宮崎県の中古一戸建て売却査定・相場

宮崎県専門の不動産会社最大6社に一括査定依頼

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で宮崎県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で宮崎県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。

宮崎県の一戸建て売却価格推移

宮崎県の一戸建て市場価格が最も高いのは年です。
一方で最も低かった宮崎県の一戸建て市場価格は年となっています。

単位(万円)
※売却件数が少ない年度は空白になっております
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

宮崎県の一戸建て価格相場の比較

宮崎県で一戸建ての売却を検討されている方向けに、実際の取引価格から相場を解説します。
不動産の価格に大きな影響を与えるものは、「土地面積」「建物の延床面積」「築年数」「最寄駅からの距離」の4つです。したがって、ここではこの4つの切り口で、「〇〇が同じ家なら、いくらで売れることが多かったか」、という傾向を見てみましょう。

220m²超475877351745557
〜220m²76861
〜200m²2414121
〜180m²987921
〜160m²36641
〜140m²2564
〜120m²4213
〜100m²411
〜80m²
〜60m²1
〜500
万円
〜1,000
万円
〜2,000
万円
〜3,000
万円
〜4,000
万円
〜5,000
万円
〜6,000
万円
〜7,000
万円
〜8,000
万円
〜9,000
万円
〜1億円1億円超

表示されている件数は、2018年第2四半期から2019年第1四半期までの宮崎県における一戸建ての取引件数です。
参照:国土交通省「不動産取引価格情報」

宮崎県の一戸建て売却相場

※ これらのデータは、国土交通省の不動産取引価格情報をもとに表示しています。

市区町村から不動産売却情報を探す

一戸建て売却・査定を依頼したい物件の市区町村を選択してください

宮崎県の一戸建て売却に強い不動産会社例

宮崎県の不動産売却に関する情報を見る

宮崎県の一戸建て・家の最新売却動向

宮崎県の一戸建ての売却動向

宮崎県は高千穂峰や霧島山など、大小さまざまな山が存在しており、全域的に自然が多く残されている県です。自然に関する観光スポットが点在しており、1960年代には新婚旅行のメッカとして全国的に知られていました。宮崎県の推計人口は、2015年5月時点で約110万人とされています。1995年以降人口は減少傾向が続いており、60歳前後の人口の割合が高くなっています。県庁所在地である宮崎市には、県民の3分の1以上にあたる約40万人の方が住んでおり(2015年5月時点)、同市は九州南部の中心都市として機能しています。1998年には中核市に指定され、1970年から2015年現在まで、人口が増え続けてきました。しかし、その一方で宮崎県の郊外では、過疎化に悩まされている自治体が多く見られます。

宮崎県の地価推移は、1991年から下落傾向が続いています(2014年時点)。2014年の平均坪単価は111,501円となっており、前年の2013年と比較すると1.24%の下落となりました。県内で地価が高い地域としては、宮崎市・延岡市・日向市を挙げることができます。宮崎市の2014年の平均坪単価は188,249円となっており、県内では特に高い水準となりました。しかし、宮崎市と日向市に関しては、2013年から2014年にかけて地価が下落しています。一戸建て物件の需要については、2011年3月に発生した東日本大震災の影響によって、海岸に近い地域の需要が低下しています。また、郊外エリアでは全域的に住宅地の需要が下がっています。

宮崎県内で地価の上昇率が高い地域としては、宮崎市の花山手東・延岡市の鶴ケ丘を挙げることができます(2014年時点)。いずれの地域も交通機関・商業施設が充実しており、生活利便性が比較的高いといった特徴が見られます。そのような地域の一戸建て物件に関しては、高い売却額・査定額を期待しやすいと言えるでしょう。しかし日南市や小林市・えびの市など、宮崎市から距離が離れている地域については、地価の下落傾向が続いています。人口の流出・高齢化が問題になっている地域については、今後もしばらくは地価の下落が続くことになるでしょう。また、地価だけでなく一戸建て物件の需要も低下しているため、買い手が見つからない状況に陥る可能性もあります。

宮崎県の一戸建て価格比較

国土交通省が発表するデータによると、平成26年の宮崎県の中古一戸建て住宅の価格は平均坪単価39.6万円で、中央値は34.2万円でした。沖縄県を含めた九州地方の中では佐賀県に次いで2番目に低い価格ですが、昨年からの推移では−14.0%と最も悪い値になっています。地域ごとに見ると宮崎市や延岡市、日向市が高い価格となっているほか、北諸県郡なども比較的高い価格になっています。

宮崎県の一戸建て取引件数推移

宮崎県の、ここ数年における中古一戸建ての取引件数を見てみますと、平成23年度に904件の取引があり、24年度が1027件。平成25年度には1072件となり、26年度には945件が報告されています。これらの取引件数の推移からは、宮崎県における中古一戸建ての取引については、平成23年度から3年連続で増加傾向にあったものの、昨年度には945件と再び1000件未満に減少していることがわかります。

不動産会社を選んだ決め手は何?

一戸建て売却体験談

T. Tさんの場合
宮崎県
 
 
2DK
 
築11年

宮崎県の不動産会社を知り、一戸建てを売却して、人生長いこと生きているといつかは幸せを味わえると心から思っています。一戸建ての自宅を査定することになったのは家族が交通事故をおこしたり、災難が多く気持ちを切り替えて、新しいスタートをきるためでした。不動産会社に相談すると、対応が親切で相場等のいろいろな情報を教えてくれました。実例を提示されると良く似たケースもありました。買取価格も納得でき、今後のライフプランについても相談することにしました。

N. Iさんの場合
宮崎県
 
 
1LDK
 
築44年

宮崎県に30年前に一戸建てを購入して住んでいました。私たち夫婦がずっと住んでいましたが、体を悪くしてしまい、息子夫婦のところで一緒に住むことになりました。なので、住んでいた一戸建ての家を売らなければならなくなりました。息子と知り合いの不動産会社の担当者が査定をしてくれました。担当者の話によると、築年数が40年くらい経過しているため、あちこち傷みがありますが、全体的にまだまだ住むことができるため、予想していたよりも少し高い金額を付けてくれました。とても良心的な会社で感謝しています。

Y. Sさんの場合
宮崎県
 
 
1LDK
 
築45年

結婚当初に中古で購入した家なので、間取りも少なく子供も大きくなり自分の部屋を欲しがっている為に部屋数が足りなくなったので宮崎県で一戸建ての売却を決めました。大手不動産会社3社に査定を依頼し、担当者の人柄や会社の対応力などを比較して決めました。売却の仕方としては、結局不動産会社に現在の住まいを売り、その売却代金を頭金にその不動産会社の分譲物件を購入しました。煩雑な書類や手続きを一貫してやって貰えたので楽で良かったが、今考えると損していないか少し考える事もあります。

イエウールを利用した不動産売却の流れ

簡単登録アイコン
1
簡単登録
査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力。(入力時間目安1分)
一括依頼アイコン
2
一括依頼
一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届きます。
媒介契約の締結アイコン
3
媒介契約の締結
査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約。
不動産売買契約アイコン
4
不動産売買契約
納得の価格で売却実行、成約へ。相性の良い担当者だとストレスなく売却完了となります。

宮崎県一戸建て・家の売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

イエウールはネット上から無料で宮崎県の一戸建て売却の査定を依頼できます。
急いで一戸建て売却を決めてしまう前に、一括査定で宮崎県の一戸建て売却が得意な会社の査定結果を比べてみましょう。