山口県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

山口県の一戸建て・家の最新売却動向

山口県の一戸建ての売却動向

山口県は本州最西端に位置している県であり、2015年5月時点での推計人口は約140万人とされています。重化学コンビナートを中心とした工業、流通業などが盛んであり、本州と九州地方をつなぐ重要な機能を果たしています。山口県の人口推移を見てみると、1985年からは減少傾向が続いています。2010年から2015年5月にかけては人口が約5万人減少しており、20代〜30代の層が県外へ流出したことが一因とされています。山口県の主要都市としては、県庁所在地である山口市をはじめ、宇部市や防府市などを挙げることができます。これらの主要都市でも近年は人口の減少傾向が見られ(2015年7月現在)、特に郊外では高齢化・過疎化が深刻な問題として浮上してきている地域も少なくありません。

山口県の地価推移を見てみると、1992年から2014年にかけて下落傾向が続いています。2014年の平均坪単価は117,297円とされており、前年にあたる2013年と比較すると、3.33%の下落となりました。県内で特に地価が高いのは、玖珂郡和木町・下松市・岩国市などです。県庁所在地である山口市は、県内の自治体の中で第6位の平均地価となっています(2014年時点)。光市・長門市など、2013年から2014年にかけて地価が上昇した自治体もいくつか見られますが、山口県では全域的に地価の下落傾向が続いています。一戸建て物件の販売額・売却額についても、低下傾向が見られます。県内の主要都市では住宅の供給過多が生じており、世帯数も減少し始めています(2012年時点)。

山口県では公示地価・基準地価の下落の影響を受けて、不動産取引価格も2011年から下落傾向が続いています。人口の流出・住宅の供給過多が要因とされているため、今後も地価の下落がある程度は続くと予想されます(2015年7月現在)。比較的地価が安定している自治体としては、岩国市・周南市を挙げることができます。岩国市・周南市では、2013年から2014年にかけて地価の変動が横ばいになっている地域がいくつか見られます。ただし、今後地価や不動産取引価格が下落する可能性も考えられるため、一戸建て物件の売却時期には注意しておきましょう。

山口県の一戸建て価格比較

2014年における山口県の中古一戸建て住宅の平均坪単価は39.5万円となっており、2013年における平均坪単価と比較すると18.0%のマイナスで推移しています。中国地方のなかでは広島県、岡山県についで3番目の価格ですが、前年からの減少率で見ると最も下落した県となっています。2007年から価格はほとんど変わりませんが2009年からは若干の下降傾向にあるため、この先も低調に推移すると考えられます。

山口県の一戸建て取引件数推移

山口県の中古一戸建ては県内全体に散らばっています。やはり、山口市、下関市、周南市など主要な市の中古一戸建ては、比較的新しい物もあり、数千万単位で取引をされることもあります。反対に過疎化が進む農村部では、交通などの多少の不便はありますが、中古一戸建ての価格が下がり、土地を含めても低価格で購入することが可能です。

山口県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山口県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった山口県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

山口県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

山口県の下関市や宇部市、山口市など、山口県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1300社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

山口県の一戸建て・家の売却エピソード

T. Nさんの場合
山口県
2LDK
築26年

仕事の関係で山口県から関東方面への転勤が決まりました。既に、山口県に定住するつもりで住宅を買ってしまったのですがこれを機会に査定することにしました。大手の不動産屋に行き、査定だけでも出来るかを聞いたところ、担当の営業の方は丁寧に対応してくれました。住んでいる一戸建ての住宅は山口県でも繁華街にありますので、すぐに買い手も見つかり、過去の事例と同様な相場ででした。今は、賃貸に家族ですんでいますが、売却した同じ系列の不動産屋に中古マンションを買う相談をしています。

H. Sさんの場合
山口県
5DK
築35年

山口県の一戸建てを売却しました。昔は母が住んでいましたが、先日亡くなってからは空き家になっています。もう誰もそこに住む人もいないので、処分することにしました。不動産の売却は初めてなのでわからないことだらけです。知り合いに紹介してもらった不動産会社で、売却することにしました。いろいろ教わりながらでしたが、親切に対応してもらえたので良かったです。一戸建てが売れるまでには少し時間がかかると覚悟していましたが、思ったよりも早く売れて良かったです。

K. Kさんの場合
山口県
1LDK
築33年

山口県の一戸建ての自宅を売却するかそのままにしておくか大変迷いました。主人の海外赴任についていくことになり、売却してローンの返済にあてるようにしました。不動産会社に相談し、一戸建ての相場や査定のことを教えていただきました。きめ細かに説明してくださり、不動産のことには知識のない不慣れな自分にもわかりました。納得できる価格で売却がきまりほっとしました。海外の生活にも希望がみえてきました。心から感謝しています。

山口県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1300社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ