宮城県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

宮城県の一戸建て・家の最新売却動向

宮城県の一戸建ての売却動向

宮城県は米所として有名な県であり、2015年5月の時点では約232万人の人口を有しているとされています。県全体の人口密度は1平方キロメートルあたり約319人(2015年5月時点)となっており、北海道・東北地方の中では比較的人口密度が高いといった特徴を持っています。宮城県の中でも特に人口が多いのは、県庁所在地である仙台市です。仙台市には約148万人(2010年5月時点)の人が住んでおり、1920年頃から2015年5月時点まで、人口は常に増加傾向が見られました。仙台市は宮城県だけでなく、東北地方の中心都市として機能しています。ほかに人口が多い都市としては、石巻市や大崎市を挙げることができます。宮城県はこれらの都市に人口が集中しており、郊外の自治体の中には過疎化に悩まされている自治体も少なくありません。

宮城県の一戸建て物件の成約件数については、2013年10月から2014年12月にかけては伸び悩んでいました。しかし、2015年1月からは増加傾向が見られ、それ以降は安定しつつあります。地価推移を見てみると、2004年から2015年7月現在にかけては、比較的変動が少なくなっています。2014年の宮城県全体の平均坪単価は258,919円であり、2013年と比較すると約3.30%の上昇となりました。宮城県の中で特に平均坪単価が高いのは、仙台市の青葉区です。仙台市は全域的に坪単価が高く、上昇傾向も全域で見られます。仙台市以外で坪単価が高いエリアとしては、多賀城市や名取市などを挙げることができます。

経済・行政の中心地である仙台市では、中古一戸建て物件が多く販売されています。築浅物件や新古物件などバリエーションも豊富であり、中古一戸建て物件の買い手も少なくありません。特に青葉区や若林区の一戸建て物件の場合には、高い売却額・査定額を期待することができるでしょう。しかし、大崎市や白石市については、2013年から2014年にかけて地価が3%以上下落しているため、注意が必要となります。宮城県全体としては地価は上昇傾向にありますが、中には地価が下落傾向にあるエリアも見られます。そのようなエリアの一戸建て物件を売却する場合には、地価推移を確認しながら慎重にタイミングを判断することが大切になるでしょう。

宮城県の一戸建て価格比較

宮城県の中古一戸建ての価格は東日本大地震以降、仙台市中心部で急激に上昇しましたが、全体で見るとここ数年は下落傾向が続いています。隣接する山形県、岩手県、福島県でも下落傾向が続いていますが、平均価格の下落率は比較的緩やかであり、近隣都市からも仙台などの都心部に人口が流入し続けているのが良く分かります。

宮城県の一戸建て取引件数推移

宮城県の中古一戸建ての取引件数はここ数年では震災後の平成23年半ばをピークに下落傾向が続いています。岩手や福島も被害の激しかった沿岸部や、原発周辺から内陸部への住み替え需要が多かったため取引が活発化しましたが、近年は鈍化しつつあります。岩手、山形も取引件数の下落基調が続いており、少子化による人口減少と、産業の空洞化が顕著な事がわかります。

宮城県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

宮城県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった宮城県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

宮城県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

宮城県の仙台市青葉区や仙台市宮城野区、仙台市若林区など、宮城県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

宮城県の一戸建て・家の売却エピソード

K. Kさんの場合
宮城県
5LDK
築45年

宮城県の一戸建ての情報を知り、自宅を売却すると、家族できめました。相談して近くにある不動産会社やネットにある不動産会社を訪ねました。家族が選んだ不動産会社は親身な対応でプロの査定だと感心する納得できる説明で、信頼できると確信できました。担当者の方や不動産会社の明るい雰囲気はアットホームな感じがしました。社長も会って話すことができ、あたたかい人柄を感じました。価格も納得でき、自宅を安心して売却しました。

M. Hさんの場合
宮城県
1LDK
築49年

宮城県の一戸建てを査定することになりました。家族が新築を希望し、年をかさねるごとに2階にあがることが面倒になっていたので、不動産会社に頼みました。対応が誠実で信頼がおけるからという理由で主人がきめた不動産会社にしました。買い取ってもらった価格に満足しています。担当者と主人は性格が率直なところがよく似ていて、気が合ったようです。売却後も付き合い、土地の情報を仕入れては不動産について熱心に調べています。

Y. Kさんの場合
宮城県
3DK
築21年

東日本大震災では、大きな被害は無かったのですが再びあの様な災害があると怖いので、今住んでいる一戸建てを売却して主人の実家で同居する事にしました。実家も宮城県北西部なので、転校や転職の問題も無くすんなり決定しました。不動産業者も、現在の住まいを売っていた地元の不動産業者に依頼しました。宮城県は、比較的不動産が動いていると言う話通りに2カ月かからずに売却出来ました。販売価格も納得いくものだったので、良かったと思っています。売れた私達の家は、高台と言うほどの高台には無かったのですが、ここなら安全と購入された様で、人それぞれだなと思いました。

宮城県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ