大分県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

大分県の一戸建て・家の最新売却動向

大分県の一戸建ての売却動向

大分県は温泉の源泉数・湧出量が全国の中で第1位であり、毎年全国から多くの観光客が訪れている県です。知名度が高い温泉としては、別府温泉や由布院温泉などを挙げることができます。県内には温泉のほかにも、九重山や鍾乳洞など自然に関するスポットが点在しています。大分県の推計人口は、2015年5月の時点で約116万人とされています。県庁所在地である大分市に3分の1以上の人口が集中しており、大分市では1970年以降人口の増加傾向が続いています。しかし、郊外から都心部へ流出する人口が多いため、郊外には過疎化・高齢化に悩まされている自治体も少なくありません。福岡県や熊本県へも人口が流出しているため、大分県全体の人口については1985年から減少傾向が続いています(2015年5月時点)。

大分県の一戸建て物件の成約件数は、2013年中頃には落ち込んでいましたが、2014年10月頃からは増加傾向が見られるようになりました。平均成約価格についても、同時期から多少の上昇傾向が見られます(2015年6月時点)。しかし、地価推移に関しては1992年から2014年まで下落傾向が続いており、2015年に関しても下落傾向が続くと予想されています。2014年の平均坪単価は138,238円であり、前年にあたる2013年と比較すると2.26%の下落となりました。2014年の平均地価が特に高いのは大分市(212,837円)となりましたが、商業地に関しては需要が下がってきています。

大分市以外の自治体については、人口の流出に歯止めがかからない地域が多く見られるため、今後も地価は下落すると予想されます(2015年7月現在)。佐伯市など、地価変動が横ばいになっている地域も一部見られますが、今後地価が下落する可能性を考えておくことが望ましいでしょう。大分市に関しても、エリアによっては高い売却額・査定額を期待できない可能性があります。大分市の一部地域では一戸建て物件の供給過多が生じているため、エリアによって売り時を慎重に選ぶ必要があります。大分市内で2013年〜2014年にかけて地価が上昇している地域としては、東大道(3.86%)・金池南(2.07%)を挙げることができます。

大分県の一戸建て価格比較

2014年の大分県の中古一戸建て住宅の価格相場は国交省の売買記録によると平均坪単価40.9万円で、坪単価の中央値は33.1万円となっています。2013年の坪単価に比べて11.7%減少しており、ここ5年間で最も低い価格になっています。他の九州地方の県と比較した場合、沖縄県、福岡県、熊本県、鹿児島県についで5番目ですが、昨年からの減少率では宮崎県についで2番目に悪い数字となっています。

大分県の一戸建て取引件数推移

大分県における、ここ数年の中古一戸建ての取引の件数を見ていきますと、平成23年度に1102件だったものが、24年後には1248件に増加。その後平成25年も1288件に増加していますが、26年度に関しては1043件と減少しています。この取引件数の推移からは、大分県での中古一戸建て取引は、数年連続で増加傾向にありましたが、26年度の取引件数は4年前の水準以下にまで落ち込んでいると言えます。

大分県の一戸建て市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

大分県の一戸建て市場価格が最も高いのはです。
一方で最も低かった大分県の一戸建て市場価格はとなっています。
こちらの一戸建て市場価格は使用状況やリフォームの有無で、価格相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定価格を知りたい方はこちらから査定依頼をすることで市場価格がわかります

大分県の一戸建て・家の売買・売却ならイエウール

大分県の大分市や別府市、中津市など、大分県の一戸建て・家情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が掲載している国内最大級の不動産一括査定サイトです。インターネットで査定依頼をいただければ、最大6社の不動産会社をご紹介。あなたに最適な不動産会社との出会いをご提案します。イエウールはあなたの家の売却を応援します。

一戸建て・家を売る際に参考にしたい記事一覧

中古一戸建てで売却するか、土地として売却するかどちらがいいの?

土地に古い建物がある場合、売却にあたって建物を残すか更地にするかは、多くの人が迷うところでしょう。

不動産売買のトラブルについて

確かに不動産売買はトラブルが多いですが、これにはちゃんとした理由があります。

不動産査定サイトを使うメリットは?

最近はネットを利用すると複数の不動産屋に一括で査定をお願いできるサイトを見つけることができます。

不動産売却時にローンが残っている場合はどうなる?

まず不動産売却の際に最低限必要となるのが、不動産業者への手数料です。

不動産会社を選んだ決め手は何?

大分県の一戸建て・家の売却エピソード

M. Iさんの場合
大分県
1LDK
築43年

子供達も結婚して都市部で家を構えたので、老後を考えて高齢者対応のマンションへ入居するので、現在の大分県の一戸建て住宅の売却を決めました。知人が教えてくれた様に大手不動産会社3社に査定を依頼し、査定価格は勿論担当者や会社の対応などを比較しまし業者を決めました。売却代金は、老後の資金に回す予定で今すぐ必要なではないので、安売りせずに高値で処分する様に依頼したせいか、約10カ月掛かりました。再三値下げの話が担当者からありましたが、下げなくて良かったと思っています。

K. Aさんの場合
大分県
2DK
築32年

母亡き後、実家で一人暮らしをしていた父が亡くなり、私達一家も姉一家も都心部で生活していて大分県に戻る予定はなく、実家をどうするか頭を悩ませていました。生まれ育った実家を売却することには抵抗もあり、踏み出せずにいましたが、地元の知人が「相談だけでも」と紹介してくれた不動産屋に行ってみました。事務的にお金の話をされるのかと思っていましたが、笑顔で出迎えてくれ、こちらの事情をうなづきながら聞いてくれて、現在の大分県内の一戸建ての相場や必要な手続きなど、わかりやすく丁寧に教えてくれました。担当さんの人柄にひかれて、査定などもお願いしました。時間をかけて話をしてくれたので、任せてよかったと思っています。

J. Hさんの場合
大分県
2LDK
築43年

大分県で暮らしはじめた当初は母が元気なころでした。近ごろは一戸建ての自宅で生活することが難しくなっています。自宅をバリアフリーに改造し、母もよろこんでいました。売却しようと思ったのは近くにできた工場の騒音で家族全員が神経質になったことでした。不動産会社に査定をたのみました。担当者はさまざまな売却例を提示してくれました。納得できる価格で売却できました。生活の悩みがなくなり元気に明るく暮らせています。

大分県一戸建て・家の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ