山形県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

山形県の一戸建て・家の最新売却動向

山形県の一戸建ての売却動向

山形県は、約9,325平方キロメートルの面積を有しており、県内には112万人の方が住んでいるとされています(2015年5月時点)。県東部には奥羽山脈、県西部には朝日連峰が存在しており、県域の約85%を山地が占めています。1980年には人口が125万人を超えましたが、1985年を境に減少傾向が続いており、2010年には120万人を下回りました。55歳前後の人口の割合が高く、さまざまな地域で高齢化が懸念されています。県内でも特に人口が多いのは、山形市・酒田市・鶴岡市などの都市です。特に県庁所在地である山形市の人口は25万人以上(2015年5月時点)であり、1995年以降人口に大きな変動はありません。

山形県の公示地価・基準地価の推移を見てみると、2011年から2014年にかけては比較的安定している傾向が見られます。バブル経済期の頃から下落傾向が続いていましたが、下がり止めの時期が近づいてきていると判断しても良いでしょう。山形県全体の平均坪単価については、90,837円とされています(2014年時点)。全国の都道府県の中では平均坪単価が第45位となりましたが、2013年と比較した上昇率については、47都道府県中第26位の位置につけています。特に県庁所在地である山形市は中古一戸建て物件の需要も伸びてきており、2013年から2014年にかけて地価は2.17%上昇となりました。比較的地価が高い都市としては、ほかにも天童市や寒河江市などを挙げることができます。

山形市の中心部では、規模が大きかった住宅地を再分割し、規模を縮小して再開発しているケースが見られます。したがって、山形市の中心部の一戸建て物件であれば、高い売却額・査定額を期待できる可能性もあるでしょう。ただし、山形市外については今後も地価の下落傾向が続くと見られています。したがって、山形市外の一戸建て物件を売りたい場合には、今後の地価動向や市場動向を細かく確認することが大切になります。地価が上昇する可能性が高いわけではないため、地価が下がりきる前に売却するという手段も考えておくと良いでしょう。山形市の工業地に関しては、地価の下落幅が少しずつ小さくなってきています。企業の誘致が進み、雇用状況が改善すれば、今後工業地の地価が上昇する可能性が考えられます。

山形県の一戸建て価格比較

山形県とその周辺の県、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、福島県の中古一戸建て物件の価格を比較してみると、青森県、秋田県よりは物件価格の相場は高いものの、宮城県、岩手県、福島県に比べると平均的に低いです。山形県でも新庄市や天童市、山形市の価格は高い方です。太平洋側に比べて、日本海側が低い傾向にあります。

山形県の一戸建て取引件数推移

山形県の中古一戸建て取引件数推移は全体的に見ると下降傾向にあります。特にここ十数年の下降率は高くなっています。逆に取引件数が増加している地域もあり、その中でも新庄市の上昇率は高いです。続いて天童市、山形市も少しではありますが上昇傾向にあります。都会に比べて田舎になればなるほど推移の減少は大きくなっています。

山形県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山形県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった山形県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

山形県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

山形県の山形市や米沢市、鶴岡市など、山形県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

山形県の一戸建て・家の売却エピソード

T. Tさんの場合
山形県
1DK
築11年

山形県の一戸建ての自宅を売却することにしました。両親の隣に新築するする予定で、その資金にするためです。契約先の不動産会社を決めた理由は大変きめ細かな対応でデータを提示して分かりやすく査定をしてくれたことです。事務的な説明ではなくさまざまな情報を配慮したデータは信頼できました。相場もグラフで現在の一戸建ての流れがわかり、今が一番の売却の機会でした。契約したときは得した気分で新築の物件の相談もしました。

R. Tさんの場合
山形県
5LDK
築11年

山形県で子供も成人して、夫婦2人になったことで、一戸建てを売却してもう少し、掃除なども体に負担がかからないような所に引っ越そうと決めたのです。そこで、家の相場はどのくらいなのかインターネットなどでも調べてみました。その後で不動産会社の人にきちんと査定をしてもらったのです。建築年数の割には綺麗にメンテナンスもしてあると言ってもらい、前もって調べていた額より高めに設定しても良さそうだとのことで、そうして売却ができました。

A. Hさんの場合
山形県
1LDK
築47年

亡くなった両親の家に住む人がいなくなったため、山形県の実家を売却することにしました。そんなに古くない一戸建てとはいえ、結構田舎にありましたので、買い手がつくのだろうかと思い、何社かに相談してみました。その中で、「大丈夫です。わが社で必ず売却いたします」と明るく言ってもらえた営業マンの会社に決めました。ただ明るいだけでなく、この地域の販売実績、価格動向などの資料もしっかり揃えてくれてありました。数ヶ月待ったのですが、おかげで査定価格通りの値段で売れました。良い会社に出会えてよかったです。

山形県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ