山梨県の中古マンション売却相場

山梨県のマンションをもっとも高く売ってくれる企業に出会える

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で山梨県のマンション売却の査定を依頼できます。
急いでマンション売却を決めてしまう前に、一括査定で山梨県のマンション売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

山梨県でマンション売却査定が可能なマンション(10件)

マンション毎の詳細情報が気になる場合は「マンション名」をクリックしてください。
また「相場価格をみる」をクリックすると各マンションの査定依頼が可能で、最新の売却相場がわかります。

山梨県のマンションをもっと見る

山梨県のマンション売却価格相場を知る

マンションアイコン
山梨の
マンション

取引件数
23

平均売却額
1,144万

平均専有面積
55

平均築年数
21
※ 表示されている情報は、2018年第2四半期〜2019年第1四半期のデータです。

山梨のマンションの最新売却事例(相場)

地区名売却価格最寄駅駅徒歩築年数専有面積間取り取引時期
山梨県
甲府市
2,000万甲府駅89703LDK2019年 第1四半期

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

山梨県の市区町村からマンション売却情報を探す

マンション売却を依頼したい物件の市区町村を選択してください

周辺の都道府県のマンション売却情報を見る

北陸・甲信越の他の都道府県

山梨県のマンション価格相場の比較

山梨県で中古マンションの売却を検討されている方向けに、山梨県のマンション取引価格情報をまとめました。マンションの取引件数を、取引価格、専有面積、間取り、築年数、駅徒歩別に確認することができます。

100m²超
〜100m²1
〜90m²21
〜80m²231
〜70m²21
〜60m²12
〜50m²2
〜40m²
〜30m²3
〜20m²2
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

※表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの山梨県におけるマンションの取引件数です。

※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。

山梨県のマンション市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山梨県のマンション市場価格が最も高い年度は年です。
一方で山梨県のマンション市場価格は年が最も価格の低い年度となっています。
こちらのマンション市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳細な売却相場価格をご確認したい方はこちらの無料一括査定をご利用ください。
※これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報を基に表示しています。
山梨でマンションの売却を検討されている方に、売却をお得に進めるための知識を解説します。
今すぐ売りたい方も、しばらく先に売却する方も、マンションの売却では必ず押さえておくべき2つの情報があります。
それは、地元でのマンション売却の市況と、マンション売却を任せられる不動産会社がどれくらいいるか、という情報です。

山梨では、世帯数は減る一方で、空き家は増えている

では、地元でのマンション売却の市況から解説します。
国交省の「都道府県地価調査」によれば、山梨の住宅地の価格の前年比の変動率は、2016年は-2.3%、2017年は-2.1%でした。
つまり、住宅地の価格はこの3年では下がり続けています。
また、山梨でのマンションの価格を世帯数・空き家率からみていきましょう。

  • 山梨の世帯数は2015年に33.2万世帯でしたが、2020年に32.9万世帯となり、0.3万世帯(0.9%)が減る見込みのため、住宅需要も減ると言えます。
  • 山梨の空き家率は、2013年に21.3%、2018年に22.0%と増えているので、空き家は更に増えたと言えます。
    (なお、空き家率の全国での順位は、2013年は1位で、2018年には1位でした。)

つまり、今後の市況は、大まかな傾向としては空き家が更に余り、不動産は売りづらくなると言えますと言えるのではないでしょうか。

山梨では、「良い不動産会社」を見つけるのはどれくらい大変?

次に、山梨での不動産会社の見つけやすさを見ていきます。
山梨の世帯数は2015年に33.2万世帯でした。また、2014年時点での不動産会社の店舗(事業所)数は390店舗ですので、1万世帯あたりの不動産会社の店舗数はだいたい11.9店舗/万世帯といえます。
これは全国では18位で、この地域は不動産会社の数は全国的には平均水準ではあるものの、販売力が高い会社は慎重に見極めたほうが良いと言えます。
とはいえ、不動産会社が余っていても、不足していても、マンション売却に成功するには、能力の高い不動産会社を見つけることが重要です。
このページでどのような不動産会社がいるかをざっくり理解した上で、イエウールの不動産一括査定で、相談できる不動産会社を見つけておくことがおすすめです。
(出典:都道府県地価調査、住宅土地統計調査、経済センサス、国立社会保障・人口問題研究所の世帯数予測をもとに、イエウール編集部にて作成)

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

イエウールを使って成功した先輩の声だよ!

不動産会社を選んだ決め手は何?

山梨県のマンション売却エピソード

S.J.さんの場合

  • 山梨県
  • マンション
  • 2DK
  • 築16年

結婚当初に山梨県内にマンションを購入したものの、子供が増えて手狭になり、戸建て住宅を購入することになりました。所有していたマンションを売却して、その購入資金に充てるため、できるだけ良い条件で打ってくれるところを探したいと思っていました。売却の相談をしたのは、親の代からお付き合いのある不動産会社の方でしたが、こちらの事情を良く理解してくれ、積極的に売却活動を行ってくれました。その甲斐があって、売り出してから2か月ほどで買い手が見つかり、また価格の面でも相場並みで売れました。

N.N.さんの場合

  • 山梨県
  • マンション
  • 2LDK
  • 築18年

老後は自然に囲まれて生活したいと思い、夫婦で山梨県内のマンションに移り住みました。ところが夫が亡くなってしまい、息子と同居することになり、購入したマンションは老後の資金に充てるために、売ることにしました。息子も売却に関しては相談にのってくれ、数社の不動産会社に査定を依頼してくれました。売却依頼先はいっしょに検討しましたが、担当者がとても熱心に対応してくれたところに決めました。売却活動中は息子と私の双方に連絡をしてくれたので、進行状況がよくわかりました。せめて相場並みの価格で売れればと思っていましたが、幾分相場よりも高めの価格で、また2か月ほどで売れたので、担当者には感謝しています。

A.M.さんの場合

  • 山梨県
  • マンション
  • 2K
  • 築17年

新築一戸建てを購入する事になったので、購入資金の足しにしようとマンションの売却を大手不動産業者に依頼しました。数社に査定をして貰い、広告媒体や雑費などを考慮しましたが、結局一番高額だった業者に依頼しました。担当者は、比較的こまめに連絡をくれるのですが、時期が悪い様な事を繰り返すだけでなかなか売れませんでした。1年3ヶ月買ってやっと売却出来ました。山梨県は、大都市圏に比べて土地が安いのでマンションよりも戸建てにニーズがあり、消費税の影響もあったようです。

山梨県のマンションの最新売却動向

山梨県のマンションの売却動向

中部地方ある山梨県は総面積4,465キロ平方メートル(境界未定部分有)を有する地域で、人口839,426人(2014年12月1日現在)有しています。東京都や神奈川県、埼玉県、長野県、静岡県と隣接していて、県庁所在地は甲府市となっています。富士山や赤石山脈(南アルプス)、八ヶ岳、奥秩父山地と、標高2000mを超す山に四方を囲まれ、海洋国家といわれている日本において、内陸側に位置している数少ない県です。平坦な土地となっている甲府盆地の特徴を活かし、農業が盛んに行われています。ブドウやモモの栽培が行われていおり、ワインの製造も行い名産物の一つとして有名です。ファミリーレストランや外食産業施設などが多く見られる地域でもあります。 山梨県のマンション売却成約件数は、増減を繰り返しています。2012年には土地売買取引だけで1万件を超すことができていますが、2013年には更に年間1,000件増加をみせ良い傾向にありました。ですが土地の取引件数自体が大きく変動しにくい都市です。甲府市や近隣の都市では比較的増加していますが、住宅価格は下落しているのでその反動かと考えられます。甲府市北部は教育に力を入れており人気のエリアとなっています。その他には北社市と笛吹市で1,000件以上の売却成約取引が行われており、中古住宅の売買も多くされています。 坪単価を見てみると、平均11万円前後が相場となっていて、前年度と比較すると約3%下落しています。全国では38位の坪単価であり、甲府市の坪単価が最も高く平均18万円となっています。2番目に坪単価の高い地域は大月市で、平均17万円となっています。県の郊外には大型の商業施設が数多くあるため不動産の需要が高まっています。反対に、人口減が問題となっており、不動産売却査定を考えている方は注意が必要です。 山梨県は古くから新築住宅よりも中古物件の土地取引の多いエリアですが、土地価格の変動が大きい都市ではありません。バブル期から見ると不動産売買取引は低下傾向を維持しています。自動車道の整備が進み郊外での不動産取引が活発になれば更に発展が予想されます。そこで、地価の上昇も期待できますがやはり大きな変動は期待できないと考えておいた方が良いでしょう。

山梨県のマンション価格比較

山梨県の中古マンションの価格は例えば、平成22年に建てられた物件で、間取りが3LDKだと3700万円です。 周辺都道府県と比較すると、長野県は2800万円、静岡県は1600〜3000万円、埼玉県は2200〜4900万円となっています。 山梨県は長野県、静岡県よりは価格が高く、埼玉県よりは低めだといえます。

山梨県のマンション取引数推移

山梨県の中古マンションの取引件数は、平成22年第一四半期の時点では325件でしたが、第二四半期で400件と増えました。しかし、そこから減り始め、平成23年の第三四半期では200件まで減っています。その後平成24年から平成25年にかけて増えていき、一旦減る時もありますが平成26年には350件を超えました。平成27年には250件以下と再び減少しています。

山梨のイエウール提携不動産会社一覧(11社)

山梨の不動産査定に関する売却情報を見る

山梨県マンションの売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3