山形県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

山形県の土地の最新売却動向

山形県の土地の売却動向

山形県は2015年5月1日時点で、1,122,146人の人口を有している県です。また、2014年に総務省が発表した人口動態調査によると、山形県は秋田県や青森県とともに、人口増加率がワーストスリーに入りました。山形県では、2014年の段階で1万1,000人程度人口が減少しています。一方で、1世帯当たりの構成人員数が多いといった特徴も見られます。1世帯当たりの構成人員数の平均は2.83人であり、トップである福井県の2.84人に肉薄しています。県内には、3世帯同居も多く見られます。その意味では人口は少ないものの、子育てをする環境には恵まれているとも言えます。山形県はラーメンの屈指の消費地として知られています。米沢ラーメンや酒田ラーメンが特に有名です。また、冷やしラーメンの発祥地でもあり、山形の盆地特有の厳しい夏場の暑さを利用した商品展開も進められています。

山形県の2014年の平均坪単価は90,837円でした。これは都道府県別で見ると、下から3番目の水準となります。ちなみに2013年の平均坪単価と比較すると、0.93%の下落となります。県庁所在地の山形県では、宅地を分割して再開発が進められています。販売状況もおおむね良好とされているため、山形市の中心寄りの土地であれば売却しやすい傾向が見られます。山形市の中心部近くで土地の売却が進められているのは、高齢化が関係しています。それまで大規模な土地を所有していた人が土地を手放し、宅地を分割して再開発が進められています。立地の良さも手伝って、高い需要が維持されているのです。

山形県の土地の中で、今注目されているのは東根市です。東根市は、県内で人口が増加傾向にある唯一の市です。東根市では、2011年に東根中央橋が開通したことで、中心部へのアクセスが改善しました。また学校も開講するなど生活インフラが整備されたため、東根市で生活したいと考える人が増えています。一方で、米沢市の土地価格は県内で最も下落率が大きくなっています。商業施設が郊外化して幹線道路沿いに出店するケースが増えたことで、商業地区に隣接するなどの立地条件の良さがあまり評価されなくなったためです。このように、県内でも土地の価格変動には違いが見られます。自分の土地を売却することにメリットがあるかどうかを慎重に見極めましょう。

山形県の土地価格比較

山形県の土地の平均相場は2万7478円/㎡です。(2014年)他の周辺都道府県は、岩手県が3万3287円/㎡、秋田県が2万1531円/㎡、青森県が2万5103円/㎡、宮城県が7万8323円/㎡、福島県が2万9972円/㎡です。 山形県の平均地価は全国で下から3番目に低く45位です。東北は一般的に地価が低いですが、宮城県だけは東北の中心である仙台市があるので地価が高いです。

山形県の取引件数推移

国土交通省の統計によると、山形県の土地取引件数は2011年10,335件、2012年10,937件、2013年11,710件、2014年11,519件です。大きな変動はありません。高齢化、少子化による過疎化で山形県は地価が下落し続けています。山形県の平均地価は1991年の7万6222円/㎡をピークに下がり続け、2004年には4万3710円/㎡になり、2014年には2万7478円/㎡まで下がっています。今後もこの傾向は続くと見られています。山形市以外は利便性が劣るので地価の下落が続いています。

山形県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山形県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で山形県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

山形県の土地の売買・売却ならイエウール

山形県の山形市や米沢市、鶴岡市など、山形県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

山形県の土地の売却エピソード

M. Tさんの場合
山形県
土地
162平米
49坪

山形県の土地を購入したときは売却を考えるようになるとは思いもしませんでした。ライフプランは一戸建てを建てる計画でしたが転職を余儀なくされ収入が激減し、決断しました。「後悔先に立たず」のことわざ通りでした。しかし不動産会社との取引は担当者の方が親身になって対応してくれたおかげで、査定もしっかりして納得できる価格で売却できました。「わざわい転じて福となす」の幸せを感じるようになりました。売却で得た資金を大切にしようと思っています。

R. Hさんの場合
山形県
土地
195平米
59坪

山形県内に所有している土地のうち、一つを売りに出す事にしました。土地を買ったことはありますが、売却するのは初めてなので、いくつかの不動産をあたってみました。相場の違いや、地元の土地売買の最新情報などを詳しく教えてもらえるのは、やはり昔から地元で続いている不動産でした。事情があって少し売却を急いでいたので、自分が決めた期間内で売却を請け負ってもらえる所に依頼しました。広告をいろいろなメディアに出してもらえたおかげで、なんとか期間内に買い手がみつかり、ホッとしています。

S. Kさんの場合
山形県
土地
122平米
37坪

山形県に土地を持っていましたが、売却することにしました。私の友人が経営している不動産会社に土地の査定を依頼しました。友人に土地についていろいろ聞かれました。持ちはじめて何年くらい経っているかなどです。それを踏まえて、査定をしてくれたところ、予想よりも高い金額での結果となりました。理由としては、持っていた場所が良くて、どんなことにも活用できそうだというところが、大きな要因だったみたいです。手続きをお願いしたら、すぐにやってくれました。地元でも評判が良い不動産会社です。

山形県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ