山口県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

山口県の土地の最新売却動向

山口県の土地の売却動向

山口県は、中国地方と九州地方を結ぶ、本州最西端に位置する県です。総面積は6,112.3平方キロメートル、総人口は推計1,400,745人(2014年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり229人となっています。県庁所在地は山口県ですが、経済などの中心は福岡県ともつながりの強い下関市となっています。他にも広島県とつながる岩国市や、瀬戸内海に面する宇部市など、それぞれに広域都市圏を形成しています。山口県の人口は1958年に162万2千人を記録しましたが、そこから減少に転じ1970年には151万人になりました。その後再び増加し1985年に160万人まで回復しましたが、それ以降は現在まで減少傾向にあり、現在約140万人となっています。減少率も年々上がってきており、このままのペースでは、2030年には120万人まで減少すると予測されています。

山口県の土地単価は、1平方メートル当たり平均35,482円・坪単価117,297円(2014年度)で、前年比はマイナス3.33%の下落となっています。地価は全都道府県中37位、上昇率は42位となっています。県全体の土地単価はバブル経済が崩壊した1993年から21年連続で下落しています。市町村別に見ても下落を続けているところがほとんどです。しかし、県内で都市圏が分かれている特徴があるため、それぞれの地域ごとに事情は少し異なっているようです。例えば、広島市に近い県東部の岩国市の住宅地は比較的下落幅が縮まってきています。土地取引や成約動向に関しても、あまり活発とは言えない状況です。特に工業地は近年大規模工場の閉鎖が続いている影響で地価の下降が止まらないようです。

山口県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均25,950円・坪単価85,785円(2014年度)で、公示土地単価に対して約26%の差があります。山口県は人口、面積、さらに県内総生産でも全国の平均に位置していますが、一方で土地単価は全都道府県中37位と安めになっています。実際の取引価格を見ても、土地を購入する人にとっては有利ですが、売りたいという方には少し厳しい状態です。思うような価格での売却は難しいかもしれません。ただし購入が有利な分、買い手自体の数は少なくありません。慎重に良い買い手を見極めましょう。

山口県の土地価格比較

山口県の土地価格は、坪当たり11万7297円で全国で37位と安いです。中国地方では鳥取県に続いて土地が安く、その要因は山口市や下関市など経済が栄えている都市が、他の市町村と比べて大きく価格を上げていないためです。人口や面積、国内総生産は平均的なので、安い価格で都市生活を送ることができ、買う人にとってはお得です。

山口県の取引件数推移

山口県の土地取引の推移を県全体で見ると、平成22年から平成27年にかけて、取引数は3ヶ月毎におおよそ2750件以上となります。また多い時期で3750件以上の取引数となり、少ない時期より1000件以上取引が多くなっています。県全体としては取引数は安定してあり、取引に困る時期はないです。また、この5年を通して大幅な変動はありません。

山口県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

山口県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で山口県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

山口県の土地の売買・売却ならイエウール

山口県の下関市や宇部市、山口市など、山口県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

山口県の土地の売却エピソード

Y. Nさんの場合
山口県
土地
96平米
29坪

山口県の土地を売却しました。実家では母が一人で暮らしていましたが、年をとって一人にしておくのは心配なので一緒に暮らすことにしたのです。もう誰も住まなくなった土地をそのままにしておくのももったいないので、思いきって売却することにしました。不動産会社はネットの一括査定を利用して決めました。不動産会社には知り合いもなく、どこにしたらいいのかわからなかったので、査定をしてもらって良かったです。とても対応の良い不動産会社にお願いしました。

T. Iさんの場合
山口県
土地
50平米
15坪

20年前に山口県の海沿いに友人と一緒に土地を購入しました。お店を建てて、経営していたのですが、残念ながら経営はうまく行きませんでした。土地を持っていても仕方がないという話になり、売却することにしました。友人の知り合いに不動産会社をやっている人がいるというので、査定を依頼しました。その担当者の話によると、場所自体は悪いところではないので、相場と照らし合わせて、納得ができる金額を付けてくれました。とても一生懸命査定してくれたので、文句のつけようがありませんでした。

S. Kさんの場合
山口県
土地
73平米
22坪

山口県の土地を売却しました。いつかはこの土地に自分の家を建てるつもりでいましたが、事業に失敗してそれどころではなくなりました。1日も早く借金を返済しなくてはならなくなったのです。そこで、少しでも借金を減らすために、この土地を売ることにしました。なるべく高く売りたかったので、ネットの一括査定を利用しました。一番高い査定額の不動産会社にお願いして、売却してもらうことにしたのです。時間がかかっては困ると思っていましたが、2ヶ月ほどで売れたのでホッとしました。

山口県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ