宮崎県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

宮崎県の土地の最新売却動向

宮崎県の土地の売却動向

宮崎県は九州地方南東部に位置する都道府県で、南国情緒豊かで温暖な気候によって知られています。総面積は7,735.31平方キロメートル、総人口は推計1,109,035人(2015年5月現在)で、人口密度は1平方キロメートル当たり143人となっています。宮崎県の人口は1996年の117万7千人をピークに、それ以降は2010年に一時的な回復はあったものの、減少傾向が続いています。このままのペースで推移すると、2030年には100万人を下回ると予測されています。社会動態としては、長年県外への転出者が宮崎県への転入者を上回る状況となっています。転入・転出ともに多いのは隣接する鹿児島県と、九州の中心部である福岡県です。

宮崎県の土地単価は、1平方メートル当たり平均33,729円・坪単価111,501円(2014年度)で、前年比はマイナス1.24%の下落となっています。地価は全都道府県中39位、上昇率は30位となっています。県内のほとんどの市町村で地価の下落が続いており、宮崎県全体では1992年以来、22年連続で下落傾向にあります。近年、わずかに下落率は緩和されてきていますが、まだ安定しているとは言い難いでしょう。2011年の東日本大震災以来、海岸部の多い都道府県は地震の津波の影響を恐れ地価が下落している傾向があり、宮崎県の海岸周辺の海抜高度が低い地域もそうした影響で下落率が拡大しています。商業地や工業地も、県内であまり活況と言える材料は乏しく、下落率が拡大しています。九州の他の地域と同じく、宮崎県も持ち家比率が低いため住宅需要はあるようですが、消費が上向いていない現在、なかなか不動産取引の活況や成約の増加には結びついていないようです。

宮崎県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均27,482円・坪単価90,849円(2014年度)で、公示土地単価に対して約31%の差があります。買い手を見つけにくく、また価格もあまり高額では付けられない状況のため、土地売却を考える方にとっては不利と言えます。不動産業者とも協力し、売り情報を広域に出すなどの工夫を行い、買い手を見つけること、そして買い手が見つかったら迷わずに早めに売ることがポイントです。時間が経ってもあまり状況が良くなる材料が少ないため、売り抜けることを第一に考えましょう。

宮崎県の土地価格比較

宮崎県の土地価格は、坪当たり13.0万円と周辺の熊本県や鹿児島県と比べると安いです。宮崎県民は、あまりマイホームを所有するという意識が高くありません。2003年から土地価格は下がり続けており、人口も減って高齢化が進んでいます。よって宮崎市などの主要な都市以外で価格が急騰する可能性は低いので、今のうちに売却するのが良いです。

宮崎県の取引件数推移

宮崎県の土地取引件数はこの5年間の各3ヶ月毎に分けたときに3000件以上の取引数があり、需要が安定してある地域となり、この5年にわたる取引数の増減の推移を見ていきますと、平成22年より少ない時期で300件程度、多い時期で3700件程度となり、そこから年々取引数は笛平成25年から26年にかけては多い時期で4500件程度まで増えます。

宮崎県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

宮崎県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で宮崎県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

宮崎県の土地の売買・売却ならイエウール

宮崎県の宮崎市や都城市、延岡市など、宮崎県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

宮崎県の土地の売却エピソード

Y. Kさんの場合
宮崎県
土地
152平米
46坪

宮崎県の土地を購入したまではよかったのだが、その後その土地を売却するということになったのですが、税金とかはかからないのだろうかというのがまず私の疑問でした。そして、そのことについて、不動産の営業マンの方は、「そのことについては心配無用ですよ。課税されるのはその差額だけですから」と。私は全額に税が課されると思っていたのでつい「なるほど」と大きな声をあげてしまいました。所有期間はほとんどありませんので早速売ることにしました。

Y. Sさんの場合
宮崎県
土地
66平米
20坪

いつかは自分の家を建てるつもりでいた宮崎県の土地ですが、売却することにしました。地元に帰りたい気持ちはありますが、なかなか戻ることはできません。今の生活を壊してまで地元に執着するわけにはいかなくなったのです。それで、宮崎県の土地は売却することにしました。不動産会社の知り合いに査定してもらったところ、思ったよりも高く売れそうだったのでホッとしました。売却もお願いすると、1ヶ月ほどで買い手が見つかりました。

J. Hさんの場合
宮崎県
土地
155平米
47坪

宮崎県の土地を売却しました。昔はアパートがあった場所ですが、古くて誰も住む人がいなくなったので壊すことにしました。更地にしておくのはもったいないので、何か副業に使えたらと考えましたが、良い案が浮かびません。持っているだけでは税金がかかるだけなので、思いきって売却することにしたのです。友人が不動産業を営んでいるので、そちらに頼んで売却してもらいました。面倒な手続きも全てやってくれたので助かりました。

宮崎県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ