れば売ったで安いと嫌味を言われ、割に合わないと思いました。これが東京ならお金持ちになれたのにと大都市圏を羨んでしまいます。

W. Iさんの場合
山梨県
土地
109平米
33坪

富山県に長らく住んでいます。少しばかり健康に不安が出るような年になったことから施設に入居することになりました。まとまったお金が必要なことから自宅を売却してある程度の資金にすることを考えました。不動産屋に売却の相談をしたところ、建物が古いことから一旦更地にして売り出すことを提案されました。しばらくは施設で暮らせるお金もありましたので、入居後に自宅は取り壊して土地のみの状態で売り出しました。不動産屋の担当者の助言の通り一年も経たずに売却できましたが、売れたときはさすがにほっとしました。

山梨県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ