大分県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売

大分県の土地の最新売却動向

大分県の土地の売却動向

大分県は、九州北東部に位置する都道府県で、九州の中心部である福岡県に隣接し、海を挟んで本州や四国地方とも接しています。総面積は6,340.61平方キロメートル、総人口は推計1,166,006人(2015年5月現在)、人口密度は1平方キロメートル当たり184人となっています。温泉の源泉数が日本一で、別府温泉や由布院温泉などがよく知られています。人口は1955年の127万7千人を最高として、以後減少していましたが、1971年より上昇に転じ1985年には125万人まで回復しました。しかしその後はわずかに回復した年もあるものの、現在に至るまで減少が続いています。全国の他の地方と同じく、2000年頃から人口減少・少子高齢化社会に突入しており、今後も減少率の拡大が予測されています。

大分県の土地単価は、1平方メートル当たり平均41,817円・坪単価138,238円(2014年度)で、前年比はマイナス2.26%の下落となっています。地価は全都道府県中31位、上昇率は35位となっています。バブル経済の崩壊があった1992年以来、地価は22年下落を続けていますが、年々下落率は緩和されてきています。それでもまだ大分県の市町村はどこも平均の地価は前年比より下落が続いており、まだ活況と呼べるほどの回復は見せていません。しかし、2015年には駅ビルである「JRおおいたシティ」が開業し、この波及効果で周辺不動産に活気が出ることが期待されています。また、県全体で見ると、今後東九州自動車の佐伯・蒲江間が2016年に、椎田・宇佐間が2017年に開通予定で整備が進んでおり、こうした道路交通網の発展が不動産も含めた大分県の景気の好材料になることが期待されています。

大分県の土地のみの実際の取引価格は、1平方メートル当たり平均29,085円・坪単価96,149円(2014年度)で、公示土地単価に対して約30%の差があります。土地の売却を考える方にとっては、思うような価格での交渉は難しいかもしれません。しかし、大分県は持ち家比率が低く、土地購入や住宅購入の需要が比較的高い地域です。買い手が見つかりやすいという点では、九州の他の都道府県よりも有利と言えるでしょう。近年地価の下落幅が緩和されてきているため、この状況が続くうちに売却の目処を立てることが重要でしょう。

大分県の土地価格比較

大分県の土地価格は、坪当たり13万8238円です。全国では31位とあまり高くで取引されていません。県内には様々な温泉があり、100円で入れる施設もあり、自然と触れ合いながら生活できます。しかし周辺では、九州の中心地である福岡県があります。福岡県の魅力的な商業施設などに惹かれて、大分県で土地を買う人が少ないので、安い傾向にあります。

大分県の取引件数推移

大分県の土地取引件数の推移をこの四半期にわけてここ数年の取引件数の推移をおってみていくと、平成22年から平成24年までは取引数は2750件から3500件程度となり需要の安定している都道府県となります。平成25年に入りさらに取引数は増加しており、多い時期で取引すは3750件を超えるなど、活況にあふれた需要の多い都道府県となります。

大分県の土地市場価格の推移

単位(万円)

※売却件数が少ない年度は空白になっております

大分県の土地市場価格はが最も高い価格です。
一方で大分県の土地市場価格はが最も低い価格となっています。
こちらの土地市場価格は面積や状態で、市場相場が前後する場合がございますので予めご了承願います。
詳しい査定額の把握をご希望の方はこちらの査定サービスをご利用ください。

大分県の土地の売買・売却ならイエウール

大分県の大分市や別府市、中津市など、大分県の土地情報を幅広く掲載中。イエウールは全国の不動産会社1400社以上が参画する国内最大級不動産一括査定サイトです。都市部の人気の土地から売却が難しい土地まで、幅広く土地の売却依頼を受け付けています。イエウールはあなたの土地の売却を応援します。

土地を売るときに参考にしたい記事一覧

土地の価格を知る指標について

不動産を売買する場合は、建物だけでなく、土地の価格についても大体の相場を押さえておきたいものです。

土地の評価額の算出方法は?

相続による土地の評価額算出には、「路線価方式」と「倍率方式」の2種類があります。

土地の売却がしやすい時期はありますか?

土地の価格は頻繁に変動するので、売却のタイミングが数カ月違うだけで価格に差が出てしまうというようなことも珍しくありません。

寝かしている田舎の土地の扱いに困っています

田舎に土地と家を持っていて、扱いに迷ったまま放置しているという人は意外と多いのではないでしょうか。

不動産会社を選んだ決め手は何?

大分県の土地の売却エピソード

T. Oさんの場合
大分県
土地
79平米
24坪

大分県の土地を売却することにしました。父から相続した土地ですが、管理が大変で困っていました。良い活用方法も思いつかないので、思いきって売却することにしたのです。幸い従姉が不動産業をしているので査定してもらったところ、案外良い値段で売れることが分かりました。持っているだけでも税金がかかるので、処分できて良かったです。従姉が不動産業ということもあり、安心して任せることができて良かったです。すごくラッキーでした。

K. Yさんの場合
大分県
土地
205平米
62坪

老後を考える年齢になり、社会貢献をしたいと大分県の土地を売却することにしました。不動産会社はその意思を尊重してくれさまざまな活用の方法なども教えてくれました。自分なりに納得できるような形にしたかったからです。不動産会社は丁寧に土地の相場、査定をしてくれました。不動産の担当者の方にはお世話になったと感謝の気持ちが起こるほどです。売却価格も納得でき、社会貢献として活用することを担当者と話し合っています。

Y. Iさんの場合
大分県
土地
132平米
40坪

出張で大分県にいくことが一回と観光で二回程あったのですが、別府の温泉街の土地を買って民宿でも建てようかなと思いつきで不動産屋に駆け込んで相談しました。思いつきだったので相手が聞いてくることに対して分かりません、ありません、といった答えばっかりでした。時間が経つにつれて客も増えてきてまるで、携帯電話でも買いに来たときの感覚に似ていました。私はその後五分もせずにその場から立ち去りました。あんなに恥ずかしいおもいをするのは初めての事でした。

大分県土地の売買・売却価格をチェック

大手から地場で実績豊富な会社まで最大6社の査定額を比較

step1
step2
step3

提携数は全国1400社以上

  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三井住友トラスト不動産
  • 小田急不動産
  • みずほ信不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
ページトップへ